研究者
J-GLOBAL ID:201401032948145739   更新日: 2021年06月09日

濵野 淳

ハマノ ジュン | Hamano Jun
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 内科学一般
研究キーワード (1件): 総合診療、家庭医療、緩和医療、在宅医療
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2019 - 2022 アドバンス・ケア・プランニングを始める時期が客観的にわかる方法の開発と効果の検証
  • 2019 - 2021 在宅非がん高齢者における包括的な苦痛緩和の実態解明のためのコホート研究
  • 2019 - 2021 在宅非がん高齢者における包括的な苦痛緩和の実態解明のための コホート研究
  • 2018 - 2021 がん患者の突出痛治療における予防的オピオイドレスキュー効果の検討
  • 2019 - 2021 在宅療養を実現可能にするための全国コホート研究:東アジアの文化・社会的視点から
全件表示
論文 (81件):
  • Nagaoka, Hiroka, Momo, Kenji, Hamano, Jun, Miyaji, Tempei, Oyamada, Shunsuke, Kawaguchi, Takashi, Homma, Masato, Yamaguchi, Takuhiro, Morita, Tatsuya, Kizawa, Yosiyuki. Effects of an Indomethacin Oral Spray on Pain Due to Oral Mucositis in Cancer Patients Treated With Radiotherapy and Chemotherapy: A Double-Blind, Randomized, Placebo-Controlled Trial (JORTC-PAL04). Journal of pain and symptom management. 2021. in press
  • Higashibata, Takahiro, Hisanaga, Takayuki, Hagiwara, Shingo, Shimokawa, Miho, Yabuki, Ritsuko, Odagiri, Takuya, Ito, Tetsuya, Kamura, Rena, Maeda, Isseki, Kosugi, Kazuhiro, et al. Differences among institutions in the prevalence of and indications for urinary catheterization of advanced cancer patients at palliative care units: A multicenter prospective cohort study (EASED). Palliative medicine. 2021. Epub
  • Hamano, Jun, Mori, Masanori, Ozawa, Taketoshi, Sasaki, Jun, Kawahara, Masanori, Nakamura, Asumi, Hashimoto, Kotaro, Hisajima, Kazuhiro, Koga, Tomoyuki, Goto, Keiji, et al. Comparison of the prevalence and associated factors of hyperactive delirium in advanced cancer patients between inpatient palliative care and palliative home care. Cancer medicine. 2020. 10. 3. 1166-1179
  • Masumoto, Shoichi, Sato, Mikiya, Momo, Kenji, Matsushita, Aya, Suzuki, Kosuke, Shimamura, Hiroshi, Sasaki, Tadanori, Hamano, Jun. Development of medication regimen complexity index: Japanese version and application in elderly patients. International journal of clinical pharmacy. 2020
  • 濵野,淳. がんセンター遺族調査. 埼玉新聞. 2020. 14-14
もっと見る
MISC (4件):
書籍 (76件):
  • 緩和ケア
    青海社 2021
  • 緩和ケア
    青海社 2021
  • 症状緩和のためのできる!使える!皮下投与
    南山堂 2020 ISBN:9784525421915
  • 月刊薬事
    株式会社じほう 2019
  • 在宅医療、できることをできるだけ
    羊土社 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (112件):
  • Adding the ‘Best and Worst’ Scenarios and ‘Hope for the Best, and Prepare for the Worst’ Statement When Communicating Prognosis to Cancer Patients: A Randomized Video-Vignette Study
    (11th World Research Congress online of the European Association for Palliative Care 2020)
  • The comparison of survival time between palliative care units and at home among advanced cancer patients
    (11th World Research Congress online of the European Association for Palliative Care 2020)
  • 経口摂取不良になった非がん患者の 生存期間に関連する因子の探索 :後方視的観察研究
    (第11回日本プライマリ・ケア連合学会 学術大会 2020)
  • 緩和ケア・アプローチの振り返りガイドを用いた教育効果の検証
    (第11回日本プライマリ・ケア連合学会 学術大会 2020)
  • 慢性難治性下痢の患者への球形吸着炭投与により消化器症状が改善した一例
    (第25回 日本緩和医療学会 学術大会 2020)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1996 - 2002 筑波大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (筑波大学)
経歴 (11件):
  • 2018/04 - 現在 筑波大学附属病院 病院教授
  • 2016/10 - 現在 筑波大学附属病院 ISO・医療業務支援部 副部長
  • 2016/07 - 現在 筑波大学 医学医療系 講師
  • 2015/04 - 現在 筑波大学附属病院 医療連携患者相談センター センター部長
  • 2015/04 - 現在 筑波大学附属病院 医療情報経営戦略部 副部長
全件表示
委員歴 (33件):
  • 2020/08 - 現在 日本プライマリ・ケア連合学会 高齢者医療委員会
  • 2020/05 - 現在 日本緩和医療学会 理事
  • 2019/06 - 現在 日本在宅医療連合学会 評議員
  • 2018/11 - 現在 日本緩和医療学会 緩和ケアの質評価WPG/WPG員
  • 2018/09 - 現在 Tsukuba City 委員
全件表示
受賞 (11件):
  • 2019/12/08 - 1st Primary Care Research Connect Conference (PCRC 2019) Best Paper Award
  • 2019/11/27 - 令和元年度 筑波大学医学医療系 優秀大学教員 大学教員業績評価
  • 2019/05/19 - 日本プライマリ・ケア連合学会 日本プライマリ・ケア連合学会誌 Best Reviewer Award 学会誌の査読に貢献
  • 2018/11/28 - 筑波大学 平成30年度 筑波大学医学医療系 優秀大学教員 大学教員業績評価
  • 2017/11 - 筑波大学 医学医療系 平成29年度 筑波大学医学医療系 優秀大学教員 大学教員業績評価
全件表示
所属学会 (8件):
日本プライマリ・ケア連合学会 ,  日本緩和医療学会 ,  日本内科学会 ,  日本在宅医学会 ,  日本プライマリ・ケア学会 ,  日本家庭医療学会 ,  日本総合診療医学会 ,  日本医学教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る