研究者
J-GLOBAL ID:201401000236751978   更新日: 2020年09月01日

北風 圭介

キタカゼ ケイスケ | Kitakaze Keisuke
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): https://m.kawasaki-m.ac.jp/classroom/course.php?id=205https://m.kawasaki-m.ac.jp/classroom/course.php?id=205
研究分野 (4件): 呼吸器内科学 ,  栄養学、健康科学 ,  薬理学 ,  薬系衛生、生物化学
研究キーワード (9件): 包括脳ネットワーク ,  ストレス応答 ,  脂質メディエーター ,  小胞体ストレス ,  ライソゾーム病 ,  神経変性疾患 ,  糖尿病 ,  糖鎖 ,  糖脂質
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2020 - 2023 科学研究費助成事業 2020年度 基盤研究(C)
  • 2020 - 2022 科学研究費助成事業 2020年度 若手研究
  • 2019 - 2022 科学研究費助成事業 2019年度 基盤研究(C)
  • 2020 - 2021 2020年度 プロジェクト研究 (研究活動スタート支援)
  • 2020 - 2021 2020年度 医学・薬学・医療機器等に関する研究活動への支援
全件表示
論文 (11件):
  • Takenouchi Y, Kitakaze K, Tsuboi K, Okamoto Y. Growth differentiation factor 15 facilitates lung fibrosis by activating macrophages and fibroblasts. Experimental Cell Research. 2020. 391. 2. 112010
  • Kitakaze K, Taniuchi S, Kawano E, Hamada Y, Miyake M, Oyadomari M, Kojima H, Kosako H, Kuribara T, Yoshida S, Hosoya T, Oyadomari S. Cell-based HTS identifies a chemical chaperone for preventing ER protein aggregation and proteotoxicity. eLife. 2019. 8. e43302
  • Nakamura T, Sato K, Naruse N, Kitakaze K, Inokuma T, Hirokawa T, Shigenaga A, Itoh K, Otaka A. Tailored Synthesis of 162-Residue S-Monoglycosylated GM2-Activator Protein (GM2AP) Analogues that Allows Facile Access to a Protein Library. ChemBioChem. 2016. 17. 20. 1986-1992
  • 北風圭介. プロテアーゼ抵抗性を持つ改変型ヒトβ-ヘキソサミニダーゼの作製とGM2ガングリオシドーシスモデルに対する治療効果. 徳島大学. 2016
  • Kitakaze K, Tasaki C, Tajima Y, Hirokawa T, Tsuji D, Sakuraba H, Itoh K. Combined replacement effects of human modified β-hexosaminidase B and GM2 activator protein on GM2 gangliosidoses fibroblasts. Biochemistry and Biophysics Reports. 2016. 7. 157-163
もっと見る
MISC (11件):
  • 北風圭介. 小胞体ストレス応答転写因子の機能不全による糖尿病発症機序の解明. 令和元年度 公益財団法人ウエスコ学術振興財団 事業報告書 研究成果報告書集. 2020. 113-114
  • 【報道発表】神経変性疾患などの治療薬候補となる小胞体ストレスを標的とした新たな化合物の同定. 2020
  • Keisuke Kitakaze, Kiyoe Kurahashi, Masato Miyake, Yoshimasa Hamada, Miho Oyadomari, Seiichi Oyadomari. Targeted Deletion of ATF4 in β Cells Leads to the Vulnerability and Dedifferentiation during ER Stress. Diabetes. 2018. 67. Supplement 1
  • Takahiro Nakamura, Kohei Sato, Naoto Naruse, Keisuke Kitakaze, Tsubasa Inokuma, Takatsugu Hirokawa, Akira Shigenaga, Kouji Itou, Akira Otaka. Back Cover: Tailored synthesis of 162-residue S-monoglycosylated GM2-activator protein (GM2AP) analogues that allows access to protein library. ChemBioChem. 2016. Vol.17. No.20. 1994-1994
  • 津田雄介, 重永章, 佐藤浩平, 中村太寛, 北風圭介, 猪熊翼, 伊藤孝司, 大髙章. 天然アミノ酸配列に適用可能な新規タンパク質チオエステル合成法の開発. ケミカルバイオロジー. 2016. 9. 1. 7-10
もっと見る
講演・口頭発表等 (70件):
  • 肺線維症で増加するGrowth/differentiation factor 15 (GDF15) はマクロファージと線維芽細胞を活性化する
    (第137回日本薬理学会近畿部会 2020)
  • Growth/differentiation factor 15 (GDF15)はマクロファージと線維芽細胞の活性化を介して肺の線維化を促進する
    (第61回日本生化学会中国・四国支部例会 2020)
  • 膵β細胞における小胞体ストレス応答転写因子ATF4の機能解明
    (第61回日本生化学会中国・四国支部例会 2020)
  • マウス虚血後再灌流腎間質線維化におけるリゾホスファチジン酸受容体の遺伝子発現変化
    (第93回日本薬理学会年会 2020)
  • 小胞体ストレス下のタンパク質凝集と細胞毒性を緩和する化学シャペロンの同定
    (第93回日本薬理学会年会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2013 - 2016 徳島大学大学院 薬科学教育部 創薬科学専攻 博士後期課程
  • 2011 - 2013 徳島大学大学院 薬科学教育部 創薬科学専攻 博士前期課程
  • 2007 - 2011 徳島大学 薬学部 創製薬科学科
学位 (1件):
  • 博士 (薬科学) (徳島大学)
経歴 (3件):
  • 2019/01 - 現在 川崎医科大学 助教
  • 2016/04 - 2018/12 徳島大学先端酵素学研究所 特任研究員
  • 2013/04 - 2016/03 徳島大学大学院 リサーチ・アシスタント
受賞 (12件):
  • 2020/01 - LEGEND Travel Award 2020
  • 2019/05 - 優秀研究発表賞
  • 2018/11 - ポスター賞
  • 2017/12 - Research Travel Grant
  • 2016/05 - 平成27年度 特に優れた業績による返還免除 (全額免除)
全件表示
所属学会 (2件):
日本薬理学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る