研究者
J-GLOBAL ID:201401003168239774   更新日: 2021年07月05日

山本 佳士

ヤマモト ヨシヒト | Yamamoto Yoshihito
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://concrete-lab.civil.nagoya-u.ac.jp/homepage/j/index.html
研究分野 (3件): 安全工学 ,  社会システム工学 ,  構造工学、地震工学
研究キーワード (8件): 応用力学 ,  計算工学 ,  複合構造 ,  コンクリート構造 ,  構造工学 ,  非破壊検査 ,  衝撃工学 ,  破壊力学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2014 - 現在 冗長性を含む耐震性能評価のためのRC構造物の崩壊シミュレーション手法の高度化
  • 2012 - 現在 コンクリートの火災時爆裂シミュレーションを含む耐火構造性能解析手法の開発
  • 2020 - V&Vに基づくコンクリート構造物の新しい評価体系の構築とその社会実装に向けた検討
  • 2020 - 深層学習と電磁波レーダによるインフラ内部構造3次元可視化と造影補修剤の開発
  • 2019 - プレキャスト構造システムの復旧性・冗長性評価のための劣化・崩壊解析手法の開発
全件表示
論文 (97件):
  • 光谷 和剛, 山本 佳士, 園田 潤, 木本 智幸. レーダ画像およびGANを用いたコンクリート内部欠陥の位置・寸法情報の可視化に関する基礎的検討. 日本計算工学会論文集. 2021. 2021. 1. 20211001
  • 光谷 和剛, 山本 佳士, 園田 潤, 木本 智幸. レーダ画像およびGANを用いたコンクリート内部欠陥の幾何情報推定. AI・データサイエンス論文集. 2020. 1. 1. 498-507
  • T. Miura, H. Nakamura, Y. Yamamoto. Impact of origination of expansion on three-dimensional expansion crack propagation process due to DEF evaluated by mesoscale discrete model. Construction and Building Materials. 2020. 260
  • 山本佳士. 水・熱移動を考慮した3次元剛体バネモデルによるコンクリート構造物の長期変形・ひび割れ進展挙動および動的破壊挙動の高解像度シミュレーション. 京都大学学術情報メディアセンター全国共同利用版広報. 2020. 19. 1. 34-37
  • M. S. Karam, Y. Yamamoto, H. Nakamura, T. Miura. Numerical Evaluation of the Perfobond (PBL) Shear Connector Subjected to Lateral Pressure Using Coupled Rigid Body Spring Model (RBSM) and Nonlinear Solid Finite Element Method (FEM). Crystals. 2020. 10. 9
もっと見る
MISC (58件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (47件):
  • Crack propagation and air leakage simulation of concrete using RBSM
    (3rd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE 2020) 2020)
  • Failure simulation of reinforced concrete including damage localization and rebar buckling by extended RBSM
    (3rd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE 2020) 2020)
  • Mesoscale Simulation of Localized Failure of Fiber-Reinforced Concrete under Impact Loading
    (3rd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE 2020) 2020)
  • 電磁波レーダを用いた空洞亀裂検出における補修造影剤の検討
    (電子情報通信学会ソサイエティ大会 2020)
  • レーダ画像および敵対的生成ネットワークを用いたコンクリート内部欠陥の詳細情報の推定
    (2020年度 人工知能学会全国大会 (第34回) 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2002 - 2004 名古屋大学 土木工学専攻
  • 2002 - 2004 名古屋大学 土木工学専攻
  • 1998 - 2002 名古屋大学 社会環境工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (名古屋大学)
経歴 (8件):
  • 2017/04/01 - 現在 名古屋大学 大学院工学研究科 土木工学専攻 構造・材料工学 准教授
  • 2014/04/01 - 現在 名古屋大学大学院工学研究科・准教授
  • 2017/04/01 - 2020/03/31 名古屋大学 大学院工学研究科 土木工学専攻 准教授
  • 2014/04/01 - 2017/03/31 名古屋大学 大学院工学研究科 社会基盤工学専攻 准教授
  • 2007/04/01 - 2014/03/31 防衛大学校 システム工学群 建設環境工学科 助教
全件表示
委員歴 (18件):
  • 2018/10 - 現在 土木学会,構造工学委員会,構造工学でのAI活用に関する研究小委員会 委員
  • 2018/09 - 現在 土木学会,構造工学委員会,耐衝撃設計における安全性照査法に関する研究小委員会 幹事
  • 2016/04 - 現在 土木学会, コンクリート委員会, 既設コンクリート構造物の構造性能評価研究小委員会, 委員
  • 2016/01 - 現在 日本計算工学会,多元災害シミュレーション研究会 委員
  • 2014/06 - 現在 土木学会,応用力学委員会,土木分野の数値解析におけるV&Vに関する小委員会 委員
全件表示
受賞 (13件):
  • 2020/06 - 日本コンクリート工学会 日本コンクリート工学会賞 論文賞
  • 2019/09 - 日本コンクリート工学会 Three outstanding papers of the year 2019, Journal of advanced concrete technology
  • 2019/07 - 日本コンクリート工学会 コンクリート工学講演会年次論文奨励賞
  • 2019/06 - 日本コンクリート工学会 日本コンクリート工学会賞 論文賞
  • 2018/09 - 日本コンクリート工学会 Three outstanding papers of the year 2018, Journal of advanced concrete technology
全件表示
所属学会 (4件):
人工知能学会 ,  日本計算工学会 ,  日本コンクリート工学会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る