{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201302200209251276   整理番号:13A1679855

河川から東京湾へ流入する漂流ゴミ量の逆推定

Numerical estimation of inflow flux of floating natural macro-debris into Tokyo Bay
著者 (3件):
資料名:
号: 53  ページ: 29P  発行年: 2013年06月
JST資料番号: L4567A  ISSN: 1346-7301  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究では双方向粒子追跡法とラグランジュ未定乗数法を利用した逆推定法を用いて2008年度1年間における主要3河川から東京湾に流入する漂流ゴミ(葦・草)の流入量を推定した。推定には国土交通省関東地方整備局(関東地整)及び港湾管理者の漂流ゴミの回収量と関東地整が所有する短波海洋レーダによって観測された表層流速データセットを用いた。推定された2008年度の年間流入量は2,115m3であり,淡水流入量に比べて漂流ゴミの流入量は出水により大きく依存している可能性が示唆された。この年間流入量の39%(832m3)が関東地整と港湾管理者によって回収され,残りの61%(1,283m3)が湾外に流出もしくは海底に沈降していると推察された。また,今後,関東地整や港湾管理者による回収事業の効率化を図り,湾内での漂流ゴミの回収量を増やすためには,準リアルタイムに公表されている河川水位と短波海洋レーダによる表層流速データを利用した粒子追跡法に基づく漂流ゴミの回収支援システムが有効であることを指摘した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ごみ処理  ,  海岸工学 
引用文献 (20件):
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る