研究者
J-GLOBAL ID:201401022748700945   更新日: 2020年07月27日

戸村 道夫

トムラ ミチオ | Tomura Michio
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 細胞生物学
研究キーワード (7件): 多様性 ,  単細胞 ,  樹状細胞 ,  制御性T細胞 ,  光変換蛍光タンパク質 ,  イメージング ,  免疫細胞移動
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2022 生体イメージングを駆使した生殖サイクル特有の免疫微生物ダイナミクスの完全解明
  • 2018 - 2021 舌下粘膜組織に存在する免疫細胞クラスターの口腔免疫応答における役割の解明
  • 2017 - 2021 光操作技術による生体内間葉系幹細胞の集積に関する分子理解と歯槽骨関連疾患への応用
  • 2016 - 2019 腸管から全身に移行する免疫細胞の動態と機能分子解析による多臓器連携制御機構の解明
  • 2012 - 2017 リンパ器官の連携を担う免疫動態の解明
全件表示
論文 (30件):
  • Dutton EE, Gajdasik DW, Willis C, Fiancette R, Bishop EL, Camelo A, Sleeman MA, Coccia M, Didierlaurent AM, Tomura M, Pilataxi F, Morehouse CA, Carlesso G, Withers DR. Peripheral lymph nodes contain migratory and resident innate lymphoid cell populations. Science immunology. 2019. 4. 35
  • Rojas OL, Pröbstel AK, Porfilio EA, Wang AA, Charabati M, Sun T, Lee DSW, Galicia G, Ramaglia V, Ward LA, Leung LYT, Najafi G, Khaleghi K, Garcillán B, Li A, Besla R, Naouar I, Cao EY, Chiaranunt P, Burrows K, Robinson HG, Allanach JR, Yam J, Luck H, Campbell DJ, Allman D, Brooks DG, Tomura M, Baumann R, Zamvil SS, Bar-Or A, Horwitz MS, Winer DA, Mortha A, Mackay F, Prat A, Osborne LC, Robbins C, Baranzini SE, Gommerman JL. Recirculating Intestinal IgA-Producing Cells Regulate Neuroinflammation via IL-10. Cell. 2019. 177. 2. 492-493
  • Hayes AJ, Rane S, Scales HE, Meehan GR, Benson RA, Maroof A, Schroeder J, Tomura M, Gozzard N, Yates AJ, Garside P, Brewer JM. Spatiotemporal Modeling of the Key Migratory Events During the Initiation of Adaptive Immunity. Frontiers in immunology. 2019. 10. 598
  • Ikebuchi R, Fujimoto M, Nakanishi Y, Okuyama H, Moriya T, Kusumoto Y, Tomura M. Functional Phenotypic Diversity of Regulatory T Cells Remaining in Inflamed Skin. Frontiers in immunology. 2019. 10. 1098
  • Calcinotto A, Brevi A, Chesi M, Ferrarese R, Garcia Perez L, Grioni M, Kumar S, Garbitt VM, Sharik ME, Henderson KJ, Tonon G, Tomura M, Miwa Y, Esplugues E, Flavell RA, Huber S, Canducci F, Rajkumar VS, Bergsagel PL, Bellone M. Microbiota-driven interleukin-17-producing cells and eosinophils synergize to accelerate multiple myeloma progression. Nature communications. 2018. 9. 1. 4832
もっと見る
MISC (24件):
  • 戸村 道夫. カエデマウスとFucci-Tgマウスを用いた臓器間細胞移動と細胞増殖の蛍光イメージング (特集 イメージングの最前線). 臨床免疫・アレルギー科 = Clinical immunology & allergology. 2018. 69. 4. 333-341
  • 守屋大樹, 北川胡桃, 池渕良洋, 池渕良洋, 植田都月, 楠本豊, 戸村道夫. 腫瘍細胞死誘導,アジュバント(LPS)による腫瘍浸潤樹状細胞の成熟・所属リンパ節への移動と抗腫瘍免応答促進作用の検討. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2017. 160th. 371
  • 南川淳隆, 南川淳隆, 安川正貴, 植村靖, 中面哲也, 三好浩之, 戸村道夫, 川名敬, 藤井知行, 金子新. HLAホモ,ストックiPS細胞を利用した他家細胞免疫療法の確立にむけて. 再生医療. 2017. 16. 346
  • 戸村道夫. 骨の生体イメージング 最前線 生体イメージングのための種々の蛍光タンパク質. Clin Calcium. 2015. 25. 6. 883-889,800-802
  • 戸村道夫. 炎症応答の時・空間的ダイナミクスと関与する細胞たち 1.免疫細胞の局所炎症部位から所属リンパ節,他の臓器への生体内移動. 実験医学. 2014. 32. 17. 2694-2702
もっと見る
書籍 (1件):
  • ラボ必携 フローサイトメトリーQ&A〜正しいデータを出すための100箇条 (実験医学別冊)
    羊土社 2017 ISBN:4758122350
講演・口頭発表等 (60件):
  • 大腸から所属リンパ節に移行した制御性T細胞の増殖 ー臓器間細胞移動と細胞増殖同時検出ー
    (第14回日本食品免疫学会 2019)
  • マルチスケール蛍光イメージングによる生体現象の理解
    (第 162 回日本獣医学会学術集会 2019)
  • Colonic Tregs migrated from inflamed colon proliferate in draining lymph node. - Simultaneous detection of cellular movement and proliferation -
    (19th International Congress of Mucosal Immunology 2019)
  • Distribution of Dendritic Cells and Its Clusters in Oral Mucosa
    (The 66th NIBB ConferenceABiS International Symposium 2019)
  • Colonic Tregs migrated from inflamed colon proliferate in draining lymph node ー Simultaneous detection of cellular movement and proliferation ー
    (第47回日本免疫学会学術集会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1996 - 1999 大阪大学大学院 医学系研究科 腫瘍発生学教室 博士課程
  • 1987 - 1989 東北大学大学院 薬学系研究科 核薬学教室 修士課程
  • 1983 - 1987 東北大学 薬学部 薬化学教室
  • 1980 - 1983 千葉県立千葉高等学校
経歴 (9件):
  • 2015/04 - 現在 大阪大谷大学 教授
  • 2011/02 - 2015/03 京都大学医学研究科 特定准教授
  • 2010/07 - 2011/02 東京大学大学院医学系研究科 特任助教
  • 2010/04 - 2010/07 理化学研究所・脳科学総合研究センター 研究員
  • 2008/04 - 2010/03 理化学研究所・免疫アレルギー科学総合研究センター 上級研究員
全件表示
所属学会 (4件):
粘膜免疫学会 ,  日本分子生物学会 ,  米国免疫学会 ,  日本免疫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る