研究者
J-GLOBAL ID:201401026148694610   更新日: 2020年01月16日

大塚 紫乃

オオツカ シノ | Otsuka Shino
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 教育心理学
研究キーワード (2件): 言語発達 ,  認知発達
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2008 - 2012 日韓中越蒙リテラシー国際比較調査
  • 2009 - 現在 幼児の類推による問題解決の発達
MISC (8件):
  • 保育におけるメディア活用に関する認識の変容. こどもコミュニケーション研究紀要. 2018. 1. 17-23
  • 児童期につながる応用力:類推の発達からの検討. 江戸川大学教職課程センター紀要『教育総合研究』. 2015
  • 浅川陽子・氏原基余司・大塚紫乃・木村文香・城一道子・波多野和彦・松田清美・守屋志保・山路進. 汎用的技能習得・活用の場としての「エドペン物語」の実践と考察-第2回「こどもコミュニケーションフォーラム」総括-. 江戸川大学教職課程センター紀要『教育総合研究』. 2015
  • 幼児は物語から得た知識を問題解決に転用できるか:共通特徴に基づく類推の促進. 読書科学. 2015. 56. 2. 76-88
  • 幼児は物語を問題解決に活用できるか:類推の発達過程. 発達心理学研究. 2014. 25. 2. 162-171
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • 幼児のリテラシー習得に及ぼす社会文化的要因-日中韓越蒙国際比較調査(1)リテラシーと語彙力の習得に及ぼす経済格差の影響-
    (日本発達心理学会 第21回大会 2010)
  • 幼児のリテラシー習得に及ぼす社会文化的要因-日中韓越蒙国際比較調査(2)しつけスタイルの影響-
    (日本発達心理学会 第21回大会 2010)
  • 幼児の類推による問題解決
    (日本発達心理学会 第22回大会 2011)
  • 類推による問題解決-幼児と大人の比較-
    (日本教育心理学会 第53回総会 2011)
  • PISA型読解力を規定する社会文化的要因-しつけスタイルは語彙力を左右する鍵-
    (日本発達心理学会 第23回大会 2012)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2008 お茶の水女子大学 文教育学部 人間社会科学科
  • 2009 - 2011 お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科 人間発達科学専攻
  • 2011 - 2014 お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科 人間発達科学専攻
学位 (2件):
  • 修士(人文) (お茶の水女子大学大学院)
  • 博士(人文科学)乙380号 (お茶の水女子大学大学院)
経歴 (11件):
  • 2011/10 - 2012/02 お茶の水女子大学 文教育学部 ティーチングアシスタント
  • 2011/06 - 2012/02 お茶の水女子大学人間発達教育研究センター リサーチアシスタント
  • 2008/05 - 2012/03 お茶の水女子大学人間発達教育研究センター アカデミックアシスタント
  • 2012/04 - 2013/07 北里大学 医療衛生学部リハビリテーション学科 非常勤講師
  • 2013/10 - 2014/02 お茶の水女子大学 文教育学部 ティーチングアシスタント
全件表示
受賞 (1件):
  • 2015/08 - 読書科学研究奨励賞
所属学会 (5件):
日本発達心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本心理学会 ,  日本読書学会 ,  日本保育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る