研究者
J-GLOBAL ID:201401007076551297   更新日: 2020年09月01日

上田 卓見

ウエダ タクミ | Takumi Ueda
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/20451859.ja.html
研究分野 (1件): 薬系分析、物理化学
研究キーワード (29件): NMR ,  膜タンパク質 ,  転移交差飽和法 ,  タンパク質-タンパク質相互作用 ,  構造生物学 ,  光合成明反応 ,  photosynthesis ,  CCR1 ,  オピオイド受容体 ,  生化学 ,  アドレナリン受容体 ,  交差飽和法 ,  光合成名反応 ,  電子移動反応 ,  フェレドキシン ,  Membrane protein ,  ケモカイン受容体 ,  protein-protein interaction ,  electron transfer ,  過渡的相互作用 ,  マルチドメイン蛋白質 ,  膜蛋白質 ,  GPCR ,  Segmental labeling ,  核磁気共鳴法 ,  transferred cross saturation ,  循環的電子伝達 ,  光化学系I ,  Protein Trans-Splicing
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2013 - 2015 GPCRの、バイアスを含むシグナル制御機構の構造生物学的解明
  • 2013 - 2014 医学上重要なGPCRのシグナル制御機構の構造生物学的解明
  • 2011 - 2012 GPCRのシグナル伝達機構の構造生物学的解明
  • 2011 - 2012 二成分制御系における連鎖的シグナル伝達機構の構造生物学的解明
  • 2008 - 2009 相互作用に基づく光合成明反応膜蛋白質と電子輸送蛋白質の高効率電子輸送機構の解明
全件表示
論文 (30件):
  • Ichio Shimada, Takumi Ueda, Yutaka Kofuku, Matthew T Eddy, Kurt Wüthrich. GPCR drug discovery: integrating solution NMR data with crystal and cryo-EM structures. Nature reviews. Drug discovery. 2019. 18. 1. 59-82
  • Shiraishi Y, Natsume M, Kofuku Y, Imai S, Nakata K, Mizukoshi T, Ueda T, Iwaï H, Shimada I. Phosphorylation-induced conformation of β2-adrenoceptor related to arrestin recruitment revealed by NMR. Nature communications. 2018. 9. 1. 194
  • Kofuku Y, Yokomizo T, Imai S, Shiraishi Y, Natsume M, Itoh H, Inoue M, Nakata K, Igarashi S, Yamaguchi H, et al. Deuteration and selective labeling of alanine methyl groups of β2-adrenergic receptor expressed in a baculovirus-insect cell expression system. Journal of biomolecular NMR. 2018. 71. 3. 185-192
  • Yousuke Takaoka, Shohei Uchinomiya, Daichi Kobayashi, Masataka Endo, Takahiro Hayashi, Yoshiaki Fukuyama, Haruko Hayasaka, Masayuki Miyasaka, Takumi Ueda, Ichio Shimada, et al. Endogenous Membrane Receptor Labeling by Reactive Cytokines and Growth Factors to Chase Their Dynamics in Live Cells. Chem. 2018. 4. 6. 1451-1464
  • Yuichi Minato, Takumi Ueda, Asako Machiyama, Hideo Iwai, Ichio Shimada. Dynamic domain arrangement of CheA-CheY complex regulates bacterial thermotaxis, as revealed by NMR. SCIENTIFIC REPORTS. 2017. 7. 1. 16462
もっと見る
MISC (99件):
  • 白石 勇太郎, 夏目 芽依, 幸福 裕, 今井 駿輔, 中田 國夫, 水越 利巳, 上田 卓見, 岩井 秀夫, 嶋田 一夫. 健康・医療・創薬に貢献する物理系薬学研究の最前線 Gタンパク質共役型受容体のシグナル伝達制御機構の解明. 日本薬学会年会要旨集. 2019. 139年会. 1. 136-136
  • 白石勇太郎, 夏目芽依, 幸福裕, 今井駿輔, 中田國夫, 水越利巳, 上田卓見, 上田卓見, 岩井秀夫, 嶋田一夫. Gタンパク質共役型受容体のシグナル伝達制御機構の解明. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2019. 139th. ROMBUNNO.S10-2
  • 上田 卓見, 嶋田 一夫. NMRを用いたG蛋白質共役型受容体の機能制御メカニズムの解析. 生物物理. 2019. 59. 4. 181-187
  • 上田卓見, 幸福裕, 嶋田一夫. NMR法による膜蛋白質の機能に直結した動的構造平衡の解明. 東京大学低温センター年報. 2018. 9. 17-22
  • 白石 勇太郎, 夏目 芽依, 幸福 裕, 今井 駿輔, 中田 國夫, 水越 利巳, 上田 卓見, 岩井 秀夫, 嶋田 一夫. 区分同位体標識を用いたβ2アドレナリン受容体のリン酸化によるシグナル制御機構の解明. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2018. 91回. [1P-376]
もっと見る
学位 (1件):
  • 薬学博士 (東京大学大学院薬学系研究科)
経歴 (1件):
  • 2007/01 - 現在 東京大学 薬学研究科(研究院) 助教
所属学会 (3件):
日本薬学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本核磁気共鳴学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る