研究者
J-GLOBAL ID:201401011530745309   更新日: 2022年01月26日

天野 大樹

アマノ タイジユ | Amano Taiju
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.pharm.hokudai.ac.jp/yakuri/
研究分野 (2件): 基盤脳科学 ,  精神神経科学
研究キーワード (5件): 情動行動 ,  パッチクランプ記録 ,  内側視索前野 ,  分界条床核 ,  扁桃体
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2021 - 2024 嗅覚情報による社会行動選択機構を目的とした大脳皮質-内側視索前野間の神経活動解析
  • 2018 - 2021 養育行動発現に向けた分界条の分類と内側視索前野入力シナプス機能の解明
  • 2016 - 2017 内側視索前野-腹側被蓋野神経回路のシナプス特性と養育行動表出機構の解明
  • 2013 - 2015 社会経験依存的な分界条床核の機能変化機構の解明
  • 2011 - 2013 父性発現の脳内機構 : 雄マウスの喰殺から養育への行動変化をもたらす内側視索前野
論文 (30件):
  • Kiyoshiro Fukui, Keiichiro Sato, Shunsaku Murakawa, Masabumi Minami, Taiju Amano. Estrogen signaling modulates behavioral selection toward pups and amygdalohippocampal area in the rhomboid nucleus of the bed nucleus of the stria terminalis circuit. Neuropharmacology. 2021. 204. 108879-108879
  • Tomoyuki Kaneko, Ryuto Hara, Taiju Amano, Masabumi Minami. Diverse intracellular signaling pathways mediate the effects of neurotensin on the excitability of type II neurons in the rat dorsolateral bed nucleus of the stria terminalis. Journal of Pharmacological Sciences. 2021. 147. 1. 86-94
  • Hiroshi Nomura, Taiju Amano. [Practices and challenges of online laboratory work in pharmacology]. Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica. 2021. 156. 6. 335-337
  • Ryuto Hara, Daiki Takahashi, Tatsuhiro Takehara, Taiju Amano, Masabumi Minami. Inhibitory synaptic transmissions to the bed nucleus of the stria terminalis neurons projecting to the ventral tegmental area are enhanced in rats exposed to chronic mild stress. Molecular Brain. 2020. 13. 1
  • Fumiya Shinohara, Saya Arakaki, Taiju Amano, Masabumi Minami, Katsuyuki Kaneda. Noradrenaline enhances the excitatory effects of dopamine on medial prefrontal cortex pyramidal neurons in rats. Neuropsychopharmacology reports. 2020
もっと見る
MISC (11件):
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (九州大学)
経歴 (6件):
  • 2021 - 北海道大学大学院薬学研究院 薬理学研究室 准教授
  • 2015 - 北海道大学大学院薬学研究院 薬理学研究室 講師
  • 2012 - 2014 独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 基礎科学特別研究員
  • 2014 - 北海道大学大学院薬学研究院 薬理学研究室 助教
  • 2011 - 2012 日本学術振興会特別研究員PD
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る