研究者
J-GLOBAL ID:201301093883407538   更新日: 2020年08月25日

上田 健博

ウエダ タケヒロ | Ueda Takehiro
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 神経内科学
論文 (70件):
  • Ryouhei Komaki, Norio Chihara, Atsushi Hara, Satoshi Fujisawa, Naokazu Muramae, Kazutaka Nakasone, Takehiro Ueda, Kenji Sekiguchi, Riki Matsumoto. A case of area postrema syndrome associated with sick sinus syndrome in an elderly patient with neuromyelitis optica spectrum disorder: case report. Neurology and Clinical Neuroscience. 2020
  • 渡部 俊介, 荒木 健, 辻 佑木生, 立花 久嗣, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 松本 理器, 中沢 由華. 緩徐進行性の小脳性運動失調と魚鱗癬を呈したTrichothiodystrophyの一例. 臨床神経学. 2019. 59. 12. 847-847
  • 遠藤 浩信, 関口 兼司, 島田 斉, 上田 健博, 濱口 浩敏, 古和 久朋, 苅田 典生, 戸田 達史. 筋萎縮性側索硬化症の運動皮質磁化率変化は上位運動ニューロン障害の指標となり得る. 臨床神経学. 2019. 59. Suppl. S333-S333
  • 立花 久嗣, 古和 久朋, 松山 賢一, 大塚 喜久, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司. メモリー外来を受診した臨床経過の異なる脳アミロイドアンギオパチー関連微小出血3例. 臨床神経学. 2019. 59. Suppl. S238-S238
  • 上田 健博, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 千原 典夫, 佐竹 渉, 関口 兼司. 当院で診断した多系統萎縮症の予後に関する検討. 臨床神経学. 2019. 59. Suppl. S249-S249
もっと見る
MISC (49件):
  • 渡部 俊介, 荒木 健, 辻 佑木生, 立花 久嗣, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 松本 理器, 中沢 由華. 緩徐進行性の小脳性運動失調と魚鱗癬を呈したTrichothiodystrophyの一例. 臨床神経学. 2019. 59. 12. 847-847
  • 徳岡 秀紀, 佐竹 渉, 上田 健博, 辻本 昌理子, 千原 典夫, 関谷 博顕, 野田 佳克, 立花 久嗣, 大塚 喜久, 関口 兼司, et al. 色素性乾皮症は中高年発症の小脳変性症の原因となる. 臨床神経学. 2019. 59. Suppl. S334-S334
  • 樋口 雄二郎, 橋口 昭大, 袁 軍輝, 吉村 明子, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 矢部 勇, 上田 健博, 小出 隆司, 矢口 裕章, et al. 遺伝性ニューロパチーの2つの新規遺伝子MMEとCOA7の同定. 臨床神経学. 2019. 59. Suppl. S364-S364
  • 武中 優, 関谷 博顕, 立花 久嗣, 千原 典夫, 上田 健博, 関口 兼司, 西野 一三, 大野 欽司, 杉江 秀夫, 戸田 達史. 反復刺激試験で神経筋接合部異常が示唆されたPhosphoglucomutase 1欠損症の一例. 臨床神経学. 2018. 58. 12. 790-790
  • 樋口 雄二郎, 橋口 昭大, 袁 軍輝, 吉村 明子, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 上田 健博, 石浦 浩之, 三井 純, 戸田 達史, et al. COA7は小脳失調を伴う軸索型ニューロパチーの新規原因遺伝子である. 末梢神経. 2018. 29. 2. 308-308
もっと見る
書籍 (2件):
  • Mebio / 【神経内科疾患のtrends & topics 2017】パーキンソン病.
    メジカルビュー 2016
  • 【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】変性疾患 錐体外路系疾患 パーキンソニズムを主とする疾患 家族性パーキンソン病 優性遺伝性パーキンソン症候群 4番染色体に連鎖する遺伝性パーキンソン病(PARK1、PARK4、PARK5)
    (株)日本臨床社 2014
講演・口頭発表等 (142件):
  • 緩徐進行性の小脳性運動失調と魚鱗癬を呈したTrichothiodystrophyの一例
    (臨床神経学 2019)
  • 続発性正常圧水頭症により初めて診断されたくも膜下出血の1例
    (第226回内科学会近畿地方会 2019)
  • 色素性乾皮症における神経症状の解析と予後予測因子の探索
    (令和元年度厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策事業 神経皮膚症候群に関する診療科横断的な診療体制の確立 班会議 2019)
  • 遺伝性ニューロパチーの2つの新規遺伝子MMEとCOA7の同定
    (臨床神経学 2019)
  • MELASの臨床病型を呈した新規のミトコンドリアND1遺伝子変異の1例
    (第225回内科学会近畿地方会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2013 神戸大学 大学院医学研究科博士課程医科学専攻修了
学位 (1件):
  • 博士(医学) (神戸大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る