研究者
J-GLOBAL ID:201401008408002086   更新日: 2021年12月23日

佐野 紘平

サノ コウヘイ | Sano Kohei
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://www.kobepharma-u.ac.jp/biophys/
研究分野 (3件): 腫瘍診断、治療学 ,  薬系分析、物理化学 ,  放射線科学
研究キーワード (3件): セラノスティクス ,  分子イメージング ,  放射性医薬品
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2019 熱による放射性薬剤の送達制御に基づく腫瘍特異的小線源療法および内用療法の開発
  • 2016 - 2018 光音響法に基づくがんのセラノスティックスに資する薬剤開発と革新的DDSへの展開
  • 2014 - 2016 熱応答凝集性ポリマーを基盤とする新規内用放射線治療法の開発
  • 2009 - 2011 マルチモダリティ対応型分子イメージングプローブの開発
  • スマートポリマーを基盤とするがんのラジオセラノスティクス薬剤の創製
論文 (100件):
  • Kohei Sano, Yumi Ishida, Toshie Tanaka, Tatsuya Mizukami, Tomono Nagayama, Yoshie Haratake, Masayuki Munekane, Toshihide Yamasaki, Takahiro Mukai. Enhanced Delivery of Thermoresponsive Polymer-Based Medicine into Tumors by Using Heat Produced from Gold Nanorods Irradiated with Near-Infrared Light. Cancers. 2021. 13. 19
  • Kohei Sano, Mayumi Miki, Toshie Tanaka, Mamia Munemura, Masayuki Munekane, Toshihide Yamasaki, Takahiro Mukai. Electrostatically self-assembled gold nanorods with chondroitin sulfate for targeted photothermal therapy for melanoma. Photodiagnosis and photodynamic therapy. 2021. 35. 102402-102402
  • Ayako Kato, Yuji Nakamoto, Takayoshi Ishimori, Nobuyuki Hayakawa, Masashi Ueda, Takashi Temma, Kohei Sano, Yoichi Shimizu, Tsuneo Saga, Kaori Togashi. Diagnostic performance of 68Ga-DOTATOC PET/CT in tumor-induced osteomalacia. Annals of nuclear medicine. 2021. 35. 3. 397-405
  • Risa Azuma, Toshihide Yamasaki, Kohei Sano, Masayuki Munekane, Yuta Matsuoka, Ken-Ichi Yamada, Takahiro Mukai. A radioiodinated nitroxide probe with improved stability against bioreduction for in vivo detection of lipid radicals. Free radical biology & medicine. 2021. 163. 297-305
  • Mitsue Kawamura, Michio Yoshimura, Yoichi Shimizu, Kohei Sano, Takayoshi Ishimori, Yuji Nakamoto, Takashi Mizowaki, Masahiro Hiraoka. Evaluation of Optimal Post-Injection Timing of Hypoxic Imaging with 18F-Fluoromisonidazole-PET/CT. Molecular imaging and biology. 2021
もっと見る
MISC (145件):
  • 甘中 健登, 佐野 紘平, 宗兼 将之, 山崎 俊栄, 萩森 政頼, 向 高弘. 生体直交型化学反応を介した薬物放出制御型リポソーム製剤の開発 薬物放出に関するインビボ評価. 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集. 2021. 37回. 128-128
  • 梅本 晃暉, 佐野 紘平, 三浦 悠, 大野 哲史, 岩田 匡平, 田中 寿枝, 宗兼 将之, 山崎 俊栄, チッテリオ・ダニエル, 蛭田 勇樹, et al. 水溶性ポリマーPOEGMAのがん診断用薬剤キャリアとしての有効性評価 ポリマーの物理化学的特性が体内動態に与える影響. 日本薬学会年会要旨集. 2021. 141年会. 28P02-066S
  • 小平 美優, 佐野 紘平, 岡林 真由, 香西 竜郎, 西山 詩乃, 濱田 夏海, 原武 芳江, 宗兼 将之, 山崎 俊栄, 灘中 里美, et al. がんの質的診断に資するヘパラナーゼ標的放射性ヨウ素標識薬剤の開発. 日本薬学会年会要旨集. 2021. 141年会. 28P02-063S
  • 佐野 紘平. 脳動脈瘤の手術支援を目的とする分子イメージングプローブの開発. 医科学応用研究財団研究報告. 2021. 38. 342-345
  • 鈴野菜都佳, 佐野紘平, BAO Ling, 宗兼将之, 山崎俊栄, 向高弘. がんの蛍光イメージングを目的とした葉酸修飾ポリオキサゾリン誘導体の開発. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2021. 140th (Web). 28P-am242S
もっと見る
特許 (4件):
講演・口頭発表等 (1件):
  • 近赤外線照射に基づく標的分子特異的がん治療法の開発
    (放射性医薬品画像診断薬研究会 2014)
学歴 (3件):
  • 2006 - 2009 京都大学大学院
  • 2004 - 2006 京都大学大学院
  • 2000 - 2004 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 神戸薬科大学 薬品物理化学研究室 准教授
  • 2016/08 - 2020/03 神戸薬科大学 薬品物理化学研究室 講師
  • 2013/01 - 2016/07 京都大学医学部附属病院 放射線部 助教
  • 2011/04 - 2013/01 米国国立衛生研究所(NIH) 国立がん研究所(NCI) ポストドクトラルフェロー
  • 2010/04 - 2011/03 京都大学大学院薬学研究科 病態機能分析学分野 特定助教
全件表示
受賞 (9件):
  • 2021/11 - CJKSRS2021 (The 11th China-Japan-Korea Symposium on Radiopharmaceutical Sciences) Young Investigator Award
  • 2021/03 - コニカミノルタ画像科学奨励賞
  • 2019/03 - 日本薬学会 奨励賞
  • 2018/11 - The tenth China-Japan-Korea Symposium on Radiopharmaceutical Sciences Best Poster Award
  • 2018/11 - 日本核医学会 研究奨励賞(最優秀賞)
全件表示
所属学会 (5件):
日本DDS学会 ,  日本分子イメージング学会 ,  日本核医学会 ,  日本薬学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る