{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302298545219798   整理番号:13A0994280

FPGAを用いたカオス超音波距離計測システム

Supersonic Distance Meter System Using Chaos Signal with FPGA
著者 (4件):
資料名:
巻: 133  号:ページ: 831-836 (J-STAGE)  発行年: 2013年
JST資料番号: S0810A  ISSN: 0385-4221  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
FPGAを用いて簡単な加算処理のみでリアルタイムに距離を算出するカオス超音波距離計測システムを提案した。産業用ロボットや工場内無人台車の距離検知には安価で近距離測定に関しては比較的高精度の超音波センサが多用されているが,従来のパルスエコー法は,超音波センサを複数使用する場合に他センサの信号と干渉し誤動作を起こしやすい。著者らは,レーザレーダの変調にカオス信号を用いることでノイズに強く長距離測定ができ,また信号処理にFPGAを用いることで実時間処理が可能なカオスレーザレーダを研究してきた。本研究では,このカオスレーザレーダ方式を超音波センサに応用した。カオス信号は,ランダムだがある種のパターンがあるので,複数のセンサを同時作動させても互いに干渉を受けにくい。測定実験の結果,本システムの有効性が確認された。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ロボットの運動・制御 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る