研究者
J-GLOBAL ID:201401020326889074   更新日: 2021年07月19日

土屋 晃介

ツチヤ コウスケ | Tsuchiya Kohsuke
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 免疫学 ,  細菌学 ,  腫瘍生物学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 パイロトーシス細胞が放出するリステリア増殖抑制因子の解析
  • 2018 - 2021 細菌感染治療の分子基盤を自然免疫機構と化学療法の協調的相互作用から理解する試み
  • 2014 - 2019 パイロトーシスの分子機構と役割
  • 2014 - 2018 インフラマソーム構成タンパクを介した新たな感染防御機構の発見およびその機序の解明
  • 2011 - 2015 細菌感染におけるインフラマソームの活性化機序と役割の解析
全件表示
論文 (38件):
  • Takayuki Uematsu, Kohsuke Tsuchiya, Noritada Kobayashi, Motoharu Seiki, Jun ichiro Inoue, Shuichi Kaneko, Takeharu Sakamoto. Mint3 depletion-mediated glycolytic and oxidative alterations promote pyroptosis and prevent the spread of Listeria monocytogenes infection in macrophages. Cell Death and Disease. 2021. 12. 4
  • Kohsuke Tsuchiya, Shoko Hosojima, Hideki Hara, Hiroko Kushiyama, Mamunur Rashid Mahib, Takeshi Kinoshita, Takashi Suda. Gasdermin D mediates the maturation and release of IL-1α downstream of inflammasomes. Cell Reports. 2021. 34. 12
  • Kohsuke Tsuchiya. Switching from Apoptosis to Pyroptosis: Gasdermin-Elicited Inflammation and Antitumor Immunity. International journal of molecular sciences. 2021. 22. 1
  • Ayumi Saeki, Kohsuke Tsuchiya, Takashi Suda, Takeshi Into, Akira Hasebe, Toshihiko Suzuki, Ken-ichiro Shibata. Gasdermin D-independent release of interleukin-1 β by living macrophages in response to mycoplasmal lipoproteins and lipopeptides. Immunology. 2020. 161. 2. 114-122
  • Mamunur Rashid Mahib, Shoko Hosojima, Hiroko Kushiyama, Takeshi Kinoshita, Toshihiko Shiroishi, Takashi Suda, Kohsuke Tsuchiya. Caspase-7 mediates caspase-1-induced apoptosis independently of Bid. Microbiology and Immunology. 2020
もっと見る
MISC (1件):
書籍 (3件):
  • 細胞質内リステリアの認識に関わる新規分子AIM2
    医学の門社 2011
  • AIM2(absent in melanoma 2)はインフラマソームの活性化に関与する
    金原一郎記念医学医療振興財団 2011
  • リステリア溶血毒素タンパクが示す新規活性
    医薬ジャーナル社 2009
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学)
受賞 (1件):
  • 2012 - 日本生体防御学会・奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る