研究者
J-GLOBAL ID:201401023721136521   更新日: 2021年10月25日

榊原 圭太

サカキバラ ケイタ | Sakakibara Keita
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (2件): 高分子化学 ,  高分子材料
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2022 セルロースナノファイバー強化樹脂複合材料の強靭化に寄与する高分子分散剤設計
  • 2018 - 2021 軟骨組織再生のためのセルロースナノファイバー傾斜構造材料の創製
  • 2017 - 2021 酵素分解反応を模倣するリグニンの電解システム反応の開発と応用
  • 2017 - 2020 ナノコンポジット材料におけるナノファイバーネットワークの重要性と卓抜機能の開拓
  • 2016 - 2019 セルロース水酸基を基点とする高位置選択的グラフト化ボトルブラシの創製
全件表示
論文 (61件):
  • Haingomaholy Michelle Rakotondravao, Norio Ishizuka, Keita Sakakibara, Ryota Wada, Emi Ichihashi, Ryosuke Takahashi, Takatomo Takai, Jun Ichi Horiuchi, Yoichi Kumada. Characterization of a macroporous epoxy-polymer based resin for the ion-exchange chromatography of therapeutic proteins. Journal of Chromatography A. 2021. 1656
  • Seiya Watanabe, Eri Kodama, Chiharu Tadokoro, Keita Sakakibara, Ken Nakano, Shinya Sasaki, Yoshinobu Tsujii. Durability Improvement of Concentrated Polymer Brushes by Multiscale Texturing. Tribology Letters. 2021. 69. 3
  • Yohei Nakanishi, Keita Sakakibara, Kimiyo Nakamichi, Kohji Ohno, Takashi Morinaga, Takaya Sato, Takashi Sagawa, Yoshinobu Tsujii. Concentrated-Polymer-Brush-Modified Silica Nanoparticles Self-Assembled in Ionic Liquid Containing Iodide/Triiodide (I-/I3-)-Redox System as Quasi-Solid Electrolytes for Dye-Sensitized Solar Cells. ACS Applied Nano Materials. 2021. 4. 7. 6620-6628
  • Yuji Kinose, Keita Sakakibara, Osamu Sato, Yoshinobu Tsujii. Near-Zero Azimuthal Anchoring of Liquid Crystals Assisted by Viscoelastic Bottlebrush Polymers. ACS Applied Polymer Materials. 2021. 3. 5. 2618-2625
  • Ryo Shomura, Keita Sakakibara, Shoko Marukane, Kimiyo Nakamichi, Takashi Morinaga, Yoshinobu Tsujii, Takaya Sato. Novel Use of a Pyridinium Salt to Form a Solid Electrolyte Interphase (SEI) on High Voltage Lithium-Excess Layered Positive Active Material. Bulletin of the Chemical Society of Japan. 2021
もっと見る
MISC (32件):
  • 辻井敬亘, 黄瀬雄司, 榊原圭太. 位置選択型セルロース系ボトルブラシの精密合成と構造解析. 日本化学繊維研究所講演集(CD-ROM). 2021. 78
  • 黄瀬雄司, 辻井敬亘, 榊原圭太, 佐藤治. ボトルブラシ架橋膜の粘弾性特性と液晶に対するゼロ面アンカリング特性との相関. 繊維学会予稿集(CD-ROM). 2021. 76. 1
  • 呂夢軒, MICHELLE Rakotondravao Haingomaholy, 石塚紀生, 黒田典孝, 高橋良輔, 榊原圭太, 堀内淳一, 熊田陽一. 新規マクロポーラスエポキシ粒子のタンパク質吸着特性. 化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM). 2020. 51st
  • 石田久征, 黄瀬雄司, 榊原圭太, 辻井敬亘. セルロース系ヤヌス型ボトルブラシの合成とミクロ相分離構造形成. 繊維学会予稿集. 2020. 75. 1
  • 鳥淵泰斗, 榊原圭太, 橋田昌樹, 阪部周二, 辻井敬亘. 母材表面への微細周期構造形成による濃厚ポリマーブラシの耐摩耗性向上. 繊維学会予稿集(CD-ROM). 2020. 75. 2
もっと見る
特許 (37件):
書籍 (11件):
  • Interaction of Water Molecules with Carboxyalkyl Cellulose
    John Wiley & Sons Inc 2019
  • Synthesis of Cellulosic Bottlebrushes with Regioselectively Substituted Side Chains and their Self-assembly
    John Wiley & Sons Inc 2019
  • 刺激応答性ポリマーブラシの設計
    エヌティーエス 2018
  • リビングラジカル重合による材料表面の生体適合性向上
    シーエムシー出版 2018
  • ソフト&レジリエント材料
    テクノシステム 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (136件):
  • 位置選択型セルロース系ボトルブラシの精密合成と構造解析
    (日本化学繊維研究所講演集(CD-ROM) 2021)
  • 新規マクロポーラスエポキシ粒子のタンパク質吸着特性
    (化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM) 2020)
  • 母材表面への微細周期構造形成による濃厚ポリマーブラシの耐摩耗性向上
    (繊維学会予稿集(CD-ROM) 2020)
  • セルロース系ヤヌス型ボトルブラシの合成とミクロ相分離構造形成
    (繊維学会予稿集 2020)
  • リビングラジカル重合法による界面設計と材料応用
    (九州地区高分子若手研究会・夏の講演会 2019)
もっと見る
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 国立研究開発法人産業技術総合研究所 機能化学研究部門 主任研究員
  • 2011/06 - 2020/03 京都大学 化学研究所 助教
  • 2010/04 - 2011/05 国立研究開発法人物質・材料研究機構 博士研究員
  • 2009/04 - 2010/03 University of Natural Resources and Applied Life Sciences Vienna (BOKU) Visiting Scientist
  • 2008/04 - 2009/03 京都大学 大学院農学研究科 日本学術振興会特別研究員PD
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2020/10 - 現在 一般社団法人繊維学会 繊維学会誌編集委員
  • 2018/04 - 現在 公益社団法人高分子学会 高分子表面研究会 運営委員
  • 2014/04 - 2020/03 セルロース学会関西支部 支部委員
  • 2018/07 - セルロース学会第25回年次大会 実行委員
  • 2016/07 - ナノファイバー学会第7回年次大会 実行委員
全件表示
受賞 (10件):
  • 2021/06 - 一般社団法人粉体粉末冶金協会 2020年度協会賞 第39回技術進歩賞 貫通型多孔粒子の開発と液体クロマトグラフィーへの適用
  • 2020/07 - 高分子学会関西支部 第66回高分子研究発表会(神戸)ヤングサイエンティスト講演賞 リビングラジカル重合を基盤としたセルロース系材料の高性能・高機能化
  • 2019/07 - セルロース学会 セルロース学会奨励賞 複合材料におけるセルロースナノファイバーの分散・ネットワーク制御
  • 2019/05 - 公益社団法人高分子学会 第27回ポリマー材料フォーラム 優秀発表賞 次世代クロマト分離のための新規モノリス粒子充填剤の開発
  • 2017/08 - IUMRS-ICAM2017 IUMRS-ICAM2017 Soft Matter Prize Preparation of High-Density Polyethylene Nanocomposites Well Reinforced by Cellulose Nanofiber Using Diblock Copolymer-type Dispersants
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る