研究者
J-GLOBAL ID:201401024660546795   更新日: 2021年01月05日

稲谷 龍彦

Inatani Tatsuhiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 刑事法学 ,  新領域法学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2023 企業価値を高める制裁制度の設計
  • 2019 - 2022 マルチ・スピーシーズ社会における法的責任分配原理
  • 2019 - 2022 親密圏事案における刑事的介入と多機関連携のあり方
  • 2018 - 2021 犯罪の訴追・予防を目的とする情報の収集と利用に対する法的規制のあり方
  • 2017 - 2021 自律性の検討に基づくなじみ社会における人工知能の法的電子人格
全件表示
論文 (26件):
  • 稻谷 龍彦. ロボット事故の刑事責任. 日本ロボット学会誌. 2020. 38. 1. 37-40
  • 稻谷 龍彦. 企業犯罪対応の現代的課題(6)DPA/NPAの近代刑事司法へのインパクト. 法学論叢 = Kyoto law review. 2019. 186. 2. 1-57
  • 稻谷 龍彦. 企業犯罪における取引的刑事司法 (特集 企業犯罪への対応の多角的検討). 刑法雑誌. 2019. 58. 1. 44-54
  • 稻谷 龍彦. 人工知能搭載機器に関する新たな刑事法規制について (特集 人工知能の開発・利用をめぐる刑事法規制). 法律時報. 2019. 91. 4. 54-59
  • 稻谷 龍彦. フランス共和国における検察官の訴追裁量の活用状況について : 配偶者間等暴力事案を中心に (RISTEX研究プロジェクト特集). 社会安全・警察学 = Climinal justice and policing. 2019. 5. 149-156
もっと見る
MISC (15件):
  • 稻谷 龍彦. 刑事学の方法と課題(第13回)「偶然の飼いならし」と刑事学方法論. 法学セミナー. 2020. 65. 4. 104-109
  • 稻谷 龍彦. ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第12回)心理学的方法. 法学セミナー. 2020. 65. 3. 117-122
  • 稻谷 龍彦. ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第11回)経済学的方法(2). 法学セミナー. 2020. 65. 2. 112-117
  • 稻谷 龍彦. ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第10回)経済学的方法(1). 法学セミナー. 2020. 65. 1. 104-109
  • 稻谷 龍彦. ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第9回)生物学的方法. 法学セミナー. 2019. 64. 12. 108-113
もっと見る
書籍 (5件):
  • AIで変わる法と社会 : 近未来を深く考えるために
    岩波書店 2020 ISBN:9784000223065
  • 井上正仁先生古稀祝賀論文集
    有斐閣 2019 ISBN:9784641139312
  • 刑事手続におけるプライバシー保護 : 熟議による適正手続の実現を目指して
    弘文堂 2017 ISBN:9784335356889
  • アーキテクチャと法 : 法学のアーキテクチュアルな転回?
    弘文堂 2017 ISBN:9784335356919
  • 入門・安全と情報
    成文堂 2015 ISBN:9784792305765
講演・口頭発表等 (17件):
  • 現代社会における違法行為の動学的分析
    (日本法と経済学会2020年度全国大会研究報告発表 2020)
  • Rule of Law after Humanism
    (ICRA 2020 Workshop: How will Autonomous Robots and Systems Influence Society? Debate from technological, philosophical, ethical, legal, and social implications perspectives 2020)
  • 自律システムの犯すミスを私たちの社会は許せるのか?:法学者が描く自動運転時代の社会システム
    (自動車技術会:自動運転に係わる総合信頼性の継続的確保に向けた 標準化検討委員会 2020)
  • Criminal Law 2.0: Criminal Justice Innovation in Society 5.0
    (OECD Global Conference on Governance Innovation 2020)
  • AI and Corporate Liability
    (White Collar Crime Workshop in Washington DC 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 法務博士 (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2019/09 - 現在 特定国立研究開発法人理化学研究所 革新知能統合研究センター 客員研究員
  • 2011/04 - 現在 京都大学 大学院法学研究科 准教授
  • 2014/09 - 2015/08 シカゴ大学 政治学部 客員研究員
  • 2013/09 - 2014/08 パリ政治学院 法科大学院 客員研究員
  • 2008/04 - 2011/03 京都大学 大学院法学研究科 助教
所属学会 (3件):
日本ロボット学会 ,  法と経済学会 ,  日本刑法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る