研究者
J-GLOBAL ID:201401004251710698   更新日: 2021年08月27日

伊谷 樹一

Itani Juichi
研究分野 (1件): 地域研究
研究キーワード (7件): 牧畜 ,  林業 ,  再生可能エネルギー ,  農業 ,  環境保全 ,  農村開発 ,  地域研究
論文 (36件):
  • 伊谷樹一. アフリカで木を育てる. .フィールドプラス.5.東京外国語大学学術成果コ レクション.14-15. 2016. 5. 14-15
  • Okamura, T, R. Kurosaki, J. Itani, M. Takano. Development and Introduction of a Pico-Hydrosystem in Southern Tanzania. African Study Monographs. 2015. 36. 2. 117-137
  • 伊谷 樹一. タンザニア南部高地における住民主体の小型水力発電の展開. アフリカ研究. 2014. 85. 13-21
  • 伊谷 樹一. タンザニアの竹酒. 宮津・竹の教科書2014. 2013. 24-25
  • Mahonge, C. P, J. Itani. Incentivising local people’s participation in REDD initiatives in Tanzania through mainstreaming institutional complexity. 2012. S. Kobayashi and K. Ishimaru (eds.) Incentive of local community for RED and semi-domestication of non-timber forest products, Ministry of Environment, Japan, 207-219. 査読有. 2012
もっと見る
MISC (7件):
  • 伊谷樹一, 神田靖範, 岡村鉄兵. 2019.タンザニアにおけるトゥーナ生産の可能性. 平成30年度 途上国持続可能な森林経営推進事業報告書 国際緑化推進センター. 2019
  • 伊谷樹一. 生態環境. 松田素二編『アフリカ社会を学ぶ人のために』世界思想社. 2014. 43-55
  • Itani, J. Integrated approach for forest management in southern Tanzania. The International Workshop on “Incentive of Local community for REDD and semi-domestication of non-timber forest products” in 2013,査読有, Kyoto University、68-77. 2013
  • 伊谷樹一. 日本のアフリカ研究とアフリカの発展. 公開シンポジウム.日本アフリカ学会第45回学術大会.(龍谷大学 2008年5月24日)招待講演. 2008
  • 伊谷純一郎著作集編集委員会, 足立薫, 太田至, 寺嶋秀明, 山極寿一, 伊谷樹一, 伊谷原一. 伊谷純一郎著作集第二巻「類人猿を追って」ゴリラとピグミーの森, チンパンジーを追って, チンパンジーの社会構造, ほか. 平凡社. 2008
もっと見る
書籍 (15件):
  • 地域水力を考える : 日本とアフリカの農村から
    昭和堂 2021 ISBN:9784812220276
  • スワヒリ世界をつくった「海の市民たち」
    昭和堂 2020 ISBN:9784812220023
  • 新書アフリカ史
    講談社 2018 ISBN:9784065139486
  • 探究と実践の往還
    京都大学学術出版会 2018 ISBN:9784814001293
  • 呪医と精霊の世界
    京都大学学術出版会 2018 ISBN:9784814001286
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る