研究者
J-GLOBAL ID:201301098987078996   更新日: 2021年10月01日

齋藤 暢一朗

Choichiro Saito
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ  理事長
ホームページURL (1件): https://www.hikisp.com/
研究分野 (3件): 臨床心理学 ,  社会福祉学 ,  子ども学、保育学
研究キーワード (7件): トラウマケア ,  複雑性トラウマ、複雑性PTSD ,  不登校 ,  アウトリーチ ,  家族支援 ,  スクールカウンセリング ,  ひきこもり
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2021 - 2026 ひきこもり支援のためのコミュニティワイド認知行動療法(CWCBT-H)の開発
  • 2020 - 2024 学生相談における心理面接評価法の開発
  • 2019 - 2022 親子の愛着課題の二重負荷構造への介入を通したひきこもりへの家族支援プログラム開発
  • 2017 - 2020 援助要請行動回避型学生へのメンタルヘルス教育プログラムの開発
  • 2017 - 2018 長期ひきこもりを抱える家族の心理的リソースを促進する包括的アプローチ
全件表示
論文 (16件):
  • 齋藤暢一朗. 学生相談場面における大学生への認知行動療法の試み. 日本サイコセラピー学会雑誌. 2019. 19. 1. 61-65
  • 斉藤美香, 齋藤暢一朗. 援助要請行動に影響を与える個人要因 -大学生へのメンタルヘルス教育プログラム受講前後比較-. 札幌学院大学心理学紀要. 2019. 1. 2. 1-12
  • 齋藤暢一朗. 2015年度における学生相談界の動向. 学生相談研究. 2016. 37. 1. 49-59
  • 川島るい, 大崎明美, 齋藤暢一朗, 斉藤美香, 武田弘子. 自閉症スペクトラム障害大学生90名のロールシャッハ反応-社会的適応とEAとの関連-. 包括システムによる日本ロールシャッハ学会誌. 2015. 19. 1. 16-30
  • 川原由佳子, 齋藤暢一朗, 大西俊介, 吉村彩, 横田卓, 橋野聡他. 厚生労働省による積極的勧奨中止後に子宮頸がんワクチン接種を受けた大学生への意識調査. 第45回(平成26年度)日本看護学会論文集 ヘルスプロモーション. 2015. 45. 89-92
もっと見る
MISC (19件):
  • 齋藤暢一朗. 書評: 加藤隆弘著『みんなのひきこもり-つながり時代の処世術』. 心理臨床学研究. 2021. 39. 2. 168-169
  • 高塚雄介, 齋藤暢一朗, 秋田敦子. 鼎談「若者のひきこもりをどう支援していくか-心理支援と就労支援の違い-」. こころの健康. 2021. 35. 2. 22-41
  • 齋藤暢一朗. 書評:国重浩一・横山克貴 編著『ナラティヴ・セラピーのダイアログ:他者と紡ぐ治療的会話,その〈言語〉を求めて』. こころの科学. 2020. 213. 105-105
  • 齋藤暢一朗. アタッチメント・スタイルとピアサポート. 北海道大学ピアサポート活動報告書(平成29年度版). 2018. 62-63
  • 齋藤暢一朗. 診療用車両を仙台へ. 日精診 東日本大震災復興支援中間報告書. 2017. 351-351
もっと見る
書籍 (22件):
  • トラウマセラピーのためのアセスメントハンドブック
    星和書店 2021 ISBN:9784791110797
  • 臨床心理学 第20巻第6号(ひきこもり-就職氷河期からコロナウイルス時代を見据えた全世代型支援)
    金剛出版 2020
  • 公認心理師の基本を学ぶテキスト17 福祉心理学-福祉分野での心理職の役割
    ミネルヴァ書房 2020
  • 学生相談ハンドブック 新訂版
    学苑社 2020
  • 公認心理師の基本を学ぶテキスト2 心理学概論 -歴史・基礎・応用-
    ミネルヴァ書房 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (131件):
  • ひきこもりの自己強化的心理構造の探索
    (日本心理学会第85回大会 2021)
  • 「こころのアンケート」から見えてきた こころの健康課題とより良い睡眠法を学ぶ
    (令和2年度 厚真町ゲートキーパー養成講座 2021)
  • 「カウンセラー座談会-2020年度を振り返り、2021年度について考える-」(話題提供)
    (日本学生相談学会主催第52回学生相談セミナー 2021)
  • 「逃げ」を大切にするひきこもり支援(鼎談 若者のひきこもりをどう支援していくか)
    (第36回日本精神衛生学会 2020)
  • コロナ禍での学生の心理的危機と心理支援
    (北海道大学高等教育研修センター主催 「withコロナ時代の大学教育をどう創っていくか『学生の悩みから見る学生支援・学生交流のあり方』」 2020)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(心理学) (首都大学東京)
  • 修士(心理学) (東京都立大学)
経歴 (24件):
  • 2021/04 - 現在 北海道教育大学大学院 教育学研究科学校臨床心理専攻 准教授
  • 2001/04 - 現在 NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ 不登校・ひきこもり支援員
  • 2021/04 - 2021/09 北海道大学 学生相談総合センター 非常勤カウンセラー
  • 2020/10 - 2021/03 北海道教育大学大学院 学校臨床心理専攻 非常勤講師
  • 2019/04 - 2021/03 北海道大学 学生相談総合センター 准教授
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2020/05 - 現在 北海道臨床心理士会 ひきこもり領域担当理事
  • 2020/04 - 現在 日本学校メンタルヘルス学会 評議員 編集委員
  • 2017/07 - 現在 日本臨床心理士会 ひきこもり専門委員
  • 2012/03 - 現在 NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ 理事長
  • 2013/12 - 2019/03 札幌地方検察庁 司法面接アドバイザー
受賞 (2件):
  • 2017/11 - 公益社団法人 全国保健管理協会 第55回全国保健管理研究集会 優秀演題賞
  • 2011/10 - 日本ブリーフセラピー協会 研究奨励賞
所属学会 (10件):
日本社会福祉学会 ,  日本臨床心理士会 ,  全国学生相談研究会議 ,  日本心理学会 ,  SST普及協会 ,  日本学生相談学会 ,  日本EMDR学会 ,  日本学校メンタルヘルス学会 ,  日本心理臨床学会 ,  北海道臨床心理士会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る