研究者
J-GLOBAL ID:201301090629941649   更新日: 2021年10月05日

吉田 純

ヨシダ ジュン | YOSHIDA Jun
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/view/yoshidalab
研究分野 (2件): 機能物性化学 ,  無機・錯体化学
研究キーワード (7件): 金属錯体液晶 ,  電気化学 ,  キラル増幅 ,  固相反応 ,  キラリティー ,  液晶 ,  金属錯体
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2019 - 2023 計算科学と実験科学の連携によるキラル液晶のナノ空間制御
  • 2021 - 2022 近赤外吸収のオン・オフを目指した粘土修飾電極材料の開発
  • 2021 - 2022 柔らかな強誘電体の実現に向けた金属錯体型ヘリカルカラムナー液晶の開発
  • 2021 - 2022 錯体-粘土鉱物の複合化による近赤外吸収材料の開発
  • 2019 - 2022 キラルな置換活性錯体をエナンチオ選択的に包接する液晶性錯体ホストの開発
全件表示
論文 (43件):
  • Jun Yoshida, Kana Yamazaki, Kazunori Tateyama, Hidetaka Yuge, Hisako Sato. Chiroptical switching behavior of heteroleptic ruthenium complexes bearing acetylacetonato and tropolonato ligands. Dalton Transactions. 2021. in press
  • Kazuyoshi Takimoto, Yutaka Watanabe, Jun Yoshida, Hisako Sato. Five-coordinate iridium(iii) complex with ΔΛ chirality. Dalton Transactions. 2021. 50. 13256-13263
  • Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Masaru Shimizu, Keisuke Watanabe, Jun Koshoubu, Jun Yoshida, Izuru Kawamura. Mapping of Supramolecular Chirality in Insect Wings by Microscopic Vibrational Circular Dichroism Spectroscopy: Heterogeneity in Protein Distribution. The Journal of Physical Chemistry Letters. 2021. 12. 32. 7733-7737
  • Yoshiki Jinsenji, Kazuyoshi Takimoto, Jun Yoshida, Shigeki Mori, Yutaka Watanabe, Hisako Sato. Effects of geometrical isomerism on emissive behaviour of heteroleptic cyclometalated Ir(III) complexes. Dalton transactions (Cambridge, England : 2003). 2021. 50. 24. 8506-8511
  • Hisako Sato, Masaru Shimizu, Keisuke Watanabe, Jun Yoshida, Izuru Kawamura, Jun Koshoubu. Multidimensional Vibrational Circular Dichroism Apparatus Equipped with Quantum Cascade Laser and Its Use for Investigating Some Peptide Systems Containing d-Amino Acids. Analytical chemistry. 2021. 93. 5. 2742-2748
もっと見る
MISC (54件):
特許 (4件):
講演・口頭発表等 (14件):
  • 八面体型金属錯体のDelta, Lambdaキラリティーを利用した二成分系カラムナー液晶の構築
    (日本液晶学会 2018)
  • キラルネマチック液晶における逆らせん誘起現象の説明:金属錯体ドーパントの場合
    (日本液晶学会 2018)
  • The effect of core chirality in the octahedral metallomesogens on the columnar liquid crystal phases
    (Conference on Liquid Crystals 2018 2018)
  • Octahedral metal complex dopants for chiral nematic phases
    (Conference on Liquid Crystals 2018 2018)
  • Chiral columnar liquid crystals formed by two-component octahedral metallomesogens
    (International Liquid Crystal Conference 2018 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2009 東京大学 化学専攻
  • 2004 - 2006 東京大学 地球惑星科学専攻
  • 2000 - 2004 東京大学 地球惑星物理学科
学位 (1件):
  • 博士 (東京大学大学院)
経歴 (5件):
  • 2021/04 - 現在 日本大学 文理学部 化学科 准教授
  • 2016/04 - 2021/03 北里大学理学部 化学科 講師
  • 2010/04 - 2016/03 北里大学理学部 化学科 助教
  • 2014/04 - 2015/03 サイモンフレーザー大学 Department of Chemistry 客員研究員
  • 2009/04 - 2010/03 花王株式会社
委員歴 (2件):
  • 2020/09 - 現在 日本液晶学会 代議員
  • 2020/01 - 現在 日本液晶学会 編集委員
受賞 (3件):
  • 2021/09 - 日本粘土学会 奨励賞 「粘土表面への金属錯体の固定化手法の開発と2次元配列構造の解明」
  • 2021/08 - 日本化学会, Bulletin of the Chemical Society of Japan BCSJ賞
  • 2013/04 - 日本化学会 優秀講演賞 高効率な液晶らせんの誘起を目指したトリス(betaジケトナト)Ru(III)錯体の逐次的な修飾
所属学会 (5件):
有機結晶部会 ,  低次元系光機能材料研究会 ,  錯体化学会 ,  日本液晶学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る