研究者
J-GLOBAL ID:201301096201156821   更新日: 2020年01月10日

内田 靖紀

ウチダ ヤスキ | Uchida Yasuki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 矯正・小児系歯学
研究キーワード (2件): 歯科矯正用アンカースクリュー ,  顎顔面形態
論文 (9件):
  • Uchida Y, Motoyoshi M, Namura Y, Shimizu N. Three-dimensional evaluation of the location of the mandibular canal using cone-beam computed tomography for orthodontic anchorage devices. Journal of Oral Science. 2017. 59. 2. 257-262
  • Motoyoshi M, Uchida Y, Inaba M, Ejima K, Honda K, Shimizu N. Are assessments of damping capacity and placement torque useful in estimating root proximity of orthodontic anchor screws?. American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics. 2016. 150. 124-129
  • Son S, Motoyoshi M, Uchida Y, Shimizu N. Comparative study of the primary stability of self-drilling and self-tapping orthodontic miniscrews. American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics. 2014. 145. 4. 480-485
  • Motoyoshi M, Uchida Y, Matsuoka M, Inaba M, Iwai H, Karasawa Y, Shimizu N. Assessment of damping capacity as an index of root proximity in self-drilling orthodontic mini-implants. Clinical Oral Investigations. 2014. 18. 1. 321-326
  • Shinohara A, Motoyoshi M, Uchida Y, Shimizu N. Root proximity and inclination of orthodontic mini-implants after placement: cone-beam computed tomography evaluation. American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics. 2013. 144. 1. 50-56
もっと見る
MISC (4件):
  • Ichinohe M, Motoyoshi M, Inaba M, Uchida Y, Kaneko M, Matsuike R, Shimizu N. Risk factors for failure of orthodontic mini-screws placed in the median palate. Journal of Oral Science. 2019. 61. 1. 13-18
  • Miyama W, Uchida Y, Motoyoshi M, Shimizu N. Cone-beam computed tomographic evaluation of changes in maxillary alveolar bone after orthodontic treatment. Journal of Oral Science. 2018. 60. 1. 147-153
  • Motoyoshi M, Sanuki-Suzuki R, Uchida Y, Saiki A, Shimizu N. Maxillary sinus perforation by orthodontic anchor screws. Journal of Oral Science. 2015. 57. 2. 95-100
  • Iwai H, Motoyoshi M, Uchida Y, Matsuoka M, Shimizu N. Effects of tooth root contact on the stability of orthodontic anchor screws in the maxilla: Comparison between self-drilling and self-tapping methods. American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics. 2015. 147. 4. 483-491
書籍 (9件):
  • 別冊ザ・クインテッセンス 臨床家のための矯正 YEAR BOOK 2000
    クインテッセンス出版 2000
  • Manual for Orthodontic Basic Training 2013
    日本大学歯学部歯科矯正学講座 2013
  • Manual for Orthodontic Basic Training 2014
    日本大学歯学部歯科矯正学講座 2014
  • Orthodontic Basic Training Manual
    日本大学歯学部歯科矯正学講座 2015
  • Orthodontic Basic Training Manual 第2版
    日本大学歯学部歯科矯正学講座 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (21件):
  • 上顎歯列弓拡大時に生じる矯正力について ストレインゲージを応用した実験モデルによる検討
    (第50回日本大学歯学会総会,東京 1998)
  • 超音波による顎関節の画像診断(第4報) 正常顎関節動態画像の類型化について
    (第57回日本矯正歯科学会大会,宮城 1998)
  • 超音波による顎関節の画像診断(第5報) B-modeおよびM-modeによる機能正常者と機能異常者との比較
    (第58回日本矯正歯科学会大会,広島 1999)
  • 超音波エコーによる顎機能診断の有用性(第6報) スプリント療法の効果についての評価
    (第59回日本矯正歯科学会大会,大阪 2000)
  • 超音波エコーによる顎機能診断の有用性(第7報) M-modeの矢状方向走査システムの試作
    (第60回日本矯正歯科学会大会,東京 2001)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1990 - 1996 日本大学歯学部歯学科
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (日本大学)
経歴 (3件):
  • 2002/04/01 - 2005/05/31 日本大学歯学部歯科矯正学講座 歯学部助手
  • 2005/06/01 - 2013/03/31 日本大学歯学部歯科矯正学講座 専修医
  • 2013/04/01 - 日本大学歯学部歯科矯正学講座 助教
委員歴 (7件):
  • 2013/05/23 - 日本矯正歯科学会 選挙管理委員会
  • 2017/06/21 - 日本矯正歯科学会 歯科矯正用アンカースクリューWG
  • 2015/04/01 - 2018/03/31 日本大学歯学部 学習指導委員会
  • 2015/04/01 - 日本大学歯学部 FD委員会
  • 2017/04/01 - 2019/03/31 日本大学歯学部 リスクマネージメント専門委員会
全件表示
受賞 (2件):
  • 2017/10/20 - 日本矯正歯科学会 優秀発表賞 歯科矯正用アンカースクリュー安定のための正中口蓋縫合の癒合時期に関する検討
  • 2016/10/02 - 日本歯科矯正用アンカースクリュー研究会 優秀賞 口蓋に植立された歯科矯正用アンカースクリューの脱落要因の検討.
所属学会 (4件):
日本矯正歯科学会 ,  東京矯正歯科学会 ,  日本大学歯学会 ,  日本歯科矯正用アンカースクリュー研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る