研究者
J-GLOBAL ID:201401024996540884   更新日: 2020年09月08日

林 秀敏

ハヤシ ヒデトシ | Hayashi Hidetoshi
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 腫瘍診断、治療学
研究キーワード (3件): 遺伝子解析 ,  腫瘍内科学 ,  免疫チェックポイント阻害薬
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 抗PD-1/PD-L1抗体+細胞障害性抗がん薬併用と遺伝子発現免疫プロファイル
  • 2016 - 2018 driver遺伝子異常肺癌に対する分子標的薬の耐性化と、抗PD1抗体の有効性
  • 2014 - 2017 未治療原発不明癌に対する次世代シークエンスを用いた原発巣推定に基づく治療 効果の意義を問う第 II 相試験
論文 (137件):
  • Hidetoshi Hayashi, Kazuhiko Nakagawa. Combination therapy with PD-1 or PD-L1 inhibitors for cancer. International Journal of Clinical Oncology. 2020. 25. 5. 818-830
  • Kohsuke Isomoto, Koji Haratani, Hidetoshi Hayashi, Shigeki Shimizu, Shuta Tomida, Takashi Niwa, Toshihide Yokoyama, Yasushi Fukuda, Yasutaka Chiba, Ryoji Kato, et al. Impact of EGFR-TKI Treatment on the Tumor Immune Microenvironment in EGFR Mutation-Positive Non-Small Cell Lung Cancer. Clinical Cancer Research. 2020
  • Yoshimasa Shiraishi, Junji Kishimoto, Kentaro Tanaka, Shunichi Sugawara, Haruko Daga, Katsuya Hirano, Koichi Azuma, Osamu Hataji, Hidetoshi Hayashi, Motoko Tachihara, et al. Treatment Rationale and Design for APPLE (WJOG11218L): A Multicenter, Open-Label, Randomized Phase 3 Study of Atezolizumab and Platinum/Pemetrexed With or Without Bevacizumab for Patients With Advanced Nonsquamous Non-Small-Cell Lung Cancer. Clinical lung cancer. 2020
  • Nobuyuki Yamamoto, Hidetoshi Hayashi, David Planchard, Teresa Morán, Vanesa Gregorc, Jonathan Dowell, Hiroshi Sakai, Kiyotaka Yoh, Makoto Nishio, Alexis B Cortot, et al. A randomized, phase 2 study of deoxyuridine triphosphatase inhibitor, TAS-114, in combination with S-1 versus S-1 alone in patients with advanced non-small-cell lung cancer. Investigational new drugs. 2020
  • Takashi Seto, Koichi Azuma, Takeharu Yamanaka, Shunichi Sugawara, Hiroshige Yoshioka, Kazushige Wakuda, Shinji Atagi, Yasuo Iwamoto, Hidetoshi Hayashi, Isamu Okamoto, et al. Randomized Phase III Study of Continuation Maintenance Bevacizumab With or Without Pemetrexed in Advanced Nonsquamous Non-Small-Cell Lung Cancer: COMPASS (WJOG5610L). Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology. 2020. 38. 8. 793-803
もっと見る
MISC (161件):
  • 西山 理, 佐野 安希子, 林 秀敏, 西川 裕作, 谷崎 潤子, 原谷 浩司, 中川 和彦, 東田 有智. 免疫治療の有害事象対策 間質性肺炎発症のリスク評価とその対策. 肺癌. 2019. 59. 6. 547-547
  • Hayashi Hidetoshi, 茶本 健司, 冨樫 庸介, 中川 和彦, 本庶 佑. Novel biomarkers for immunotherapies The role of soluble immune-checkpoint factors in advanced NSCLC(和訳中). 肺癌. 2019. 59. 6. 558-558
  • 磯本 晃佑, 原谷 浩司, 林 秀敏, 清水 重喜, 富田 秀太, 丹羽 崇, 横山 俊秀, 福田 泰, 千葉 康敬, 加藤 了資, et al. 腫瘍免疫と微小環境 EGFRチロシンキナーゼ阻害薬のEGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌の腫瘍微小環境への影響. 肺癌. 2019. 59. 6. 567-567
  • 清水 淳市, 加藤 了資, 林 秀敏, 千葉 康敬, 宮脇 英里子, 尾崎 智博, 藤本 大智, 豊澤 亮, 坂本 信二郎, 新屋 智之, et al. 進行非小細胞肺癌に対するPD-1阻害薬投与後の化学療法の有効性を検討する大規模比較研究(WJOG10217L). 肺癌. 2019. 59. 6. 595-595
  • 里内 美弥子, 村上 修司, 瀬戸 貴司, 西尾 誠人, 林 秀敏, 中川 和彦, 朝戸 臣敬, 橋上 美香, Zhang Pingkuan, 大江 裕一郎. Preliminary results of brigatinib in Japanese who previously received alectinib(和訳中). 肺癌. 2019. 59. 6. 668-668
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • Prognostic impact of EMT-related genes on post-operative prognosis in hepatocellular carcinoma.
    (AACR 103rd Annual Meeting 2011 2012)
  • 進行肺腺癌を対象としたゲフィチニブ/S-1併用療法第1層臨床試験
    (第51回日本肺癌学会総会 2010)
  • 進行肺腺癌を対象としたゲフェチニブ/S-1 併用療法第1相臨床試験
    (第92回日本肺癌学会関西支部会 2010)
  • ソラフェニブは肺癌細胞においてKRAS野生型に対しては
    (第8回日本臨床腫瘍学会総会 2010)
学歴 (2件):
  • 1997 - 2003 大阪大学 医学科
  • 近畿大学 大学院
学位 (1件):
  • 医学博士 (近畿大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 近畿大学医学部 内科学腫瘍内科 講師
  • 2015/10 - 現在 近畿大学医学部附属病院 腫瘍内科 医学部講師
  • 2015/04 - 2015/09 近畿大学医学部附属病院 腫瘍内科 助教
  • 2013/04 - 2015/03 市立岸和田市民病院 腫瘍内科 部長
  • 2009/04 - 2013/03 近畿大学医学部附属病院 腫瘍内科 助教
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2020/02 - 現在 世界肺癌学会 メンバーシップコミッティー
  • 2017 - 現在 日本臨床腫瘍学会 学術集会部会委員
  • 2017 - 現在 日本がん治療認定医機構 教育委員会専門部会委員
  • 2014 - 現在 日本臨床腫瘍学会 頭頚部がんガイダンス作成協力委員
  • 2019/06 - 日本臨床腫瘍学会 専門医審査部会
受賞 (2件):
  • 2015/07 - 日本臨床腫瘍学会 日本臨床腫瘍学会奨励賞
  • 2008/06 - 西日本がん研究機構 西日本がん研究機構賞
所属学会 (5件):
米国臨床腫瘍学会 ,  日本臨床腫瘍学会 ,  日本肺癌学会 ,  日本内科学会 ,  世界肺癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る