研究者
J-GLOBAL ID:201401001347832701   更新日: 2021年04月09日

山口 一

ヤマグチ ハジメ | Yamaguchi Hajime
所属機関・部署:
職名: 特任教授
ホームページURL (1件): https://www.researchgate.net/profile/Hajime-Yamaguchi-2
研究分野 (3件): 大気水圏科学 ,  船舶海洋工学 ,  流体工学
研究キーワード (30件): CFD ,  海氷 ,  数値予報 ,  GIS ,  プロペラ ,  地理情報システム ,  極地環境 ,  氷海工学 ,  マイクロバブル ,  流氷 ,  北極海 ,  摩擦抵抗低減 ,  数値モデル ,  環境保全 ,  数値シミュレーション ,  混相流 ,  キャビテーション ,  クラウドキャビテーション ,  差分法 ,  渦 ,  クラウド ,  気泡流 ,  シートキャビテーション ,  蒸発 ,  計測法 ,  翼端渦 ,  壊食 ,  エロージョン ,  模型実験 ,  推定法
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2020 - 2025 北極海氷情報室
  • 2015 - 2020 気象・海氷・波浪予測と北極海航路支援情報の統合
  • 2014 - 2017 観測・数値モデル・データ同化を基盤とする、北極海氷況予報システムの開発
  • 2011 - 2016 北極航路利用のための海氷予測および航行支援システムの構築
  • 2012 - 2013 レーダの3次元走査による海氷厚の測定可能性
全件表示
論文 (100件):
  • Mariapina Vomero, Noriaki Kimura, Mathias Milz, Victoria Barabash, Hajime Yamaguchi. Large-scale sea ice divergence and convergence monitoring in the Arctic Ocean during spring 2018. Okhotsk Sea and Polar Oceans Research. 2021. 5. 31-35
  • Ken Maeda, Noriaki Kimura, Hajime Yamaguchi. Temporal and spatial change in the relationship between sea-ice motion and wind in the Arctic. Polar Research. 2020. 39
  • Noriaki Kimura, Kazutaka Tateyama, Kazutoshi Sato, Richard A. Krishfield, Hajime Yamaguchi. Unusual drift behaviour of multi-year sea ice in the Beaufort Sea during summer 2018. Polar Research. 2020. 39
  • Junji Sawamura, Hajime Yamaguchi, Shuki Ushio, Yutaka Yamauchi. Calculation of penetration distance during ship ramming in multi-year ice. Okhotsk Sea and Polar Oceans Research. 2020. 4. 10-17
  • Liyanarachchi Waruna Arampath De Silva, Jun Inoue, Hajime Yamaguchi, Takeshi Terui. Medium range sea ice prediction in support of Japanese research vessel MIRAI’s expedition cruise in 2018. Polar Geography. 2020. 43. 2-3. 223-239
もっと見る
MISC (80件):
もっと見る
書籍 (14件):
  • ESD副読本「南極・北極から地球の未来を考える」
    公益財団法人 日本極地研究振興会 2020
  • Northern Sea Route Handbook (Practical Edition) Volume II
    The Japan Association of Marine Safety 2017
  • 北極海航路ハンドブック 実務編(下巻)
    日本海難防止協会 2017
  • Northern Sea Route Handbook (Practical Edition) Volume I
    The Japan Association of Marine Safety 2016
  • 北極海航路ハンドブック 実務編(上巻)
    公益社団法人日本海難防止協会 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • Sea-water spray measurement and icebreaking operation during JARE61 Shirase cruise
    (11th Symposium on Polar Sciences 2020)
  • Summary of the medium-range forecast of the Arctic sea ice
    (11th Symposium on Polar Sciences 2020)
  • Panel discussion on the future prospect of Arctic research
    (11th Symposium on Polar Sciences 2020)
学位 (1件):
  • 工学博士 (東京大学)
経歴 (12件):
  • 2021/04 - 現在 国立極地研究所 国際北極環境研究センター 特任教授
  • 2020/08 - 現在 国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター 上席客員研究員
  • 2020/04 - 現在 海洋研究開発機構(JAMSTEC) 横須賀本部 招聘上席研究員
  • 2019/03 - 現在 科学技術振興機構(JST) 研究主幹
  • 2007/10 - 現在 法政大学 大学院理工学研究科 兼任講師
全件表示
受賞 (6件):
  • 2012/05 - WNI気象文化創造センター 第二回気象文化大賞
  • 2006/11 - 北海道開発技術センター 寒地技術シンポジウム寒地技術賞(学術部門)
  • 2000/11 - 北海道開発技術センター 寒地技術シンポジウム寒地技術賞(計画部門)
  • 2000/07 - 可視化情報学会 可視化情報学会学会賞(論文賞)
  • 1999/07 - 米国機械学会海洋および極地工学部門 Division Appreciation Award
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る