研究者
J-GLOBAL ID:201401000493625738   更新日: 2019年10月23日

大西 康

オオニシ ヤスシ | ONISHI Yasushi
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/144f4efa4047a97fecbfceaaafc8d46a.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/144f4efa4047a97fecbfceaaafc8d46a.html
研究分野 (1件): 血液内科学
研究キーワード (5件): 再生不良性貧血 ,  樹状細胞 ,  制御性T細胞 ,  臍帯血移植 ,  同種造血幹細胞移植
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2008 - 2010 制御性T細胞による樹状細胞の機能抑制における責任遺伝子の同定と臨床応用
  • 2011 - 2013 制御性T細胞の樹状細胞抑制に関与する転写因子の同定と免疫療法の開発
  • 2014 - 2016 樹状細胞分化におけるGATA2の機能同定-MonoMac症候群の病態解明-
論文 (42件):
  • Nishiwaki S, Mizuta S, Ohashi K, Fukuda T, Uchida N, Tachibana T, Onizuka M, Ozawa Y, Onishi Y, Takahashi S, Eto T, Nakamae H, Tanaka J, Ichinohe T, Atsuta Y, Kako S, Adult Acute Lymphoblastic Leukemia Working Group of the Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation. Different impact of BCR-ABL transcripts on allogeneic hematopoietic cell transplantation from different graft sources for Ph + ALL with minimal residual disease. American journal of hematology. 2019. 94. 11. E301-E305
  • Iwaki K, Fujiwara T, Ito T, Suzuki C, Sasaki K, Ono K, Saito K, Fukuhara N, Onishi Y, Yokoyama H, Fujimaki S, Tanaka T, Tamura H, Fujiwara M, Harigae H. Flow Cytometry-Based Photodynamic Diagnosis with 5-Aminolevulinic Acid for the Detection of Minimal Residual Disease in Multiple Myeloma. The Tohoku journal of experimental medicine. 2019. 249. 1. 19-28
  • Morishima Y, Morishima S, Murata M, Arima N, Uchida N, Sugio Y, Takahashi S, Matsuhashi Y, Onizuka M, Eto T, Nagafuji K, Onishi Y, Inoue M, Atsuta Y, Fukuda T, Ichinohe T, Kato S, Kanda J. Impact of Homozygous Conserved Extended HLA Haplotype on Single Cord Blood Transplantation: Lessons for Induced Pluripotent Stem Cell Banking and Transplantation in Allogeneic Settings. Biology of blood and marrow transplantation : journal of the American Society for Blood and Marrow Transplantation. 2019
  • Terakura, S. Nishida, T. Sawa, M. Kato, T. Miyao, K. Ozawa, Y. Kohno, A. Onishi, Y. Fukuhara, N. Kasai, M. Fujii, N. Yokoyama, H. Iida, H. Kanemura, N. Fujieda, A. Ago, H. Tsutsumi, Y. Nakamura, F. Yago, K. Moriuchi, Y. Ota, S. Ohashi, H. Yanagisawa, A. Suzuki, R. Kuwatsuka, Y. Atsuta, Y. Miyamura, K. Murata, M. Nagoya, Blood Marrow Transplantation Group. Prospective Phase 2 Study of Umbilical Cord Blood Transplantation in Adult Acute Leukemia and Myelodysplastic Syndrome. Biol Blood Marrow Transplant. 2019
  • Ichikawa S, Fukuhara N, Watanabe S, Okitsu Y, Onodera K, Onishi Y, Harigae H. Long-term survival after cord blood transplantation for acute myeloid leukemia complicated with disseminated fusariosis. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2019
もっと見る
MISC (2件):
  • 大西 康. 知っておくべき貧血の治療の進歩 巨赤芽球性貧血(ビタミンB12欠乏・葉酸欠乏)の治療. Medical Practice. 2019. 36. 8. 1267-1271
  • 大西 康. 【一般臨床医のための貧血診療 これだけ】ビタミンB12欠乏性貧血の診断と治療. 診断と治療. 2019. 107. 5. 579-585
書籍 (5件):
  • がん診療レジデントマニュアル 第3版
    医学書院 2003
  • 実験医学増刊
    洋土社 2008
  • 新戦略による貧血治療
    中山書店 2014
  • 血液疾患 診断・治療指針
    中山書店 2015
  • 造血器腫瘍アトラス
    日本医事新報社 2016
講演・口頭発表等 (15件):
  • 真菌症治療の最新アプローチ
    (第79回日本血液学会総会 2017)
  • ダラツムマブ投与中にサイトメガロウイルス抗原血症陽性化を示した多発性骨髄腫の2例
    (第80回日本血液学会学術集会 2018)
  • びまん性大細胞型B細胞リンパ腫におけるsIL-2R値の層別化予後因子としての意義
    (第80回日本血液学会学術集会 2018)
  • 成熟T細胞性リンパ腫に対する臍帯血移植:10例の報告
    (第80回日本血液学会学術集会 2018)
  • T-LGL白血病に対するシクロスポリンA治療:単施設の経験
    (第80回日本血液学会学術集会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (東北大学)
経歴 (1件):
  • 2015/01 - 現在 東北大学病院 講師
委員歴 (10件):
  • 2019/04 - 現在 日本造血細胞移植学会 再生不良性貧血【成人】WG責任者
  • 2018/06 - 現在 公益財団法人 日本骨髄バンク 医療委員会委員
  • 2018/04 - 現在 日本造血細胞移植学会 再生不良性貧血(成人)第二版ガイドライン部会
  • 2018/03 - 現在 日本造血細胞移植学会 造血細胞移植コーディネーター委員会委員
  • 2017/11 - 現在 日本造血細胞移植学会 認定・専門医制度委員会委員
全件表示
所属学会 (3件):
日本造血細胞移植学会 ,  日本血液学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る