研課題
J-GLOBAL ID:201304088080943748  研究課題コード:11125 更新日:2013年10月07日

炎症性マクロファージによるリソソームの開口放出機構

実施期間:2012 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
免疫細胞のマクロファージは慢性炎症の発症に中心的な役割を担います。マクロファージは炎症時に死細胞や細菌を貪食し、リソソームという細胞小器官で融解するものの、融解できない残渣をリソソーム内の酵素とともに細胞外に放出します。放出された酵素は周囲の細胞を壊死させ、慢性炎症を惹起すると考えられます。本研究では、マクロファージによるリソソームの開口放出の分子機構を同定し、慢性炎症発症との因果関係を明らかにします。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る