研究者
J-GLOBAL ID:201401000501495083   更新日: 2020年04月11日

前田 昌弘

マエダ マサヒロ | Maeda Masahiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://masahiromaeda.net/
研究分野 (1件): 建築計画、都市計画
研究キーワード (6件): 災害復興 ,  防災・減災 ,  まちづくり ,  コミュニティ ,  住宅計画 ,  建築計画
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2014 - 2018 原子力災害被災者への住情報提供と生活再建に向けた社会関係の再構築に関する研究
  • 2016 - 旧紅茶農園地域の持続を支える労働者長屋の再生計画・技術に関する研究 -環境的サステナビリティと社会的サステナビリティの再構築
  • 2015 - 2016 スリランカにおける旧紅茶プランテーションの建築群に関する調査研究-重層的生活文化の発展的継承に向けて-
  • 2015 - 2016 図書名:津波被災と再定住 -コミュニティのレジリエンスを支える
  • 2014 - 2015 スリランカの旧紅茶プランテーション地域における労働者長屋の実態調査と再生モデルの提案
全件表示
論文 (34件):
  • 前田昌弘, 佃悠, 小野田泰明, 髙田光雄, 天艸開, 中村奎吾. 集団移転における世帯分離・再編を伴う住宅・生活再建に関する研究ー東日本大震災における宮城県岩沼市玉浦西地区を事例として. 日本建築学会計画系論文集. 2020. 85. 770. 793-803
  • 前田昌弘. 旧紅茶プランテーション農園に生きるタミルの人々と住まいー労働者長屋の成立と物理的実態について. カルチュラル・グリーン. 2020. 1. 1-24
  • 中村奎吾, 前田昌弘, 佃悠. オープンコモンを持つ戸建て災害公営住宅における居住者の近隣との関係に関する研究 -東日本大震災における岩沼市玉浦西地区を事例に-. 日本建築学会住宅系研究報告会. 2019. 14. 265-272
  • 前田昌弘, 髙田光雄. 地蔵盆運営への関与からみた町内住民間の関係の冗長性-レジリエントなコミュニティ形成に果たす地蔵盆の役割に関する研究 その2-. 日本建築学会計画系論文集. 2019. 84. 756. 397-405
  • 川島快, 前田昌弘. インフォーマル居住地改善事業に伴う住みこなしに関する研究 -コロンボ近郊・Wanathamulla 地区を事例として-. 日本建築学会住宅系研究報告会. 2018. 13
もっと見る
MISC (109件):
  • 前田昌弘. フィールドから計画論を再創造する-比較居住文化小委員会の試み. 建築雑誌. 2020. 1736. 44
  • 前田昌弘. 非常時の都市収容とまちづくり. 建築討論. 2020
  • 前田昌弘. 存在の質から環境を捉え直す-地蔵盆まちづくり試論. 建築と社会. 2019. 100. 1173. 30-33
  • 前田昌弘ほか. 日本建築協会U-35委員会企画6th Action「建築とOSAKA」活動報告. 建築と社会. 2019. 100. 1171. 42-51
  • 前田昌弘. 都市への”リアリティ”のための住宅・地域計画研究. 2019年度日本建築学会大会(北陸)建築計画部門研究懇談会「建築・都市・農村計画研究者の方法論的転換 -若手研究者・実務家はいかに社会的課題と向き合っているか-」資料集. 2019. 22-25
もっと見る
書籍 (5件):
  • 建築フィールドワークの系譜-先駆的研究室の方法論を探る
    昭和堂 2018
  • 津波被災と再定住 -コミュニティのレジリエンスを支える
    京都大学学術出版会 2016
  • Rural and Urban Sustainability Governance
    United Nations University Press 2014
  • 自然災害と復興支援
    明石書店 2010
  • 世界住居誌
    昭和堂 2005
講演・口頭発表等 (46件):
  • 災害対策・レジリエンスとまちづくり
    (産官学コンソーシアム“PEGASAS” 第24回 “未来のまちづくり” イノベーション会議 2020)
  • 「学区」の資源を活かした防災まちづくりの研究と実践
    (京の防災安全安心シンポジウム -産学行政の連携スイッチ- 2019)
  • 時代にあわせた地蔵盆のあり方を考えよう
    (第二回深草まちづくりカレッジ 2019)
  • 地蔵盆とまちづくり
    (令和元年度 景観・まちづくり大学 京のまちづくり史連続講座 2019)
  • ”愛される”OSAKAの未来 インスピレーショントーク
    (日本建築協会U35委員会 6th Action フャーチャーセッション「建築とOSAKA」 2019)
もっと見る
Works (7件):
  • カオスと秩序の境界に住まう -日本最古の学生自治寮 再生案
    宮原真美子, 前田昌弘, 佐野友厚, 源五郎丸未来 2018 -
  • 有隣学区 防災まちづくりマップ2018
    前田昌弘, 有隣学区まちづくり委員会 2018 -
  • まちや+こあ :ZEHコアによる町家・コミュニティ再生モデル
    小椋大輔, 三浦研, 柳沢究, 前田昌弘, 伊庭千恵美 2017 -
  • 世界照明探偵団フォーラム2017 in 京都 松原通界隈ライトアップ
    前田昌弘, 京都大学居住空間学講座, 京都大学石田研究室 2017 -
  • トンネル路地奥の再生長屋
    大庭徹建築計画, 前田昌弘 2017 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2012 京都大学大学院 都市環境工学専攻 博士後期課程
  • 2004 - 2006 京都大学大学院 建築学専攻 修士課程
  • 2000 - 2004 京都大学 建築学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2019/10 - 現在 京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 環境科学専攻 准教授
  • 2017/10 - 2019/09 京都大学大学院工学研究科 附属工学基盤教育研究センター 講師
  • 2013/05 - 2017/09 京都大学大学院 工学研究科 助教
  • 2013/04 - 2013/05 日本学術振興会 特別研究員 PD
  • 2012/02 - 2013/03 京都大学大学院工学研究科 研究員
全件表示
委員歴 (15件):
  • 2020/04 - 現在 大阪市立住まい情報センター 大阪すまいラボ防災PT・主査
  • 2019/08 - 現在 大阪市立住まい情報センター 事業企画委員会 委員・アドバイザー
  • 2019/07 - 現在 大阪府池田市 市営住宅指定管理者選定・評価委員会 委員
  • 2018/06 - 現在 一般財団法人 住総研 シェアが描く未来の住まい研究委員会 委員
  • 2018/04 - 現在 日本建築学会 災害からの住まいの復興に関する共有知構築[若手奨励]特別研究委員会 幹事
全件表示
受賞 (8件):
  • 2018/09 - 市民と考える吉田寮再生100年プロジェクト 再生デザイン部門賞
  • 2017/12 - エネマネハウス2017 最優秀賞
  • 2017/05 - 都市住宅学会賞 著作賞
  • 2015/05 - 都市住宅学会賞研究奨励賞
  • 2014/06 - 財団法人 住総研 研究選奨
全件表示
所属学会 (3件):
都市住宅学会 ,  日本建築学会 ,  人間・環境学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る