研究者
J-GLOBAL ID:201401001067568642   更新日: 2022年06月29日

原田 浩

ハラダ ヒロシ | Harada Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 腫瘍生物学
論文 (148件):
  • 諏訪達也, 原田浩. 血漿蛋白質SPINK1を活用した悪性固形腫瘍内低酸素分画のモニタリングと放射線治療効果の増感. 放射線生物研究. 2022. 57. 1. 1-15
  • Haitani T, Kobayashi M, Koyasu S, Akamatsu S, Suwa T, Onodera Y, Nam JM, Nguyen PTL, Menju T, Date H, et al. Proteolysis of a histone acetyl reader, ATAD2, induces chemoresistance of cancer cells under severe hypoxia by inhibiting cell cycle progression in S phase. Cancer Letters. 2022. 528. 76-84
  • Miki K, Zhang ZD, Kaneko K, Kakiuchi Y, Kojima K, Enomoto A, Oe M, Nogita K, Murata Y, Harada H, et al. Amphiphilic γ-cyclodextrin-fullerene complexes with photodynamic activity. Mater. Adv. 2022. 3. 312-317
  • Suwa T, Kobayashi M, Shirai Y, Nam JM, Tabuchi Y, Takeda N, Akamatsu S, Ogawa O, Mizowaki T, Hammond EM, et al. SPINK1 as a plasma marker for tumor hypoxia and a therapeutic target for radiosensitization. JCI Insight. 2021. 6. 21. e148135
  • Sakai M, Takahashi N, Ikeda H, Furutani Y, Higuchi S, Suzuki T, Dohmae N, Kobayashi S, Harada H, Kojima S, et al. Design, synthesis, and target identification of new hypoxia-inducible factor 1 (HIF-1) inhibitors containing 1-alkyl-1H-pyrazole-3-carboxamide moiety. Bioorg Med Chem. 2021. 46. 116375
もっと見る
MISC (19件):
特許 (7件):
  • がんを治療するための医薬組成物
  • がんを治療するための医薬組成物
  • 新規抗腫瘍剤及び新規抗腫瘍剤のスクリーニング方法
  • 病態の状態をリアルタイムで観察可能なモデル動物とそれを可能にする遺伝子構築物及びその使用
  • Polypeptide unstablizing protein in cells under aerobic conditions and DNA encoding the same
もっと見る
書籍 (3件):
  • Molecularly based Chemoradiotherapy and High-Precision Radiotherapy. Tan D, Lynch H (eds).
    Lippincott Williams & Milkins. 2012
  • Protein Transduction Domain-mediated Delivery of Anti-cancer Drugs and Proteins. Lu Y and Mahato RI (eds). Pharmaceutical Perspectives of Cancer Therapeutics.
    Springer 2009
  • Combination of Antimetabolites and Ionizing Radiation. Medical Radiology: Radiation Oncology, Multimodal Concepts for Integration of Cytotoxic Drugs.
    Springer 2006
講演・口頭発表等 (141件):
  • 酸素生物学と放射線腫瘍学の接点
    (日本量子医科学会第1回学術総会 2021)
  • 高線量放射線照射後の腫瘍内酸素環境の変化に基づく分割照射法の再考
    (第34回日本放射線腫瘍学会 2021)
  • HIFシグナルが加速する悪性固形腫瘍内の細胞社会ダイバーシティー
    (第94回日本生化学学会 2021)
  • 低酸素バイオロジーの視点で見るハイパーサーミアによる放射線増感
    (第38回日本ハイパーサーミア学会 2021)
  • 低酸素バイオロジーで迫る「がんの悪性形質と治療抵抗性」
    (リプロセル学術講演会 2021)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (名古屋大学)
受賞 (10件):
  • 2018/11 - Journal of Radiation Research JRR Terasima Award Hypoxia-inducible factor 1-mediated characteristic features of cancer cells for tumor radioresistance
  • 2014/10 - 日本放射線腫瘍学会 第12回優秀教育講演賞 放射線腫瘍学における"がん幹細胞"と"低酸素"
  • 2013/05 - 公益財団法人 放射線影響協会 放射線影響研究奨励賞 細胞の低酸素応答が放射線感受性に及ぼす影響の解析
  • 2009/09 - 日本放射線影響学会 奨励賞 低酸素誘導性因子-1(HIF-1)による癌の放射線抵性抗機構の解明とその克服
  • 2009/06 - 日本がん分子標的治療学会 特別賞 HIF-1標的薬の二面性 ~放射線治療効果の増感と減弱~
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る