研究者
J-GLOBAL ID:201301085007634710   更新日: 2021年10月26日

加藤 祥

Sachi Kato
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 日本語学 ,  言語学
研究キーワード (5件): 文体 ,  比喩 ,  語彙 ,  鬼 ,  コーパス言語学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 2023 文体分析を目的としたコーパスの文書情報拡張及びその利用
  • 2019 - 2022 多義語に対するプロトタイプ義の量的分析-クラウドソーシングによる大規模調査-
  • 2019 - 2022 シソーラスの整備・拡張のための分類基準の作成と活用
  • 2017 - 2022 日本語歴史コーパスに対する統語・意味情報アノテーション
  • 2018 - 2021 コーパスからの比喩表現収集とその分析
全件表示
論文 (26件):
  • 加藤 祥, 浅原 正幸, 森山 奈々美, 荻原 亜彩美, 山崎 誠. 『分類語彙表』に対する反対語情報付与. 自然言語処理. 2021. 28. 1. 60-81
  • 加藤祥, 菊地礼, 浅原正幸. 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に基づく指標比喩データベース. 自然言語処理. 2020. 27. 4
  • 加藤祥. 日本語比喩情報付与コーパスの作成と新聞における比喩実態調査の試み. 認知言語学の羽ばたき- 実証性の高い言語研究を目指して -. 2020. 144-159
  • 加藤祥. 表記によって異なる語義を読み取るのか-多表記多義語実態調査の試み-. ことばと文字. 2019. 12. 86-94
  • 加藤祥, 浅原正幸, 山崎誠. 分類語彙表番号を付与した『現代日本語書き言葉均衡コーパス』の書籍・雑誌・新聞データ. 日本語の研究. 2019. 15. 2. 134-141
もっと見る
MISC (64件):
講演・口頭発表等 (56件):
  • 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』新聞サブコーパスに対する新聞記事情報の付与
    (日本語学会2020年度秋季大会 2020)
  • 比喩表現の指標となる「同一性否定」の手がかり句
    (日本認知言語学会第21回大会 2020)
  • 受容主体の比喩性把握における指標と要素結合の影響
    (日本認知科学会第37回大会 2020)
  • A quantitative evaluation of Japanese figurative expressions with multiple metaphor indicators
    (UK COGNITIVE LINGUISTICS CONFERENCE 2020 2020)
  • Polysemy and De-contextualisation: A Quantitative Investigation Based on Similarity for the Identification of Prototypical Meaning
    (UK COGNITIVE LINGUISTICS CONFERENCE 2020 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(文学)
受賞 (5件):
  • 2020/03 - 言語処理学会 言語資源賞 BERTed-BCCWJ: 多層文脈化単語埋め込み情報を付与した『現代日本語書き言葉均衡コーパス』データ
  • 2015/05 - 国立国語研究所 第10回若手研究者奨励賞
  • 2014/10 - 国立国語研究所 第9回所長賞
  • 2013/10 - 国立国語研究所 第7回所長賞
  • 2013/09 - 社会言語科学会 研究大会発表賞第9回 繰り返しにおける独話の変化
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る