{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302262189075676   整理番号:13A1792552

放射線防護のための原子分光法の役割

The key role of atomic spectrometry in radiation protection
著者 (5件):
資料名:
巻: 28  号: 11  ページ: 1676-1699  発行年: 2013年11月
JST資料番号: C0770C  ISSN: 0267-9477  CODEN: JASPE2  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
著者らは今回の福島第1原発の事故を踏まえて,1945年の広島・長崎の原子爆弾の投下以降の50年代の大気中での核実験による放射性降下物の影響やチェルノブイニ原発での事故や東海村(JOC)での臨界事故などの検証を行った。将来の原子分光学的な手法として,特にICP-MS方式が海洋環境における放射能汚染の長期モニタリングのための理想的な手法であると位置付けた。放射線防護のためにはICPR(国際放射線防護委員会)などの広報活動などを参考にして,一連の放射線汚染からの環境保護,内部被曝からの人間の保護,の二つの研究分野に焦点をあてた。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
放射線防護一般  ,  分光分析 
引用文献 (8件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る