研究者
J-GLOBAL ID:201401032594097499   更新日: 2022年01月20日

石賀 康博

イシガ ヤスヒロ | Ishiga Yasuhiro
所属機関・部署:
職名: 助教
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2021 アシルベンゾラルSメチル(ASM)の細菌病への作用性に関する研究
  • 2019 - アシベンゾラルSメチル(ASM)の芝細菌病への作用性に関する研究
  • 2018 - セルロースナノファイバーを用いた植物保護資材の開発
論文 (21件):
  • Saito, Haruka, Yamashita, Yuji, Sakata, Nanami, Ishiga, Takako, Shiraishi, Nanami, Usuki, Giyu, Nguyen, Viet Tru, Yamamura, Eiji, Ishiga, Yasuhiro. Covering Soybean Leaves With Cellulose Nanofiber Changes Leaf Surface Hydrophobicity and Confers Resistance Against Phakopsora pachyrhizi. Frontiers in Plant Science. 2021. 12. 1827
  • Nanami, Sakata, Takako, Ishiga, Taketo, Aoyagi, Yasuhiro, Ishiga. Acibenzolar-S-methyl efficacy against bacterial brown stripe caused by Acidovorax avenae subsp. avenae in creeping bentgrass. Journal of General Plant Pathology. 2021
  • Nanami, Sakata, Takkao, Ishiga, Yasuhiro, Ishiga. Pseudmonas cannabina pv. alisalensis TrpA is required for virulence in multiple host plants. Frontiers in Microbiology. 2021
  • Sakata, Nanami, Ishiga, Takako, Masuo, Shunsuke, Hashimoto, Yoshiteru, Ishiga, Yasuhiro. Coronatine contributes to pv. virulence by overcoming both stomatal and apoplastic defenses in dicot and monocot plants. Molecular plant-microbe interactions : MPMI. 2021. 34. 7. 746-757
  • Ishiga, Takako, Sakata, Nanami, Ugajin, Tsutomu, Ishiga, Yasuhiro. Acibenzolar-S-methyl and probenazole activate stomatal-based defense at different times to control bacterial blight of cabbage. JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY. 2021. 87. 30-34
もっと見る
講演・口頭発表等 (45件):
  • セルロースナノファイバーの植物病害防除への利用(4)キャベツ黒斑細菌病の抑制メカニズムについて
    (令和3年度日本植物病理学会大会 2021)
  • セルロースナノファイバーの植物病害防除への利用(3)ダイズさび病の抑制メカニズムについて
    (令和3年度日本植物病理学会大会 2021)
  • キウイフルーツかいよう病菌biovar3の病原力因子の探索 (6)
    (令和3年度日本植物病理学会大会 2021)
  • Pseudomonas細菌集団におけるコロナチン合成の不均一性が植物への病原性に重要である
    (令和3年度日本植物病理学会大会 2021)
  • キウイフルーツかいよう病菌biovar3の病原力因子の探索 (5)
    (令和3年度日本植物病理学会大会 2021)
もっと見る
受賞 (1件):
  • 2017/04 - 日本植物病理学会奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る