{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302285576283376   整理番号:13A0083592

スポーツとトライボロジー(3)北京からロンドン五輪まで支えるナノ中空粒子

著者 (2件):
資料名:
巻: 58  号:ページ: 36-41  発行年: 2013年01月15日
JST資料番号: F0390A  ISSN: 0915-1168  CODEN: TORAEO  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本報では,北京オリンピックに始まりロンドンオリンピック公式バレーボールに採用された公式球の素材に用いられたナノ中空粒子の研究開発経緯と関連技術について紹介し解説した。主な内容項目を次に示した。1)はじめに:ナノ中空粒子が世界バレーボール連盟の公式バレーボールに採用された経緯,産学連携による研究開発の成果など,2)ナノ中空粒子の研究:ナノ中空粒子の特性(固体シェルとシェル内部の空間からなり,中実粒子に比べ低密度,高比表面積,物質内包能など種々異なる性質を有すること),ナノ中空粒子開発経緯と用途展開,ナノ中空粒子の魅力(ナノの遮蔽された空間の魅力,常温常圧の空気が中空粒子に理想気体として存在した場合の中空内部の体積とそこに存在する分子の数の計算結果,粒子サイズがミクロンからナノサイズに小さくなると起こる現象のイメージ,軽い粒子の魅力,シェル厚を5nmとした中空粒子をモデルとして試算した1個粒子の見掛け密度,起こりにく粒子沈降など),ナノ中空粒子合成の開発(有機粒子テンプレート法,無機粒子テンプレート法の開発経緯とプロセスおよび特徴,ナノ中空粒子を用いた材料開発,北京オリンピック2008の公式バレーボールに採用された「ナノテク・コーティング材料」,コーティング皮膜のSPM(走査型プローブ顕微鏡)像により得られた表面粗さのプロファイルなど),3)ナノ中空粒子の研究:「ナノ中空粒子合成」研究経緯など。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
スポーツ用具  ,  潤滑一般 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る