研究者
J-GLOBAL ID:201301085007634710   更新日: 2020年06月10日

加藤 祥

Sachi Kato
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 日本語学 ,  言語学
研究キーワード (4件): ,  架空生物 ,  コーパス言語学 ,  語彙
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2023 文体分析を目的としたコーパスの文書情報拡張及びその利用
  • 2019 - 2022 多義語に対するプロトタイプ義の量的分析-クラウドソーシングによる大規模調査-
  • 2019 - 2022 シソーラスの整備・拡張のための分類基準の作成と活用
  • 2018 - 2021 コーパスからの比喩表現収集とその分析
  • 2018 - 2021 語りの生成と変容のダイナミズムに関する認知語用論的研究
全件表示
論文 (30件):
  • 加藤祥. 表記によって異なる語義を読み取るのか-多表記多義語実態調査の試み-. ことばと文字. 2019. 12. 86-94
  • 加藤祥, 浅原正幸, 山崎誠. 分類語彙表番号を付与した『現代日本語書き言葉均衡コーパス』の書籍・雑誌・新聞データ. 日本語の研究. 2019. 15. 2. 134-141
  • 浅原 正幸, 加藤 祥. 読み時間と統語・意味分類. 認知科学. 2019. 26. 2. 219-230
  • 宮内拓也, 浅原正幸, 中川奈津子, 加藤祥. 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』への情報構造アノテーションとその分析. 国立国語研究所論集. 2018. 16. 19-33
  • 加藤 祥, Sachi KATO. テキストからの対象物認識に有用な情報提示順序 : 動物の説明文を用いた調査例. 国立国語研究所論集 = NINJAL Research Papers. 2018. 15. 55-74
もっと見る
MISC (51件):
  • 浅原 正幸, 加藤 祥. 『日本語歴史コーパス』に対する文脈化単語埋め込み情報付与. 日本語学会2020年度春季大会. 2020
  • 西内 沙恵, 浅原 正幸, 加藤 祥. ヒトによる多義的形容詞に対する類似性の評価データベース構築 -「長い」と「短い」の事例から-. 言語処理学会第26回年次大会発表論文集. 2020. 13-16
  • 浅原 正幸, 加藤 祥. BERTed-BCCWJ: 多層文脈化単語埋め込み情報を付与した『現代日本語書き言葉均衡コーパス』データ. 言語処理学会第26回年次大会発表論文集. 2020. 161-164
  • 浅原 正幸, 西内 沙恵, 加藤 祥. NWJC-BERT: 多義語に対するヒトと文脈化単語埋め込みの類似性判断の対照分析. 言語処理学会第26回年次大会発表論文集. 2020. 961-964
  • 加藤 祥, 森山 奈々美, 浅原 正幸. 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』書籍サンプルのNDC情報増補. 言語資源活用ワークショップ2019. 2019. 155-160
もっと見る
講演・口頭発表等 (52件):
  • A quantitative evaluation of Japanese figurative expressions with multiple metaphor indicators
    (UK COGNITIVE LINGUISTICS CONFERENCE 2020 2020)
  • Polysemy and De-contextualisation: A Quantitative Investigation Based on Similarity for the Identification of Prototypical Meaning
    (UK COGNITIVE LINGUISTICS CONFERENCE 2020 2020)
  • 多義語用例の類似度による語義の分類;「遠い」と「近い」を例に
    (日本認知言語学会第20回大会 2019)
  • Exploring metaphorical expressions in Japanese newspaper-article corpora
    (The 15th International Cognitive Linguistics Conference 2019)
  • クラウドソーシングによる語義調査
    (日本言語学会第158回大会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(文学)
受賞 (4件):
  • 2015/05 - 国立国語研究所 第10回若手研究者奨励賞
  • 2014/10 - 国立国語研究所 第9回所長賞
  • 2013/10 - 国立国語研究所 第7回所長賞
  • 2013/09 - 社会言語科学会 研究大会発表賞第9回 繰り返しにおける独話の変化
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る