研究者
J-GLOBAL ID:201401010896828723   更新日: 2021年05月28日

大林 一平

オオバヤシ イッペイ | Obayashi Ippei
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://i-obayashi.info/
研究分野 (3件): 数理解析学 ,  応用数学、統計数学 ,  数学基礎
研究キーワード (4件): 力学系 ,  応用数学 ,  パーシステントホモロジー ,  位相的データ解析
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2025 数理情報科学に基づく超秩序構造の網羅的解析
  • 2019 - 2025 力学系と計算トポロジーの融合による新しいデータ解析技術の開発
  • 2019 - 2024 X線顕微鏡と応用数学の融合による航空機用複合材料の破壊トリガーサイト特定
  • 2019 - 2023 パーシステントホモロジーによる位相高次構造抽出手法開発
  • 2016 - 2020 ハイブリッド力学系としての二足歩行の吸引領域の形成メカニズムに注目した解析
全件表示
論文 (30件):
  • Yohei Onodera, Shinji Kohara, Philip S. Salmon, Akihiko Hirata, Norimasa Nishiyama, Suguru Kitani, Anita Zeidler, Motoki Shiga, Atsunobu Masuno, Hiroyuki Inoue, et al. Structure and properties of densified silica glass: characterizing the order within disorder. NPG ASIA MATERIALS. 2020. 12. 1
  • Akihiko Hirata, Tomohide Wada, Ippei Obayashi, Yasuaki Hiraoka. Structural changes during glass formation extracted by computational homology with machine learning. Communications Materials. 2020. 1. 1
  • A. Suzuki, M. Miyazawa, A. Okamoto, H. Shimizu, I. Obayashi, Y. Hiraoka, T. Tsuji, P. K. Kang, T. Ito. Inferring fracture forming processes by characterizing fracture network patterns with persistent homology. Computers and Geosciences. 2020. 143. 104550-104550
  • Kota Okamoto, Shinya Aoi, Ippei Obayashi, Hiroshi Kokubu, Kei Senda, Kazuo Tsuchiya. Fractal mechanism of basin of attraction in passive dynamic walking. Bioinspiration & Biomimetics. 2020. 15. 5. 055002-055002
  • Takashi Ichinomiya, Ippei Obayashi, Yasuaki Hiraoka. Protein-Folding Analysis Using Features Obtained by Persistent Homology. Biophysical Journal. 2020. 118. 12. 2926-2937
もっと見る
MISC (7件):
講演・口頭発表等 (37件):
  • Volume-optimal cycles and stable volumes for persistent homology
    (RIMS共同研究 一般位相幾何学の動向と諸分野との連携 2021)
  • Stable volumes for persistent homology
    (Thematic Einstein Semester on Geometric and Topological Structure of Materials 2021)
  • Inverse problems on persistence diagrams
    (RIMS Workshop on "Recent developments on inverse problems for partial differential equations and their applications" 2021)
  • Field choice problem in persistent homology
    (Asia Pacific Seminar on Applied Topology and Geometry 2020)
  • Software and applications of persistent homology
    (2nd AIP Open Seminar 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2010 京都大学 数学・数理解析専攻
  • 2004 - 2006 京都大学 数学・数理解析専攻
  • 2000 - 2004 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
受賞 (6件):
  • 2020/06 - 日本セラミックス協会 JCS-JAPAN優秀論文賞
  • 2020/03 - 理化学研究所 第11回 桜舞賞 研究奨励賞 Development of topological data analysis software and its industrial applications
  • 2017/09 - 日本応用数理学会 日本応用数理学会 2017 年度 ベストオーサー賞
  • 2017/09 - 日本応用数理学会 日本応用数理学会 2017 年度 論文賞
  • 2017/09 - 第6回藤原洋数理科学賞 奨励賞
全件表示
所属学会 (2件):
日本応用数理学会 ,  日本数学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る