研究者
J-GLOBAL ID:201401011719789161   更新日: 2020年09月01日

水野谷 剛

ミズノヤ タケシ | Mizunoya Takeshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究キーワード (6件): 最適化シミュレーション ,  バイオマス ,  コベネフィットアプローチ ,  環境修復技術 ,  環境経済政策 ,  環境総合評価
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2015 - 2020 微生物によるバイオ燃料廃棄物系バイオマスからポリマー原料への転換(環境インパクトを考慮したコスト計算と総合評価 担当)
  • 2018 - 2018 取手市環境基本計画(支援業務)に係わる研究
  • 2017 - 2018 流域圏における環境-災害-経済リスク軽減
  • 2015 - 2018 道州制導入後の流域管理政策の提言-南・北関東州を例としたシミュレーション分析-
  • 2002 - 2002 国際会議派遣補助金
論文 (69件):
  • Saleem, Umer, Mizunoya, Takeshi, Helmut, Yabar, Ajmal, Ammara. Using Remote Sensing for Identifying Suitable Areas for Flood Shelter: A Case Study of Thatta, Sindh Pakistan. International Journal of Economic and Environmental Geology. 2020. 11. 1. 95-101
  • Takuya, Shimamura, Mizunoya, Takeshi. Sustainability Prediction Model for Capital City Relocation in Indonesia Based on Inclusive Wealth and System Dynamics. Sustainability. 2020. 12. 10
  • Saleem, Umer, Mizunoya, Takeshi, Helmut, Yabar, Moeen, Muhammad Saad, Ajmal, Ammara. Application of Geographic Information Systems (GIS) for Measuring the Impact Income Vulnerability on Rural Households: A Case Study of the 2010 Floods in Pakistan. Journal of Sustainable Development. 2020. 13. 2. 1
  • 水野谷, 剛. 太陽光発電と家庭用燃料電池の導入促進及びCO2排出量削減と環境税政策. 日本地域学会第56回(2019年)年次大会学術発表論文集. 2019
  • 黛, 陽子, 水野谷, 剛, 氷鉋, 揚四郎. インドネシアにおける観光業に対する就労意識調査. 日本地域学会第56回(2019年)年次大会学術発表論文集. 2019
もっと見る
書籍 (8件):
  • Innovations in Urban and Regional Systems
    Springer 2020
  • Theoretical and Empirical Analysis in Environmental Economics. New Frontiers in Regional Science: Asian Perspective
    SPRINGER-VERLAG TOKYO 2019 ISBN:9789811323621
  • 都市・地域・環境概論 -持続可能な社会の創造に向けて-
    2013
  • 地域科学50年の歩みと展望
    日本地域学会 2012
  • 地球環境時代の経済と経営
    白桃書房 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (178件):
  • Determinants of the Willingness-to-Pay (WTP) of Rice Farmers for Swampy Wetlands Sustainable Use and Conservation in the Northern and Ashanti Region of Ghana
    (Hawaii International Conference on Arts and Humanities 18th Annual Conference 2020)
  • Introduction of an Organic Waste Recovery Based Integrated Solid Waste Management Program for the Cities of Pampanga, Philippines: Environmental and Socio-Economic Implications
    (EcoDesign 2019 2019)
  • Sustainable management of bio-resources based on Geographical Information System: Case study in Hanoi, Vietnam
    (EcoDesign 2019 2019)
  • Waste to Energy Biogas Potential Electricity Generation in Jamaica
    (EcoDesign 2019 2019)
  • TECHNO-ECONOMIC ASSESSMENT OF CITY SANITARY SEWERAGE SYSTEM: A CASE STUDY OF KHARTOUM NORTH, SUDAN
    (EcoDesign 2019 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2000 - 2003 筑波大学 生命環境科学研究科 生物圏資源科学専攻
  • 1996 - 1998 筑波大学 環境科学研究科
経歴 (5件):
  • 2012/04/01 - 現在 筑波大学 准教授
  • 2009/04/01 - 2012/03/31 和光大学 准教授
  • 2006/04 - 2009/03 財団法人 群馬県産業支援機構 研究員
  • 2005/04 - 2006/03 筑波大学大学院 研究員
  • 2003/04 - 2005/03 財団法人 茨城県科学技術振興財団 研究員
委員歴 (13件):
  • 2020/06 - 現在 Technical Program Committee
  • 2019/01 - 現在 日本地域学会 学術委員会 委員
  • 2017/04 - 現在 つくば3Eフォーラム 副事務局長
  • 2015/01 - 現在 日本地域学会 学会賞選考委員会 副委員長
  • 2015/01 - 現在 日本地域学会 名誉会員推薦委員会 副委員長
全件表示
受賞 (6件):
  • 2009/10/11 - 日本地域学会 日本地域学会学会賞 著作賞
  • 2009/09/26 - 日本環境共生学会 日本環境共生学会 環境共生学術賞 論文賞
  • 2008/09/20 - 日本計画行政学会 日本計画行政学会学会賞学術賞 奨励賞
  • 2005/10/22 - 日本環境共生学会 日本環境共生学会 環境共生学術賞 発表論文賞
  • 2003/11/01 - 日本地域学会 日本地域学会学会賞 奨励賞
全件表示
所属学会 (6件):
日本地域学会 ,  日本環境共生学会 ,  日本計画行政学会 ,  日本不動産学会 ,  日本応用経済学会 ,  環境情報科学センター
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る