研究者
J-GLOBAL ID:201301093120088199   更新日: 2022年01月27日

村田 卓也

ムラタ タクヤ | Murata Takuya
研究分野 (3件): 遺伝学 ,  発生生物学 ,  実験動物学
研究キーワード (7件): Wntシグナル ,  ENU ,  マウス遺伝学 ,  逆遺伝学 ,  疾患モデル動物 ,  変異マウス ,  ノックアウトマウス
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2013 - 2015 点突然変異アリル群からポストノックアウト時代の疾患モデルマウス開発を目指して
  • 2012 - 2013 Wnt/ß-カテニンシグナルの汎用性と特異性の研究 〜ß-カテニンC429Sアミノ酸置換点突然変異マウスをもちいて〜
  • 2009 - 2012 次世代テクノロジーを駆使した疾患モデルマウス開発の高速化
  • 2001 - 2004 前脳形成の分子機構
  • 1996 - 2000 脊椎動物頭部形態形成の遺伝発生学的解析
論文 (17件):
MISC (11件):
  • Shigeru Makino, Olena Zhulyn, Takuya Murata, Ryutaro Fukumura, Yuichi Ishitsuka, Hayato Kotaki, Chi-Chung Hui, Yoichi Gondo. Regulation of Gli transcription factors based on Sufu mutations in the mouse. GENES & GENETIC SYSTEMS. 2014. 89. 6. 333-333
  • Shigeru Makino, Takuya Murata, Ryutaro Fukumura, Yuichi Ishitsuka, Hayato Kotaki, Yoichi Gondo. Analysis of mouse Hedgehog signal transduction with compound heterozygotes among multiple point mutations in Sufu. GENES & GENETIC SYSTEMS. 2013. 88. 6. 364-364
  • Shigeru Makino, Takuya Murata, Ryutaro Fukumura, Yuichi Ishitsuka, Hayato Kotaki, Yoichi Gondo. Analysis of an ENU-induced mutation in Sufu identified a new regulatory mechanism of the Gli transcription factors. GENES & GENETIC SYSTEMS. 2011. 86. 6. 423-423
  • Takuya Murata, Yuichi Ishitsuka, Shigeru Makino, Ryutaro Fukumura, Yuji Nakai, Hayato Kotaki, Hideki Kaneda, Shigeharu Wakana, Gen Yamada, Yoichi Gondo. Elucidating the beta-catenin gene function from new sterile model mice. GENES & GENETIC SYSTEMS. 2011. 86. 6. 416-416
  • Yoichi Gondo, Ryutaro Fukumura, Takuya Murata, Shigeru Makino. Mutant mouse library now elucidates the genome function bridging monogenic and polygenic traits. GENES & GENETIC SYSTEMS. 2011. 86. 6. 398-398
もっと見る
講演・口頭発表等 (21件):
  • New Infertile Mouse Model for Mayer-Rokitansky-Küster-Hauser syndrome (MRKH)
    (IFFS/JSRM International Meeting 2015 2015)
  • ß- カテニン遺伝子のCys429Ser塩基置換を有したマウス系統は、内性器形成においてカノニカルWntシグナルの時空間特異的な持続を示す
    (WntシグナルEMBOワークショップ 2014)
  • Wntシグナルが異常に持続的した尾部ウォルフ管は膣上部の伸張を阻害し、ß-catenin^C429Sマウスにおいて膣閉塞を引き起こす
    (国際生殖学会 2014)
  • カノニカルWntシグナルの必須コンポーネントCTNNB1のC429S変異は、マウスにおいて内性器の形態異常をともなう不妊を引き起こす
    (ヒトゲノム国際会議 2014)
  • β-カテニンC429Sマウスは、内性器において持続的なWntシグナルをともない不妊を引き起こす
    (変異マウス開発セミナー 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1993 - 1998 京都大学大学院
  • 1989 - 1993 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2019/05 - 現在 京都大学 学術研究支援室
  • 2018/11 - 2019/05 京都産業大学 研究機構
  • 2015/02 - 2018/10 神戸大学 学術研究推進機構
  • 2007/04 - 2015/01 理化学研究所バイオリソースセンター 開発研究員
  • 2005/04 - 2007/03 理化学研究所ゲノム科学総合研究センター 研究員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2014/06 - 国際生殖学会 地域別最優秀アブストラクト賞
  • 2011/07 - 国際生殖学会 レイラー財団優秀賞
  • 2010/10 - 国際ほ乳類ゲノム会議 ベストポスター賞
  • 2010/09 - 日本遺伝学会 ベストペーパー賞共同受賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る