{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302267068606242   整理番号:13A1639876

非晶質Pd42.5Cu30Ni7.5P20前駆体から製造されたナノ多孔性パラジウムおよびそのエタノール電解酸化性能

Nanoporous palladium fabricated from an amorphous Pd42.5Cu30Ni7.5P20 precursor and its ethanol electro-oxidation performance
著者 (9件):
資料名:
巻: 108  ページ: 512-519  発行年: 2013年10月01日
JST資料番号: B0535B  ISSN: 0013-4686  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
2nmまでの孔サイズおよび4nmまでのリガメントサイズをもつfccナノ多孔性パラジウム(NP Pd)を,0.1moldm-32SO4中で17mAcm-2の定電流密度において12ksの間,非晶質Pd42.5Cu30Ni7.5P20前駆体を電気化学脱合金化することにより得られた。ナノ多孔性Pd-P固溶体は,低い電流において形成された。サイクリックボルタンメトリーの結果から,NP Pdは卓越したエタノール酸化能力を有し,アルカリ条件におけるバルクのPdよりも20倍高い酸化電流であることが分かった。これは,微小孔サイズおよびNP Pd電極触媒の細かいリガメントによるものである。Copyright 2013 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
電気化学反応  ,  金属の結晶構造 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです

前のページに戻る