{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302257714657955   整理番号:13A0003805

少量の金添加による超微細ナノ多孔質銅の製造

Fabrication of Ultrafine Nanoporous Copper by the Minor Addition of Gold
著者 (6件):
資料名:
巻: 53  号: 10  ページ: 1765-1769 (J-STAGE)  発行年: 2012年
JST資料番号: G0668A  ISSN: 1345-9678  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
超微細ナノ多孔質Cuの製造に,自由浸漬条件下で0.65MのHF溶液中でアモルファスTi60Cu40-xAux(x=0,1,2at.%)リボン合金の脱合金処理法を用いて成功した。Cuの双連続ナノポーラス組織が,Ti60Cu40,Ti60Cu39Au1およびTi60Cu38Au2リボン上に生成し,それらの気孔サイズは各々134,8.9および7.4nmであった。Au添加合金のナノ多孔質脱合金処理Cu気孔サイズは,Ti-Cu合金のそれより1桁小さくなり,この原因はTi60Cu40リボンへのAu合金化により表面拡散率が5桁低下したためである。Au含有量は脱合金処理中に急速に増加して,最終的に2元系Cu-Au固溶体およびAuナノ粒子を形成した。Au添加により表面拡散挙動が変化して,超微細ナノ多孔質銅組織形成を可能にした。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
その他の金属組織学  ,  金属の結晶構造  ,  金属中の拡散 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る