研究者
J-GLOBAL ID:201401034883500547   更新日: 2020年09月15日

松本 祥彦

マツモト ヨシヒコ | Matsumoto Yoshihiko
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 精神神経科学
研究キーワード (2件): 臨床精神神経薬理学 ,  精神神経科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2006 - 薬理遺伝学
論文 (52件):
  • Matsumoto Y, Suzuki A, Kobayashi R, Otani K. Detection of decreased striatal dopamine transporter availability by 123I-FP-CIT SPECT in a patient of carbon monoxide poisoning with severe cognitive deficits but mild parkinsonian symptoms. Asian journal of psychiatry. 2019. 42. 10-11
  • Otani K, Suzuki A, Matsumoto Y, Shirata T. Link of negative core beliefs about the self with perceived dysfunctional parenting. Psychiatry research. 2018. 270. 715-719
  • Yoshihiko Matsumoto, Akihito Suzuki, Toshinori Shirata, Nana Takahashi, Keisuke Noto, Kaoru Goto, Koichi Otani. Implication of the DGKH genotype in openness to experience, a premorbid personality trait of bipolar disorder. Journal of Affective Disorders. 2018. 238. 539-541
  • Otani K, Suzuki A, Matsumoto Y, Shirata T. Interrelations among negative core beliefs, attachment anxiety and low self-directedness, putative central constructs of depression vulnerabilities in cognitive, attachment and psychobiological personality theories. Psychiatry research. 2018. 268. 34-36
  • Koichi Otani, Akihito Suzuki, Yoshihiko Matsumoto, Toshinori Shirata. Strong correlation between the self-model/other-model system and the anxiety/avoidance system assessing basic attachment dimensions. Journal of Affective Disorders. 2018. 237. 35-36
もっと見る
MISC (2件):
  • 能登 契介, 松本 祥彦, 鈴木 昭仁, 小林 良太, 大谷 浩一. 一酸化炭素中毒患者における123I-FP-CIT SPECTを用いた線条体ドパミントランスポータの画像評価(Application of 123I-FP-CIT SPECT to the imaging of striatal dopamine transporter availability in a patient with carbon monoxide poisoning). 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集. 2019. 29回・49回. 165-165
  • 松本祥彦, 小林良太, 林博史, 鈴木昭仁, 大谷浩一. クエチアピンを投与したところ神経遮断薬悪性症候群を呈したレビー小体型認知症の1例. 日本臨床精神神経薬理学会プログラム・抄録集. 2017. 27th. 139
書籍 (1件):
  • 松本祥彦,鈴木昭仁,大谷浩一
    モノアミン・トランスポーター遺伝子多型と人格傾向 2015
講演・口頭発表等 (2件):
  • Relation of the DGKH genotype with openness to experience, a premorbid personality trait of bipolar disorder
    (World Congress of Psychiatry 2019 2019)
  • 健常者における高神経症傾向のBDNF遺伝子高メチル化との関係(Relationship of high neuroticism with increased methylation of the BDNF gene in healthy subjects)
    (日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集 2018)
Works (1件):
  • 無し
    2015 - 2015
学歴 (2件):
  • 2005 - 2009 山形大学大学院医学系研究科
  • 1999 - 2005 山形大学医学部医学科
学位 (4件):
  • 博士(医学) (山形大学)
  • 博士(医学) (山形大学)
  • 博士 (医学) (山形大学)
  • Doctor(Medicine) (Yamagata University)
経歴 (1件):
  • 2016/04 - 現在 山形大学 医学部 助教
受賞 (1件):
  • 2009/02 - 山形大学医学会 学術奨励賞
所属学会 (3件):
日本精神神経学会 ,  日本生物学的精神医学会 ,  日本臨床精神神経薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る