研究者
J-GLOBAL ID:201401035306511536   更新日: 2020年09月10日

赤松 裕訓

Akamatsu Yasunori
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (2件): 栄養学、健康科学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (3件): サルコペニア ,  応用健康科学 ,  健康・スポーツ科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2023 Phase Angle(位相角)による筋質評価法の確立とその臨床応用に関する検討
論文 (6件):
  • Natsuki Tsujita, Yasunori Akamatsu, Márcio Makoto Nishida, Tatsuya Hayashi, Toshio Moritani. Physical Activity, Nutritional Status, and Autonomic Nervous System Activity in Healthy Young Adults with Higher Levels of Depressive Symptoms and Matched Controls without Depressive Symptoms: A Cross-Sectional Study. Nutrients. 2020. 12. 3
  • Keiichi Yokoyama, Yosuke Yamada, Yasunori Akamatsu, Yasuko Yoshinaka, Akiko Yamamoto, Tomonori Koizumi, Kana Ohyama, Katsuya Suzuki, Masaki Hashimoto, Hitoshi Sato, et al. Effects of Capsinoids on Daily Physical Activity, Body Composition and Cold Hypersensitivity in Middle-Aged and Older Adults: A Randomized Study. Nutrients. 2020. 12. 1
  • Natsuki Tsujita, Yasunori Akamatsu, Márcio Makoto Nishida, Tatsuya Hayashi, Toshio Moritani. Effect of Tryptophan, Vitamin B6, and Nicotinamide-Containing Supplement Loading between Meals on Mood and Autonomic Nervous System Activity in Young Adults with Subclinical Depression: A Randomized, Double-Blind, and Placebo-Controlled Study. Journal of nutritional science and vitaminology. 2019. 65. 6. 507-514
  • Toshiaki Miyamoto, Toshio Iwakura, Naoki Matsuoka, Masako Iwamoto, Mariko Takenaka, Yasunori Akamatsu, Toshio Moritani. Impact of prolonged neuromuscular electrical stimulation on metabolic profile and cognition-related blood parameters in type 2 diabetes: A randomized controlled cross-over trial. Diabetes research and clinical practice. 2018. 142. 37-45
  • Toshio Moritani, Yasunori Akamatsu. Effect of Exericse and Nutrition upon Lifestyle-Related Disease and Cognitive Function. Journal of nutritional science and vitaminology. 2015. 61 Suppl. S122-4
もっと見る
MISC (15件):
  • 池上 健太郎, 日下部 徹, 村中 和哉, 赤松 裕訓, 山陰 一, 井上 隆之, 石井 好二郎, 浅原 哲子. 肥満・メタボ外来通院患者におけるサルコペニアの実態調査. 肥満研究. 2019. 25. Suppl. 292-292
  • 石井 千惠, 谷口 優, 岸田 郁子, 宮内 雅利, 茅沼 弓子, 辻田 那月, 赤松 裕訓, 芝崎 美幸, 森谷 敏夫, 石井 紀夫. 人型ロボットを用いた運動プログラムの作成と展望. 介護予防・健康づくり研究. 2018. 6. 1-6
  • 石井 千惠, 谷口 優, 岸田 郁子, 宮内 雅利, 茅沼 弓子, 辻田 那月, 赤松 裕訓, 芝﨑 美幸, 森谷 敏夫, 石井 紀夫. 人型ロボットを用いた運動プログラムの作成と展望 (介護予防・健康づくり研究). 介護予防・健康づくり. 2018. 5. 1. 1-6
  • 石井 千恵, 岸田 郁子, 茅沼 弓子, 宮内 雅利, 藤林 真美, 辻田 那月, 赤松 裕訓, 森谷 敏夫, 石井 紀夫. 長期入院の統合失調症患者におけるサルコペニア肥満の調査. スポーツ精神医学. 2016. 13. A17-A17
  • 辻田 那月, 赤松 裕訓, 西田 誠マルシオ, 林 達也, 森谷 敏夫. 大学生の抑うつ状態と運動習慣・身体活動量・BDNF・自律神経活動の関連. スポーツ精神医学. 2016. 13. A18-A18
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • 大学新入生を対象とした若年者におけるサルコペニアの頻度およびその特徴に関する検討
    (第93回日本内分泌学会学術総会 2020)
  • 大学生の体組成、筋力、食習慣、身体活動に関する実態調査-若年者におけるサルコペニアの検討-
    (第6回日本サルコペニア・フレイル学会 2019)
  • 肥満・メタボ外来通院患者におけるサルコペニアの実態調査
    (第40回日本肥満学会 2019)
  • 統合失調症患者の生活実態に基づいたメタボリックシンドローム予防と改善指導プログラムの開発
    (公益社団法人日本精神神経科診療所協会第21回学術研究会 2015)
  • 慢性統合失調症患者の運動継続についての一考察
    (第12回スポーツ精神医学会 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2007 - 2012 京都大学
  • 2003 - 2007 京都大学
学位 (1件):
  • 修士(人間・環境学) (京都大学)
経歴 (2件):
  • 2019/06 - 現在 独立行政法人国立病院機構 京都医療センター 臨床研究センター 内分泌代謝高血圧研究部 研究員
  • 2012/04 - 2019/03 京都大学 大学院人間・環境学研究科 研究員/技術補佐員
所属学会 (3件):
日本肥満学会 ,  日本内分泌学会 ,  日本体力医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る