研課題
J-GLOBAL ID:201304027506188811  研究課題コード:11038 更新日:2013年10月07日

シンク/ソース同時改良による植物生産性強化の基盤開発

実施期間:2012 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
単位面積当たりの収穫量が大きいサツマイモやジャガイモに、二酸化炭素固定および根の発達に関与する遺伝子を導入し、生産性の強化を行います。さらに、植物生産機能強化の技術基盤を開発するため、個々の遺伝子の生産機能強化機構を分子レベルで解明するとともに、ソースとシンク間の代謝連携の解析にも取り組みます。高生産植物のデザインと、それらの生産機能の圃場での評価を通して、植物による二酸化炭素資源化への貢献を目指します。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る