研究者
J-GLOBAL ID:201401007750942973   更新日: 2022年03月11日

茶屋 太郎

チャヤ タロウ | Chaya Taro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 解剖学
研究キーワード (1件): 包括脳ネットワーク
論文 (27件):
  • Taro Chaya, Hiroshi Ishikane, Leah R Varner, Yuko Sugita, Yamato Maeda, Ryotaro Tsutsumi, Daisuke Motooka, Daisuke Okuzaki, Takahisa Furukawa. Deficiency of the neurodevelopmental disorder-associated gene Cyfip2 alters the retinal ganglion cell properties and visual acuity. Human molecular genetics. 2022. 31. 4. 535-547
  • Ryotaro Tsutsumi, Taro Chaya, Toshinori Tsujii, Takahisa Furukawa. The carboxyl-terminal region of SDCCAG8 comprises a functional module essential for cilia formation as well as organ development and homeostasis. The Journal of biological chemistry. 2022. 298. 3. 101686-101686
  • Danielle E Whittaker, Roberto Oleari, Louise C Gregory, Polona Le Quesne-Stabej, Hywel J Williams, John G Torpiano, Nancy Formosa, Mario J Cachia, Daniel Field, Antonella Lettieri, et al. A recessive PRDM13 mutation results in congenital hypogonadotropic hypogonadism and cerebellar hypoplasia. The Journal of clinical investigation. 2021. 131. 24
  • Daichi Gyoten, Shinji Ueno, Satoshi Okado, Taro Chaya, Shunsuke Yasuda, Takeshi Morimoto, Mineo Kondo, Kazuhiro Kimura, Takaaki Hayashi, Bart P Leroy, et al. Broad locations of antigenic regions for anti-TRPM1 autoantibodies in paraneoplastic retinopathy with retinal ON bipolar cell dysfunction. Experimental eye research. 2021. 212. 108770-108770
  • Taro Chaya, Takahisa Furukawa. Post-translational modification enzymes as key regulators of ciliary protein trafficking. Journal of biochemistry. 2021. 169. 6. 633-642
もっと見る
MISC (30件):
講演・口頭発表等 (20件):
  • 網膜視覚科学の最前線 ロイシンリッチリピート膜蛋白質による網膜視細胞のシナプス形成機構
    (生命科学系学会合同年次大会 2017)
  • 古くて新しいポリコーム:そのエピジェネティック制御機構をマウスと一緒に考える SAMドメイン蛋白質Samd7は網膜桿体視細胞の最終分化をエピジェネティックに制御する組織特異的なポリコーム複合体1の構成要素である
    (生命科学系学会合同年次大会 2017)
  • 繊毛キナーゼICKは繊毛先端部における繊毛内輸送システムの制御に重要でありヘッジホッグシグナル伝達に必須である
    (第37回日本神経科学大会 2014)
  • 転写因子Raxは網膜の初期形成から視細胞の運命決定や成熟までを制御する
    (第18回視覚科学フォーラム 2014)
  • ICK ciliary kinase is essential for ciliogenesis in retinal/neuronal progenitors and regulation of ciliary protein transport at the ciliary tip
    (ARVO 2014 Annual Meeting 2014)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2019/11 - 現在 大阪大学蛋白質研究所 分子発生学研究室 准教授
  • 2015/08 - 2019/10 大阪大学蛋白質研究所 分子発生学研究室 助教
  • 2015/04 - 2015/07 大阪大学蛋白質研究所分子発生学研究室 特任研究員
  • 2014/08 - 2015/03 大阪大学蛋白質研究所分子発生学研究室 日本学術振興会特別研究員
  • 2014/07 - 博士(医学)取得
受賞 (1件):
  • 2020/09 - 日本生化学会 奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る