特許
J-GLOBAL ID:201303040568335635

駆動力算出装置、駆動力算出方法、筋力補助装置、駆動力算出プログラムおよびコンピュータ読み取り可能な記録媒体

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 特許業務法人原謙三国際特許事務所
公報種別:特許公報
出願番号(国際出願番号):特願2008-011845
公開番号(公開出願番号):特開2008-194460
特許番号:特許第5098114号
出願日: 2008年01月22日
公開日(公表日): 2008年08月28日
要約:
【請求項1】 筋肉によって動作する骨格の関節を跨いで当該骨格に固定される駆動部によって上記関節における骨格の動作の支援または妨害、もしくはその両方を行う筋力補助装置が備える駆動部の駆動力を算出する駆動力算出装置であって、 上記駆動部によってその働きが支援または妨害される筋肉である設定対象筋肉を特定する筋肉特定情報と、上記駆動部による支援または妨害の下で特定の関節の回動動作を行う時に、上記筋肉特定情報が示す設定対象筋肉が発生すべき筋力の目標値とを外部から取得する取得手段と、 上記駆動部による支援および妨害を受けない状態で上記特定の関節を回動させるために必要な筋力である装着前筋力および生体の筋肉と骨格との相対位置を示す骨格筋モデルデータを取得し、(i)当該装着前筋力、(ii)上記目標値、および(iii)当該骨格筋モデルデータから得られる、上記設定対象筋肉と当該設定対象筋肉が付着する骨格との相対位置を示す数値、が所定の数式を満たすかどうかを判定することにより、上記目標値が実現可能であるかどうかを判定する目標値評価手段とを備えることを特徴とする駆動力算出装置。
請求項1:
【請求項1】 筋肉によって動作する骨格の関節を跨いで当該骨格に固定される駆動部によって上記関節における骨格の動作の支援または妨害、もしくはその両方を行う筋力補助装置が備える駆動部の駆動力を算出する駆動力算出装置であって、 上記駆動部によってその働きが支援または妨害される筋肉である設定対象筋肉を特定する筋肉特定情報と、上記駆動部による支援または妨害の下で特定の関節の回動動作を行う時に、上記筋肉特定情報が示す設定対象筋肉が発生すべき筋力の目標値とを外部から取得する取得手段と、 上記駆動部による支援および妨害を受けない状態で上記特定の関節を回動させるために必要な筋力である装着前筋力および生体の筋肉と骨格との相対位置を示す骨格筋モデルデータを取得し、(i)当該装着前筋力、(ii)上記目標値、および(iii)当該骨格筋モデルデータから得られる、上記設定対象筋肉と当該設定対象筋肉が付着する骨格との相対位置を示す数値、が所定の数式を満たすかどうかを判定することにより、上記目標値が実現可能であるかどうかを判定する目標値評価手段とを備えることを特徴とする駆動力算出装置。
IPC (4件):
A61G 7/10 ( 200 6.01) ,  A63B 24/00 ( 200 6.01) ,  A61B 5/22 ( 200 6.01) ,  A61B 5/11 ( 200 6.01)
FI (4件):
A61G 7/10 ,  A63B 24/00 ,  A61B 5/22 A ,  A61B 5/10 310 G
引用特許:
出願人引用 (5件)
全件表示
審査官引用 (4件)
全件表示
本文抽出引用 (3件)

前のページに戻る