研究者
J-GLOBAL ID:201401007409664477   更新日: 2022年01月03日

宮田 完二郎

ミヤタ カンジロウ | Kanjiro Miyata
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.bmm.t.u-tokyo.ac.jp/http://www.bmm.t.u-tokyo.ac.jp/index-e.html
研究分野 (6件): 生体材料学 ,  生体医工学 ,  高分子化学 ,  生体材料学 ,  生体医工学 ,  薬系分析、物理化学
研究キーワード (20件): ドラッグデリバリー ,  siRNA ,  高分子ミセル ,  遺伝子治療 ,  架橋 ,  機能性高分子 ,  がん治療 ,  自己組織化 ,  ナノテクノロジー ,  化学療法 ,  がん化学療法 ,  機能ポ性リマー ,  生体関連高分子 ,  高分子構造・物性 ,  機能性ポリマー ,  ナノバイオ材料 ,  ポリ(L-リジン)(PLL) ,  ナノキャリア ,  ポリエチレングリコール(PEG) ,  ブロック共重合体
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2020 - 2024 脳疾患部位を標的とする先端的核酸デリバリー技術の確立と脳疾患治療への挑戦
  • 2019 - 2021 シンチレーション粒子内包ナノカプセルの構築と放射線療法への展開
  • 2018 - 2020 RNA膜で構成される人工エクソソームの創製と高機能生理活性メディエーターへの展開
  • 2018 - 2020 メッセンジャーRNAを安定化する高分子材料の設計と生体内デリバリーヘの挑戦
  • 2017 - 2020 ユニットポリイオンコンプレックスを起点とする標的組織特異的核酸デリバリーへの挑戦
全件表示
論文 (99件):
  • Wenqian Yang, Takuya Miyazaki, Pengwen Chen, Taehun Hong, Mitsuru Naito, Yuji Miyahara, Akira Matsumoto, Kazunori Kataoka, Kanjiro Miyata, Horacio Cabral. Block catiomer with flexible cationic segment enhances complexation with siRNA and the delivery performance in vitro. Science and Technology of Advanced Materials. 2021. 22. 1. 850-863
  • Rimpei Kamegawa, Mitsuru Naito, Satoshi Uchida, Hyun Jin Kim, Beob Soo Kim, Kanjiro Miyata. Bioinspired silicification of mRNA-loaded polyion complexes for macrophage-targeted mRNA delivery. ACS Applied Bio Materials. 2021. 4. 11. 7790-7799
  • Tetsuya Nagata, Chrissa A Dwyer, Kie Yoshida-Tanaka, Kensuke Ihara, Masaki Ohyagi, Hidetoshi Kaburagi, Haruka Miyata, Satoe Ebihara, Kotaro Yoshioka, Takashi Ishii, et al. Cholesterol-functionalized DNA/RNA heteroduplexes cross the blood-brain barrier and knock down genes in the rodent CNS. Nature Biotechnology. 2021
  • Chenyu Wang, Kenta Kimura, Jincai Li, Joseph J. Richardson, Mitsuru Naito, Kanjiro Miyata, Takanori Ichiki, Hirotaka Ejima. Polydopamine-mediated surface functionalization of exosomes. CHEMNANOMAT. 2021. 7. 6. 592-595
  • Yoshihiko Tasaki, Miho Suzuki, Keisuke Katsushima, Keiko Shinjo, Kenta Iijima, Yoshiteru Murofushi, Aya Naiki-Ito, Kazuki Hayashi, Chenjie Qiu, Akiko Takahashi, et al. Cancer-specific targeting of taurine-upregulated gene 1 enhances the effects of chemotherapy in pancreatic cancer. Cancer Research. 2021. 81. 7. 1654-1666
もっと見る
MISC (41件):
講演・口頭発表等 (9件):
  • 1分子のsiRNAを含むポリイオンコンプレックスの調製とそのがん標的核酸デリバリーへの展開
    (日本DDS学会学術集会プログラム予稿集 2016)
  • マレイン酸アミド誘導体を基盤とした酸性環境応答性ポリマーの設計とリン酸カルシウムミセル型siRNAデリバリーへの展開
    (日本バイオマテリアル学会大会予稿集 2014)
  • マレイン酸アミド誘導体を側鎖に有するpH応答性ポリマーの設計とリン酸カルシウムミセル型siRNAデリバリーへの展開
    (日本DDS学会学術集会プログラム予稿集 2014)
  • 転写因子PRDM14分子を標的とした新規RNAi-ミセル複合体による乳がん治療法の開発
    (日本DDS学会学術集会プログラム予稿集 2014)
  • siRNA 1分子封入ポリイオンコンプレックスの構築とsiRNAデリバリーへの展開
    (日本バイオマテリアル学会大会予稿集 2013)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 2006 東京大学 マテリアル工学専攻
  • 2001 - 2003 東京大学 材料学専攻
  • 1997 - 2001 東京大学 マテリアル工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2022/01 - 現在 東京大学 大学院工学系研究科 マテリアル工学専攻 教授
  • 2016/01 - 2021/12 東京大学 大学院工学系研究科 マテリアル工学専攻 准教授
  • 2013/01 - 2017/03 東京大学 大学院医学系研究科 准教授
  • 2009/04 - 2012/12 東京大学 大学院医学系研究科 助教
  • 2007/04 - 2009/03 東京大学 大学院工学系研究科 特任助教
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2021/12 - 現在 遺伝子・デリバリー研究会 役員
  • 2018/04 - 現在 ナノ・バイオメディカル学会 常任理事
  • 2016/09 - 現在 日本核酸化学会 評議員
  • 2015/11 - 現在 日本バイオマテリアル学会 評議員
  • 2015/04 - 現在 日本核酸医薬学会 評議員
全件表示
受賞 (9件):
  • 2021/02 - 第8回京都SMI中辻賞(京都SMI)
  • 2020/04 - 第2回物質・デバイス共同研究賞(物質・デバイス共同研究拠点)
  • 2020/02 - 2019年度工学系研究科長表彰(東京大学大学院工学系研究科)
  • 2018/07 - Nano Research Young Innovator Awards in NanoBiotech 2018(Nano Research誌)
  • 2017/07 - 2017年度日本核酸医薬学会奨励賞(日本核酸医薬学会)
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る