研究者
J-GLOBAL ID:201301098976885156   更新日: 2021年06月18日

保田 幸子

Yasuda Sachiko
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (1件): 哲学、倫理学
研究キーワード (3件): 政治学 ,  倫理学 ,  政治哲学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2021 - 2024 医療資源の分配における公正性-通時的観点から
  • 2017 - 2020 社会保障の規範理論-十分性説の妥当性についての研究
  • 2014 - 2017 「大災害と社会--東日本大震災の社会的影響と対策の課題」
  • 2013 - 2014 「高度科学技術社会におけるリスクの分配的正義-運・尺度・区分」
  • 「社会理論・社会構想と教育システム設計との理論的・現実的整合性に関する研究」
論文 (5件):
  • 保田 幸子. 医療資源の分配における基準 : 公正性と責任の観点から. 研究所年報. 2021. 51. 79-87
  • 稲葉振一郎, 保田幸子. 「巨大災害の倫理学のためのノート」. 『研究所年報46』. 2016
  • 保田 幸子. 十分性説における閾値 : 分配的正義論における平等主義への疑念. 年報政治学. 2014. 2014. 2. 253-270
  • 保田 幸子. 分配か社会関係か : アンダーソンの民主的平等. ソシオロゴス. 2012. 36. 36. 37-52
  • 保田幸子. 「教育における公正な分配--分配項目と分配基準の観点から」. 『社会理論・社会構想と教育システム設計』第一回報告書(科学研究費補助金基盤研究(B)「社会理論・社会構想と教育システム設計との理論的・現実的整合性に関する研究」)(研究代表者:広田照幸). 2011
MISC (1件):
  • 保田 幸子. [書評] Why Does Inequality Matter? By Thomas Michael Scanlon. Oxford University Press: Oxford, 2018. 170pp. 社会科学研究. 2020. 71. 1. 117-119
書籍 (3件):
  • 『平等主義基本論文集』
    勁草書房 2018
  • 『悪という希望』
    教育評論社 2016
  • 『教育システムと社会-その理論的検討-』
    世織書房 2014
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京工業大学)
経歴 (4件):
  • 2021/04 - 現在 明治学院大学 社会学部 社会学科 非常勤講師
  • 2019/04 - 現在 武蔵大学 社会学部 社会学科 非常勤講師
  • 2018/12 - 現在 東京大学 社会科学研究所 附属社会調査・データアーカイブ研究センター 学術専門職員
  • 2015/04 - 現在 明治学院大学 社会学部付属研究所 研究員
所属学会 (3件):
日本法哲学会 ,  社会思想史学会 ,  政治思想学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る