研究者
J-GLOBAL ID:201401000363873640   更新日: 2020年09月01日

加藤 生真

カトウ イクマ | Kato Ikuma
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~testwp/
研究分野 (2件): その他 ,  人体病理学
研究キーワード (8件): CISH法 ,  FISH法 ,  肉腫 ,  皮膚腫瘍 ,  骨軟部腫瘍 ,  病理診断 ,  免疫組織化学 ,  人体病理
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2022 高分化型脂肪肉腫の組織亜型を通した、線維増生と炎症細胞誘導に関わる分子機構の解析
  • 2017 - 2020 2016年WHO分類に基づいた腎癌新規組織型の臨床病理学的、分子生物学的研究
  • 2016 - 2019 骨軟部腫瘍におけるオートファジーの病理学的解析と診断への応用
  • 2016 - 2019 骨巨細胞性病変の解析による、骨代謝シグナルネットワークの解析
  • 2013 - 2016 病理形態学と細胞遺伝学の融合による脂肪肉腫の腫瘍内多様性の解析と診断への応用
論文 (47件):
  • Taichi Mizushima, Guiyang Jiang, Takashi Kawahara, Peng Li, Bin Han, Satoshi Inoue, Hiroki Ide, Ikuma Kato, Mehrsa Jalalizadeh, Etsuko Miyagi, et al. Androgen Receptor Signaling Reduces the Efficacy of Bacillus Calmette-Guérin Therapy for Bladder Cancer via Modulating Rab27b-induced Exocytosis. Molecular cancer therapeutics. 2020
  • Taichi Mizushima, Takashi Kawahara, Ikuma Kato, Guiyang Jiang, Hiroshi Miyamoto. Immunohistochemistry of Androgen Receptor and Rab27b in Non-Muscle-Invasive Bladder Cancer as Predictors of Sensitivity to Intravesical Bacillus Calmette-Guerin Immunotherapy. LABORATORY INVESTIGATION. 2020. 100. SUPPL 1. 937-937
  • Keiichi Yazawa, Fumio Nakamura, Daiki Masukawa, Sho Sato, Yukihiko Hiroshima, Yasuhiro Yabushita, Ryutaro Mori, Ryusei Matsuyama, Ikuma Kato, Hideki Taniguchi, et al. Low Incidence of High-Grade Pancreatic Intraepithelial Neoplasia Lesions in a Crmp4 Gene-Deficient Mouse Model of Pancreatic Cancer. TRANSLATIONAL ONCOLOGY. 2020. 13. 3. 100746-100746
  • Masaya Baba, Mitsuko Furuya, Takanobu Motoshima, Martin Lang, Shintaro Funasaki, Wenjuan Ma, Hong-Wei Sun, Hisashi Hasumi, Ying Huang, Ikuma Kato, et al. TFE3 Xp11.2 Translocation Renal Cell Carcinoma Mouse Model Reveals Novel Therapeutic Targets and Identifies GPNMB as a Diagnostic Marker for Human Disease. Molecular cancer research : MCR. 2019. 17. 8. 1613-1626
  • Ikuma Kato, Mitsuko Furuya, Masaya Baba, Yoichi Kameda, Masanori Yasuda, Koshiro Nishimoto, Masafumi Oyama, Toshinari Yamasaki, Osamu Ogawa, Hitoshi Niino, et al. RBM10-TFE3 renal cell carcinoma characterised by paracentric inversion with consistent closely split signals in break-apart fluorescence in-situ hybridisation: study of 10 cases and a literature review. Histopathology. 2019. 75. 2. 254-265
もっと見る
MISC (154件):
  • 入部 康弘, 小林 良祐, 横井 勇毅, 杉浦 晋平, 藤浪 潔, 吉田 幸子, 加藤 生真. 尿管印環細胞癌の1例. 泌尿器外科. 2020. 33. 5. 547-547
  • 中村 玲菜, 川端 佑介, 鈴木 迪哲, 林田 健太, 菊池 雄斗, 根津 悠, 加藤 生真, 竹山 昌伸, 稲葉 裕. 指屈筋腱鞘に発生した軟部腫瘍によるtrigger wristの1例. 神奈川整形災害外科研究会雑誌. 2020. 32. 4. 61-64
  • 加藤 生真, 古屋 充子, 川端 佑介, 竹山 昌伸, 林田 健太, 田中 玲子, 大橋 健一. デノスマブ治療を受けた骨巨細胞腫 再発例を含む15例の検討. 日本病理学会会誌. 2020. 109. 1. 332-332
  • 長門 利純, 及川 賢輔, 永田 真莉乃, 大内 知之, 片岡 俊朗, 加藤 生真, 西原 弘治, 佐藤 啓介, 大栗 敬幸, 小林 博也. 唾液腺分泌癌の3例. 日本病理学会会誌. 2020. 109. 1. 406-406
  • 古屋 充子, 加藤 生真, 馬場 理也, 長嶋 洋治. 腕内逆位(paracentric inversion)によって融合するRBM10-TFE3腎細胞癌11例の病態解析. 日本病理学会会誌. 2020. 109. 1. 439-439
もっと見る
書籍 (1件):
  • 腫瘍病理鑑別診断アトラス「腎癌」
    2013
学位 (1件):
  • 医学博士 (横浜市立大学)
委員歴 (1件):
  • 2017/04 - 現在 日本病理学会 学術評議員
所属学会 (4件):
国際病理アカデミー日本支部 ,  日本癌学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る