研究者
J-GLOBAL ID:201401024996540884   更新日: 2022年07月05日

林 秀敏

ハヤシ ヒデトシ | Hayashi Hidetoshi
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 腫瘍診断、治療学
研究キーワード (5件): 原発不明がん ,  肺癌 ,  遺伝子解析 ,  腫瘍内科学 ,  免疫チェックポイント阻害薬
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 抗PD-1/PD-L1抗体+細胞障害性抗がん薬併用と遺伝子発現免疫プロファイル
  • 2016 - 2018 driver遺伝子異常肺癌に対する分子標的薬の耐性化と、抗PD1抗体の有効性
  • 2014 - 2017 未治療原発不明癌に対する次世代シークエンスを用いた原発巣推定に基づく治療 効果の意義を問う第 II 相試験
論文 (221件):
  • Satoru Hagiwara, Naoshi Nishida, Hiroshi Ida, Kazuomi Ueshima, Yasunori Minami, Masahiro Takita, Tomoko Aoki, Masahiro Morita, Hirokazu Cishina, Yoriaki Komeda, et al. Clinical implication of immune checkpoint inhibitor on the chronic hepatitis B virus infection. Hepatology Research. 2022
  • Yuichi Ozawa, Nobuyuki Yamamoto, Kouji Yamamoto, Kentaro Ito, Hirotsugu Kenmotsu, Hidetoshi Hayashi, Takehito Shukuya, Daichi Fujimoto, Shunichi Sugawara, Seiji Niho, et al. Creation of an Integrated Clinical Trial Database and Data Sharing for Conducting New Research by the Japan Lung Cancer Society. JTO clinical and research reports. 2022. 3. 5. 100317-100317
  • Hidetoshi Hayashi, Kimio Yonesaka, Atsushi Nakamura, Daichi Fujimoto, Koichi Azuma, Shinya Sakata, Motoko Tachihara, Satoshi Ikeda, Toshihide Yokoyama, Osamu Hataji, et al. Alternating therapy with osimertinib and afatinib for treatment-naive patients with EGFR-mutated advanced non-small cell lung cancer: A single-group, open-label phase 2 trial (WJOG10818L). Lung cancer (Amsterdam, Netherlands). 2022. 168. 38-45
  • Yoshinori Imamura, Kazunori Otsui, Kenta Mori, Koichi Kitagawa, Hideaki Okada, Akito Hata, Hidetoshi Hayashi, Taku Nose, Shinya Ohata, Yoshiharu Miyata, et al. Apixaban in Japanese patients with cancer-associated venous thromboembolism: a multi-center phase II trial. International journal of hematology. 2022. 115. 4. 499-507
  • Kohei Otsubo, Junji Kishimoto, Masahiko Ando, Hirotsugu Kenmotsu, Yuji Minegishi, Hidehito Horinouchi, Terufumi Kato, Eiki Ichihara, Masashi Kondo, Shinji Atagi, et al. Nintedanib plus chemotherapy for non-small cell lung cancer with IPF: a randomized phase 3 trial. The European respiratory journal. 2022
もっと見る
MISC (226件):
  • Kimio Yonesaka, Junko Tanizaki, Osamu Maenishi, Hisato Kawakami, Kaoru Tanaka, Hidetoshi Hayashi, Masayuki Takeda, Kazuko Sakai, Maki Kobayashi, Ryoto Yoshimoto, et al. EGFR inhibitor upregulates HER3 expression and enhances the efficacy of anti-HER3 antibody drug conjugate U3-1402. ANNALS OF ONCOLOGY. 2021. 32. S296-S296
  • 武田真幸, 武田真幸, 中川和彦, 林秀敏, 岩朝勤, 川上尚人, 渡邉諭美, 山本昇, 米盛勧, 小山隆文, et al. ベンダムスチン塩酸塩経口剤(SyB C-0501)の進行性固形がん患者に対する第1相臨床試験. 日本癌治療学会学術集会(Web). 2021. 59th
  • 金村宙昌, 田中薫, 鈴木慎一郎, 黒崎隆, 磯本晃佑, 岩朝勤, 白石直樹, 林秀敏, 武田真幸, 中川和彦. 気管支鏡検査時の迅速細胞診(ROSE)の成功に関連する因子の検討. 気管支学. 2021. 43
  • 加藤 了資, 林 秀敏. 【がんゲノム医療update】NGSを用いたマルチコンパニオン診断. 呼吸器内科. 2020. 38. 4. 301-305
  • 林 秀敏. 免疫療法時代における局所療法の意義 免疫チェックポイント阻害薬時代に期待される集学的治療、最新の話題と課題. 日本癌治療学会学術集会抄録集. 2020. 58回. SY9-4
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • Prognostic impact of EMT-related genes on post-operative prognosis in hepatocellular carcinoma.
    (AACR 103rd Annual Meeting 2011 2012)
  • 進行肺腺癌を対象としたゲフィチニブ/S-1併用療法第1層臨床試験
    (第51回日本肺癌学会総会 2010)
  • 進行肺腺癌を対象としたゲフェチニブ/S-1 併用療法第1相臨床試験
    (第92回日本肺癌学会関西支部会 2010)
  • ソラフェニブは肺癌細胞においてKRAS野生型に対しては
    (第8回日本臨床腫瘍学会総会 2010)
学歴 (2件):
  • 2009 - 2012 近畿大学 大学院
  • 1997 - 2003 大阪大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (近畿大学)
経歴 (8件):
  • 2022/04 - 現在 近畿大学 腫瘍内科 特命准教授
  • 2020/04 - 2022/03 近畿大学医学部 内科学腫瘍内科 講師
  • 2015/10 - 2020/03 近畿大学医学部附属病院 腫瘍内科 医学部講師
  • 2015/04 - 2015/09 近畿大学医学部附属病院 腫瘍内科 助教
  • 2013/04 - 2015/03 市立岸和田市民病院 腫瘍内科 部長
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2022/03 - 現在 日本臨床腫瘍学会 専門医審査部会副部会長
  • 2020/02 - 現在 世界肺癌学会 メンバーシップコミッティー
  • 2017 - 現在 日本臨床腫瘍学会 学術集会部会委員
  • 2017 - 現在 日本がん治療認定医機構 教育委員会専門部会委員
  • 2020/10 - 日本肺癌学会 データベース委員会委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2015/07 - 日本臨床腫瘍学会 日本臨床腫瘍学会奨励賞
  • 2008/06 - 西日本がん研究機構 西日本がん研究機構賞
所属学会 (5件):
米国臨床腫瘍学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本肺癌学会 ,  日本内科学会 ,  世界肺癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る