研究者
J-GLOBAL ID:201401007440320212   更新日: 2020年09月03日

長井 紀章

ナガイ ノリアキ | Noriaki Nagai
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/90411579.ja.html
研究分野 (6件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  医療薬学
研究キーワード (10件): ナノパーティクル(ナノ医薬品) ,  酸化ストレス ,  ミトコンドリアDNA ,  白内障 ,  一酸化窒素 ,  角膜 ,  点眼製剤 ,  網膜 ,  水晶体 ,  経皮吸収製剤
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2020 近畿大学学内研究助成金 SR01
  • 2018 - 2020 眼深部組織を標的とした次世代型ナノ点眼製剤の開発と網膜症治療への応用
  • 2015 - 2017 NSAIDs起因性消化管障害の制御に資する次世代型ナノ製剤の創製とその有用性評価
  • 2013 - 2014 ナノ化技術を用いた点眼による網膜療法の確立と緑内障治療への応用
  • 2011 - 2012 ミトコンドリア DNAの遺伝情報に基づいた加齢性白内障の素因と早期予測
論文 (196件):
  • Kanta Sato, Noriaki Nagai, Tetsushi Yamamoto, Kuniko Mitamura, Atsushi Taga. Correction: Sato, K., et al. Identification of a Novel Oligosaccharide in Maple Syrup as a Potential Alternative Saccharide for Diabetes Mellitus Patients. Int. J. Mol. Sci. 2019, 20, 5041. International journal of molecular sciences. 2020. 21. 14
  • Noriaki Nagai, Kazuki Umachi, Hiroko Otake, Mikako Oka, Noriko Hiramatsu, Hiroshi Sasaki, Naoki Yamamoto. Ophthalmic In Situ Gelling System Containing Lanosterol Nanoparticles Delays Collapse of Lens Structure in Shumiya Cataract Rats. Pharmaceutics. 2020. 12. 7
  • Noriaki Nagai, Ryotaro Seiriki, Saori Deguchi, Hiroko Otake, Noriko Hiramatsu, Hiroshi Sasaki, Naoki Yamamoto. Hydrogel Formulations Incorporating Drug Nanocrystals Enhance the Therapeutic Effect of Rebamipide in a Hamster Model for Oral Mucositis. Pharmaceutics. 2020. 12. 6
  • Fumihiko Ogata, Noriaki Nagai, Megumu Toda, Masashi Otani, Chalermpong Saenjum, Takehiro Nakamura, Naohito Kawasaki. Removal of arsenic(III) ion from aqueous media using complex nickel-aluminum and nickel-aluminum-zirconium hydroxides. Water (Switzerland). 2020. 12. 6
  • Yu Mano, Hiroko Otake, Teppei Shibata, Eri Kubo, Hiroshi Sasaki, Noriaki Nagai. Enhancement of Amyloid β1-43 Production in the Lens Epithelium of Japanese Type 2 Diabetic Patients. Biomedicines. 2020. 8. 4
もっと見る
MISC (110件):
特許 (6件):
書籍 (7件):
  • 「製剤・包装の改良・工夫点と病院から選ばれる医薬品開発」第4章 剤型・投与経路開発による、病院から選ばれる医薬品開発
    (株)技術情報協会 2017
  • 眼科獣医プラクティス 特集 点眼薬2017. 薬理学から見た点眼による全身への影響 コラム
    ファームプレス 2017
  • 最新製剤学 第4版
    廣川書店 2016
  • コンプリヘンシブ基礎化学
    京都廣川書店 2016
  • 眼科 (GANKA. OPHTHALMOLOGY) 特集 薬剤性角膜上皮障害
    金原出版株式会社 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (169件):
  • 新規院内製剤セレン含有口腔内崩壊錠の作製と実用化についての検討
    (国立病院総合医学会講演抄録集 2018)
  • カプセル組成の変更に伴う吸入粉末剤の薬物放出性制御に関する研究
    (日本薬剤学会年会講演要旨集 2018)
  • 重合度の異なるセルロース誘導体が自転・公転ナノ粉砕機の薬物破砕効率へ与える影響
    (日本薬剤学会年会講演要旨集 2018)
  • ラロキシフェンを用いたナノ経皮吸収製剤の開発と骨粗鬆症治療への有用性評価
    (日本薬剤学会年会講演要旨集 2018)
  • レバミピドナノ口腔内崩壊錠の製造とレバミピドの薬剤性消化管障害治療への応用
    (日本薬剤学会年会講演要旨集 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (岐阜薬科大学)
経歴 (2件):
  • 2017 - 現在 近畿大学 薬学部 准教授
  • 2013/04 - 2017 近畿大学 薬学部 講師
委員歴 (7件):
  • 2019/08 - 現在 日本白内障学会 評議員
  • 2018/08 - 現在 JPHCS編集委員
  • 2017/08 - 現在 日本眼薬理学会 評議員
  • 2017 - 現在 日本医療薬学会 代議員
  • 2016 - 現在 日本白内障学会 編集委員
全件表示
受賞 (18件):
  • 2020/03 - 公益財団法人 薬学研究奨励財団 第40回 研究助成
  • 2019/09 - 日本眼薬理学会 令和元年度(第一回)日本眼薬理学会奨励賞
  • 2019/03 - 第139年会日本薬学会 一般学術発表ハイライト
  • 2018/11 - 日本医療薬学会 平成30年度日本医療薬学会奨励賞
  • 2018/07 - 日本白内障学会 ベストディスカッション賞
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る