研究者
J-GLOBAL ID:201401033224798184   更新日: 2020年08月29日

吉永 直子

Yoshinaga Naoko
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 植物保護科学
論文 (27件):
  • Ryu Nakata, Naoko Yoshinaga, Masayoshi Teraishi, Yutaka Okumoto, Naoki Mori. An easy, inexpensive, and sensitive method for the quantification of chitin in insect peritrophic membrane by image processing. Bioscience, biotechnology, and biochemistry. 2019. 83. 9. 1624-1629
  • Ryu Nakata, Naoko Yoshinaga, Masayoshi Teraishi, Yutaka Okumoto, Alisa Huffaker, Eric A Schmelz, Naoki Mori. A fragmentation study of isoflavones by IT-TOF-MS using biosynthesized isotopes. Bioscience, biotechnology, and biochemistry. 2018. 82. 8. 1309-1315
  • 伊左治 俊策, 吉永 直子, 寺石 政義, 小川 大輔, 加藤 悦子, 奥本 裕, 土生 芳樹, 森 直樹. イネの酢酸処理に伴うGABA生合成とその蓄積. 日本農薬学会誌(Journal of Pesticide Science). 2018. 43. 3. 214-219
  • Ryu Nakata, Yuki Kimura, Kenta Aoki, Naoko Yoshinaga, Masayoshi Teraishi, Yutaka Okumoto, Alisa Huffaker, Eric A. Schmelz, Naoki Mori. Inducible De Novo Biosynthesis of Isoflavonoids in Soybean Leaves by Spodoptera litura Derived Elicitors: Tracer Techniques Aided by High Resolution LCMS. JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY. 2016. 42. 12. 1226-1236
  • Naoko Yoshinaga. Physiological function and ecological aspects of fatty acid-amino acid conjugates in insects. BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY. 2016. 80. 7. 1274-1282
もっと見る
MISC (30件):
  • 吉永 直子. 防御物質イリドイドをめぐる昆虫の多様な適応戦略ー個々の作戦と進化の方向性. 化学と生物. 2018. 56. 7. 454-456
  • 中田隆, 手嶋伸, 吉永直子, 寺石政義, SCHMELZ Eric, 奥本裕, 森直樹. ダイズ葉毛茸によるハスモンヨトウ幼虫摂食阻害の検討. 日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web). 2017. 49th. 101 (WEB ONLY)
  • 持田真歩, 中道貴也, 森田智也, 吉永直子, 落合久美子, 小林優, 寺石政義, 奥本裕, 森直樹. ビール酵母由来の多糖によるイネ(Oryza sativa)の根張り向上効果と亜鉛吸収能の変化. 日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web). 2017. 49th. 100 (WEB ONLY)
  • 吉永 直子. 昆虫タンパクの飼料利用. 生物工学会誌. 2017. 95. 4. 205-205
  • 中田隆, 竪石秀明, 永塚隆由, 吉永直子, 小野肇, SCHMELZ Eric, 寺石政義, 奥本裕, 森直樹. ダイズさび病菌に対する抵抗性ダイズ品種の化学的応答. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2017. 2017. ROMBUNNO.2C13a03 (WEB ONLY)
もっと見る
書籍 (3件):
  • 昆虫科学読本 虫の目で見た驚きの世界
    東海大学出版会 2015
  • 次世代バイオミメティクス研究の最前線
    シーエムシー出版会 2011
  • 昆虫・植物間の攻防と植物免疫システムの“界面”
    昆虫が拓く未来科学(藤崎憲冶、西田律夫、佐久間正幸 編)、pp. 165-189 2009
講演・口頭発表等 (10件):
  • 植物イリドイドをめぐるチョウ目昆虫の様々な戦略
    (第63回日本応用動物昆虫学会大会公開シンポジウム 2019)
  • クチナシ由来イリドイドをめぐる鱗翅目昆虫の解毒戦略
    (第41回日本分子生物学会年会ワークショップ 2018)
  • Insect-produced elicitors, fatty acid amino acid conjugates: insights from a physiological point of view
    (Spring Conference of Korean Society of Applied Entomology 2013)
  • 昆虫中腸に含まれる脂肪酸-アミノ酸縮合物(FACs)の謎
    (天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~ 第三回若手研究者ワークショップ 2013)
  • Fatty acid-amino acid conjugates diversification in lepidopteran caterpillars
    (International Congress of Entomology 2012)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る