研課題
J-GLOBAL ID:201304044795032354  研究課題コード:11173 更新日:2013年10月07日

高性能有機材料創出のための分子描像に立脚した大規模量子伝導計算理論の確立とその応用

実施期間:2012 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
実用化のための有機材料研究で重要な点は、無限の多様性を持つ有機分子性材料の中からいかにしてトランジスターや太陽電池などに有用な高性能材料を構築できるかにあります。本研究では、分子レベルから数値計算により高精度に伝導物性を解析・予測できる量子論的伝導計算手法を確立し、これを用いて高性能有機材料創出のための分子設計の指針を提案します。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る