研究者
J-GLOBAL ID:201401012506514785   更新日: 2021年05月28日

増田 史子

マスダ フミコ | Masuda Fumiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 国際法学 ,  民事法学
研究キーワード (6件): 国際取引法 ,  商法 ,  商取引法 ,  国際私法 ,  運送法 ,  海商法
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2024 宇宙の商業利用がもたらす「宇宙法」の変容と課題--新時代のルール形成に向けて
  • 2019 - 2022 海事債権の実現方法に関する比較法的研究-船舶先取特権制度の再検討を中心として
  • 2018 - 2021 海運業における技術革新と海事法の新たな課題: 自律航行船・極域航行の研究
  • 2016 - 2020 国際商取引における実務の形成・定着と多文化の影響-ソフトローと文化要因の関係性-
  • 2015 - 2019 若手研究(B)15K21089 運送取引に関する物的担保の研究
全件表示
論文 (43件):
  • 増田 史子. 国際運送分野における私法統一条約の機能. 国際法外交雑誌 = The Journal of international law and diplomacy. 2020. 119. 3. 362-385
  • 増田 史子. 世界の宇宙ビジネス法(第17回)宇宙活動と国際私法. 国際商事法務. 2020. 48. 7. 924-928
  • 増田 史子. いわゆるボイラープレート("BP")条項の研究(第2回)完全合意条項. 国際商事法務. 2019. 47. 4. 439-445
  • 増田 史子. 世界の宇宙ビジネス法(第12回)英国の宇宙ビジネスと法. 国際商事法務. 2019. 47. 9. 1110-1114
  • 増田 史子. 運送書類をめぐる法と慣行 : 貨物引換証の盛衰と船荷証券の規律 (20周年記念号). 国際商取引学会年報. 2019. 21. 135-148
もっと見る
MISC (23件):
  • 増田 史子. 今日の海運業界における女性 (万国海法会メキシコシティ・コロキアム報告). 海法会誌 = The report of the Japanese Maritime Law Association. 2019. 63. 34-43
  • 増田 史子. 判例研究 商船三井・田中ゼミナール マリタイム・リーエンに基づく対物訴訟の可否を法廷地法により判断した事例 : Sam Hawk号事件オーストラリア連邦裁判所合議法廷判決(The Ship 'Sam Hawk' v Reiter Petroleum Inc [2016] FCAFC 26). 海事法研究会誌. 2018. 240. 2-14
  • 増田 史子. 〔判例評釈〕公海航行中のパナマ籍船上で積載貨物が原因となって生じた事故についての原因貨物製造業者の不法行為責任の準拠法 [東京高裁平成26.10.29判決]. 私法判例リマークス. 2016. 52. 146-149
  • 増田 史子. 判例評釈 海事判例研究 早稲田大学海法研究所・判例研究会(第9回)漁協が船主(香港法人)の責任保険者(ロシア法人)に対して船骸撤去に係る保険金の直接支払を求めた事案(消極)[宮崎地裁平成27.1.23判決]. 早稲田法学 = The Waseda law review. 2016. 91. 2. 53-68
  • 増田 史子. 渉外判例研究(Number 639)給油代金債権を被担保債権とする船舶先取特権の準拠法[水戸地裁平成26.3.20判決]. ジュリスト = Monthly jurist. 2015. 1486. 107-110
もっと見る
書籍 (4件):
  • スタンダード商法I:商法総則・商行為法
    法律文化社 2018
  • マテリアルズ国際取引法〔第3版〕
    有斐閣 2014
  • 注釈国際私法第1巻
    有斐閣 2011
  • 演習ノート 国際関係法「私法系」
    法学書院 2010
講演・口頭発表等 (10件):
  • シンポジウム 「日本的取引慣行」の実態と変容
    (日本私法学会 2018)
  • ワークショップ 国際的にみた商法(運送・海商関係)改正
    (日本私法学会 2018)
  • 海上物品運送契約における裁判管轄条項-チサダネ号事件判決の現代的意義について
    (日本海法学会 2016)
  • 船荷証券所持の法的意義
    (国際商取引学会西部部会 2016)
  • 海上運送(2)荷送人の責任,運送品の引渡し,運送品処分権,運送書類等
    (日本海法学会 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2005 - 2006 University of Oxford Magister Juris
  • 1996 - 2000 京都大学
学位 (2件):
  • 学士(法学) (京都大学)
  • MJur (University of Oxford)
経歴 (4件):
  • 2016/08 - 現在 岡山大学 大学院社会文化科学研究科 教授
  • 2015/10 - 2016/07 岡山大学 大学院社会文化科学研究科 准教授
  • 2007/04 - 2015/09 京都大学 大学院法学研究科 准教授
  • 2003/04 - 2007/03 京都大学 大学院法学研究科 助教授
委員歴 (2件):
  • 2014/04 - 2016/02 法務省 法制審議会商法(運送・海商関係)部会幹事
  • 2012/08 - 2013/12 公益社団法人商事法務研究会 運送法制研究会委員
受賞 (1件):
  • 2005/10 - 日本海法学会 小町谷賞(論文の部)
所属学会 (8件):
国際取引法フォーラム ,  国際商取引学会 ,  日本国際経済法学会 ,  国際法学会 ,  国際私法学会 ,  日本私法学会 ,  日本空法学会 ,  日本海法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る