研究者
J-GLOBAL ID:201401007464080956   更新日: 2019年12月24日

神波 大己

カンバ トモミ | Tomomi Kamba
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://kumamoto-urology.comhttps://kumamoto-urology.com
研究分野 (1件): 泌尿器科学
研究キーワード (1件): 泌尿器腫瘍学
論文 (141件):
  • Horiguchi H, Kadomatsu T, Kurahashi R, Hara C, Miyata K, Baba M, Osumi H, Terada K, Araki K, Takai T, Kamba T, Linehan WM, Moroishi T, Oike Y. Dual functions of angiopoietin-like protein 2 signaling in tumor progression and anti-tumor immunity. Genes & development. 2019. 33. 23-24. 1641-1656
  • Sueta D, Tabata N, Ikeda S, Saito Y, Ozaki K, Sakata K, Matsumura T, Yamamoto-Ibusuki M, Murakami Y, Jodai T, Fukushima S, Yoshida N, Kamba T, Araki E, Iwase H, Fujii K, Ihn H, Kobayashi Y, Minamino T, Yamagishi M, Maemura K, Baba H, Matsui K, Tsujita K. Differential predictive factors for cardiovascular events in patients with or without cancer history. Medicine. 2019. 98. 44. e17602
  • Baba M, Furuya M, Motoshima T, Lang M, Funasaki S, Ma W, Sun HW, Hasumi H, Huang Y, Kato I, Kadomatsu T, Satou Y, Morris N, Karim BO, Ileva L, Kalen JD, Wilan Krisna LA, Hasumi Y, Sugiyama A, Kurahashi R, Nishimoto K, Oyama M, Nagashima Y, Kuroda N, Araki K, Eto M, Yao M, Kamba T, Suda T, Oike Y, Schmidt LS, Linehan WM. TFE3 Xp11.2 Translocation Renal Cell Carcinoma Mouse Model Reveals Novel Therapeutic Targets and Identifies GPNMB as a Diagnostic Marker for Human Disease. Molecular cancer research : MCR. 2019. 17. 8. 1613-1626
  • Kurahashi R, Kadomatsu T, Baba M, Hara C, Itoh H, Miyata K, Endo M, Morinaga J, Terada K, Araki K, Eto M, Schmidt LS, Kamba T, Linehan WM, Oike Y. MicroRNA-204-5p: A novel candidate urinary biomarker of Xp11.2 translocation renal cell carcinoma. Cancer science. 2019. 110. 6. 1897-1908
  • Sugiyama Y, Yatsuda J, Murakami Y, Ito N, Yamasaki T, Mikami Y, Ogawa O, Kamba T. Impact of tumor size on patient survival after radical nephrectomy for pathological T3a renal cell carcinoma. Japanese journal of clinical oncology. 2019. 49. 5. 465-472
もっと見る
MISC (38件):
  • 山口 隆大, 杉山 豊, 神波 大己. 【希少癌に備える-いざという時のための基礎知識】陰茎癌の診断と治療 特に原発巣について. 臨床泌尿器科. 2019. 73. 11. 832-836
  • 田上 憲一郎, 神波 大己. 泌尿器科領域におけるトラブルシューティング(第98回) 尿管ステント留置中におけるトラブルシューティング 尿管動脈瘻の2例. 泌尿器外科. 2019. 32. 1. 49-52
  • 前原 遼, 今川 大輔, 村上 洋嗣, 河野 吉昭, 山口 隆大, 神波 大己, 江藤 正俊. 成長ホルモン産生下垂体腫瘍による先端巨大症を合併した、アンドロゲン産生副腎腺腫の1例. 西日本泌尿器科. 2018. 80. 12. 663-668
  • 藤本直浩, 守屋良介, 岩隈景子, 久保達彦, 久岡正典, 野口満, 有働和馬, 内藤誠二, 江藤正俊, 横溝晃, 三股浩光, 澁谷忠正, 賀本敏行, 分田裕順, 井川掌, 西原聖顕, 酒井英樹, 竹原浩介, 計屋知彰, 中川昌之, 山根隆史, 神波大己, 河野吉昭, 斎藤誠一, 安次嶺聡, 大城吉則, 田中正利, 古屋隆三郎, 石井龍. 実臨床に有用な後腹膜腫瘍の特徴-第19回九州泌尿器科共同研究 九州沖縄地区における後腹膜腫瘍の実態調査サブ解析-. 西日本泌尿器科. 2018. 80. 3. 91-96
  • 穴見俊樹, 穴見俊樹, 倉橋竜磨, 矢津田旬二, 田上憲一郎, 神波大己, 高橋渡. 巨大な嚢胞性副腎褐色細胞腫の1例. 西日本泌尿器科. 2018. 80. 1. 13-18-18
もっと見る
書籍 (1件):
  • 腎細胞癌の腫瘍血管微細構造に着目した抗血管新生療法感受性に関する研究
    [神波大己] 2009
講演・口頭発表等 (560件):
  • 回腸代用膀胱の長期成績
    (日本泌尿器科学会雑誌 1995)
  • 尿管皮膚瘻の長期術後成績
    (日本泌尿器科学会雑誌 1995)
  • En Bloc Radical Cystourethrectomy with Preservation of Sexual Function
    (日本泌尿器科学会雑誌 1995)
  • 上部尿路上皮内癌に対するBCG腎盂内注入療法の治療成績
    (日本泌尿器科学会雑誌 1995)
  • Kock pouchおよびhemi-Kock neobladderにおけるハンモック尿管回腸吻合術の臨床的検討
    (日本泌尿器科学会雑誌 1996)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1986 - 1992 京都大学
  • 1999 - 2003 京都大学大学院医学研究科
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学)
経歴 (2件):
  • 2005/04 - 2016/09 京都大学
  • 2016/10 - 現在 熊本大学
受賞 (2件):
  • 2016/10 - 日本癌治療学会 第54回日本癌治療学会学術総会優秀演題賞
  • 2015/10 - 日本癌治療学会 第53回日本癌治療学会学術総会優秀演題賞
所属学会 (9件):
EUROPEAN ASSOCIATION OF UROLOGY ,  AMERICAN UROLOGICAL ASSOCIATION ,  日本臨床腎移植学会 ,  腎癌研究会 ,  日本泌尿器腫瘍学会 ,  日本泌尿器内視鏡学会 ,  日本癌学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本泌尿器科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る