研究者
J-GLOBAL ID:201301089777819625   更新日: 2020年03月26日

佐山 公一

サヤマ コウイチ | Kohichi Sayama
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://kohichi.net
研究分野 (2件): 実験心理学 ,  認知科学
研究キーワード (23件): 駄洒落 ,  ソーシャルメディア ,  観光 ,  比喩 ,  笑い ,  表情 ,  顔 ,  実験心理学 ,  身体性 ,  言語理解 ,  隠喩 ,  認知心理学 ,  実験系心理学 ,  ブランドイメージ ,  オノマトペ ,  年齢判断 ,  言語 ,  似顔絵 ,  顔認知 ,  文理解 ,  携帯メール ,  概念的比喩 ,  認知過程
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2014 - 2015 おたるくらし・小樽生活中文・Otaru Class:SNSを使った地域観光ブランドのグローバルな発信
  • 2014 - 2015 地域メディアのリテラシー教育
  • 2014 - 2015 行動データの視覚的な構造モデルの構築と実験室実験への動画の利用
  • 2014 - 2014 フェイスブック上の小樽の中国語情報は小樽滞在に結びつくか:外国人に対するソーシャルネットワーク利用動態調査
  • 2013 - 2014 プロジェクト
全件表示
論文 (31件):
もっと見る
MISC (3件):
  • 佐山 公一. バーチャルなつながりを新たな地域の絆に-小樽の隠れた魅力を発信するプロジェクトから見えてきたこと-(後編). SEA PORT WALTZ:小樽商工会議所会報. 2015. 464. 24-24
  • 佐山 公一. バーチャルなつながりを新たな地域の絆に-小樽の隠れた魅力を発信するプロジェクトから見えてきたこと-(前編). SEA PORT WALTZ:小樽商工会議所会報. 2015. 463. 27-27
  • 北川泰治郎, 近藤真弘, 佐山公一. こんな小樽に行ってみたい:『おたるくらし』記事に関する調査. 商学討究. 2014. 65. 1. 165-181
書籍 (3件):
  • 学生のためのSNS活用の技術 第2版 (KS科学一般書)
    講談社 2018 ISBN:406153162X
  • A Step Towards Emotion Aware Joking AI: Multiagent Humor-Equipped Conversational System. (本の1章)
    IOS出版 2012
  • 心理学からのアプローチ. レトリック論を学ぶ人のために,第4章.Pp. 78-110.
    世界思想社 2007
講演・口頭発表等 (70件):
  • 大学生が自分の職業を決められないのは親の職業のせい?
    (北海道心理学会第65回大会 2018)
  • 自分の顔の部位の好き嫌いが他者の魅力判断に及ぼす影響
    (日本認知心理学会第16 回大会 2018)
  • 見て感動する動画とは:ストーリー展開のコントラスト効果
    (北海道心理学会第64回大会 2017)
  • 中学生の学習動機と内申書との関係:教師は中学生の学習活動の何を評価しているか
    (日本認知心理学会第15回大会 2017)
  • Comparing decision making styles between New Zealanders and Japanese
    (The 23rd International Congress of International Association for Cross-Cultural Psychology (IACCP2016) 2016)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1995 - 博士(行動科学)の学位取得
  • 1988 - 1994 北海道大学大学院 文学研究科博士後期課程
  • 1986 - 1988 北海道大学大学院 文学研究科修士課程
  • 1985 - 1986 北海道大学 文学部 行動科学科研究生
  • 1982 - 1985 北海道大学 理学部 数学科
学位 (1件):
  • 博士(行動科学) (北海道大学)
経歴 (17件):
  • 2019/10 - 現在 放送大学 北海道学習センター 対面授業非常勤講師
  • 2018/10 - 現在 北海道大学 非常勤講師
  • 2016/08 - 現在 小樽商科大学 副センター長
  • 2012/10 - 現在 小樽商科大学 教授
  • 2007/04 - 2012/09 小樽商科大学 准教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2013/03 - 現在 日本心理学会 地域別代議員(北海道)
  • 2003/03 - 現在 北海道心理学会 理事
  • 2014/11 - 北海道心理学会第61回大会 大会委員長
  • 2003/07 - 第41回国際計算言語学会(ACL2003) 実行委員
所属学会 (7件):
計量国語学会 ,  日本認知言語学会 ,  北海道心理学会 ,  日本顔学会 ,  日本基礎心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本認知科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る