{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302249379441982   整理番号:13A0003762

MIMプロセスにおけるチタン合金部材の変形挙動の評価ならびに解析-第2報-

Evaluation and Analysis of Distortion during MIM Process of Titanium Alloy Materials -2nd Report-
著者 (6件):
資料名:
巻: 59  号:ページ: 272-277 (J-STAGE)  発行年: 2012年
JST資料番号: F0691A  ISSN: 0532-8799  CODEN: FOFUA2  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
著者らは,難加工材の一つであるチタン合金の部品製造に,直接的により製品に近い形に成形できる金属粉末射出成形法(MIM)の適用を図ろうとしている。現時点の課題は大型の部品製造において,脱脂あるいは焼結の際の大きな収縮量による変形,場合によっては亀裂の発生が生じることである。本研究においては,この変形の改善を目指し,脱脂の際の昇温速度の変形に与える影響およびMIMプロセス全工程における変形について調べた。Ti-6Al-4V合金粉末(<45μm)とパラフィンワックス,カルナウバワックス,アタクチックポリプロピレン,エチレン酢酸ビニルおよびフタル酸ジブチルの5種類を混合したバインダを体積比65:35で混練し,射出成形機によってサンプルを形成した。この際,大きさの影響を調べるために,外径(24,45,65mm)と厚み(4.4,6.5,8.6mm)を変化させた。脱脂は溶媒脱脂と加熱脱脂の2段階を用いた。焼結は真空焼結炉によって1250°C,2hで行なった。得たサンプルの相対密度測定,酸素・炭素分析,組織観察を実施した。また,変形測定をレーザ変位計を用いて行なった。これらの実験から,加熱脱脂時の昇温速度は変形に大きく影響し,大きな厚みのサンプルでは昇温速度を小さくすることが重要であることを示唆した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
圧粉,焼結 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る