研究者
J-GLOBAL ID:201401027002488268   更新日: 2021年06月24日

今寺 賢志

イマデラ ケンジ | Imadera Kenji
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 核融合学
論文 (67件):
もっと見る
MISC (5件):
  • 今寺 賢志. 磁場閉じ込め核融合プラズマにおける データ駆動アプローチによる物理モデリングの進展 6.まとめ. プラズマ・核融合学会誌. 2021. 97. 2. 93-94
  • 今寺賢志. 磁場閉じ込め核融合プラズマにおける データ駆動アプローチによる物理モデリングの進展 1.はじめに. プラズマ・核融合学会誌. 2021. 97. 2. 64-65
  • 岸本 泰明, 今寺 賢志. 粒子運動論 : 惑星から荷電粒子まで(4)応用(5)自由電子レーザー中の相対論的荷電粒子の運動. プラズマ・核融合学会誌. 2015. 91. 3. 209-213
  • 今寺 賢志, 斎藤 大介, 内海 隆行, 李 継全, 岸本 泰明. 保存型IDO法による Vlasov-Poisson 方程式の数値的解法. 計算工学講演会論文集. 2008. 13. 2. 833-836
  • 斎藤 大介, 今寺 賢志, 内海 隆行, 李 継全, 岸本 泰明. IDO法による Fokker-Planck 方程式の数値シミュレーション. 計算工学講演会論文集. 2008. 13. 2. 841-844
書籍 (2件):
  • プラズマシミュレーション-多階層複雑現象の解明へ-
    京都大学学術出版会 2018
  • 原子力・量子・核融合事典
    丸善出版株式会社 2014
講演・口頭発表等 (125件):
  • GKNET_KEプロジェクトの現状報告
    (第10回 IFERC-CSC研究会 2021)
  • full-fジャイロ運動論ITG乱流シミュレーションによる開放系におけるエントロピーダイナミクスの研究
    (第26回NEXT研究会 2021)
  • データ駆動科学に基づいたプラズマ乱流輸送の大域的効果に関する研究
    (閉じ込め・輸送研究会2020 2020)
  • Global profile formation and relaxation in flux-driven ITG/TEM turbulence
    (Max Planck Princeton Center Workshop 2020)
  • 熱源駆動型イオン温度勾配モード乱流におけるエントロピーバランス
    (第36回 プラズマ・核融合学会 年会 2019)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る