研究者
J-GLOBAL ID:201401039339552586   更新日: 2020年08月31日

岡田 彩

オカダ アヤ | Okada Aya
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.sp.is.tohoku.ac.jp/oka/index.htmlhttp://www.sp.is.tohoku.ac.jp/oka/en/index.html
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (7件): ソーシャルメディア ,  災害マネージメント ,  国際協力 ,  ボランティア ,  寄付 ,  戦略的コミュニケーション ,  NPO・NGO
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2021 Fostering Future Leaders: Comparative Study of Nonprofit and Philanthropic Education in East Asia and the West
  • 2016 - 2018 NPOによる戦略的情報発信に関する研究
  • 2016 - 2017 ソーシャルマーケティングによる移植医療の課題解決~臓器提供意思表示率の向上~
  • 2015 - 2017 災害関連政策がNPOによる公共サービスの供給に与える影響
  • 2014 - 2014 日本人学生と留学生との効果的な学び合い
全件表示
論文 (15件):
  • 中嶋貴子, 岡田彩. NPO経営者におけるアカウンタビリティの質的データ分析:マルチステークホルダー理論に基づく考察. 非営利法人研究学会誌. 2019. 21. 40-52
  • Okada, A, Ishida, Y, Yamamoto, M. In Search of an Optimal Intersection: Reflections on Academic-Practitioner Collaboration in Japan. Journal of Nonprofit Education and Leadership. 2019. 9. 2. 165-177
  • 瓜生原葉子, 岡田彩. ソーシャルマーケティングによる移植医療の課題解決~臓器提供意思表示率の向上~(平成28年度吉田秀雄記念事業財団研究助成最終報告書). 2018
  • Aya Okada, Yu Ishida, Takako Nakajima, Yasuhiko Kotagiri. The State of Nonprofit Sector Research in Japan: A Literature Review. Voluntaristics Review. 2017. 2. 3. 1-68
  • Okada, A, Ishida, Y, Yamauchi, N. Effectiveness of Social Media in Disaster Fundraising: Mobilizing the Public towards Voluntary Actions. International Journal of Public Administration in the Digital Age. 2017. 4. 1. 49-68
もっと見る
MISC (6件):
  • Okada, A. Gennifer Weisenfeld, Imaging Disaster: Tokyo and the Visual Culture of Japan’s Great Earthquake of 1923. Japanese Studies. 2017. 37. 2. 274-276
  • 岡田彩, 石田祐, 山内直人. 災害時におけるNPOのソーシャル・メディア利用 -寄付集めを目的とした利用実態とその有効性の検証-. 日本NPO学会ディスカッション・ペーパー. 2015
  • Okada, A. Book Review: Building Resilience: Social Capital in Post-Disaster Recovery. Journal of Comparative Policy Analysis. 2014
  • Okada, A, Yamauchi, N. Role of Information in Mobilizing the Public towards Voluntary Actions. Japan NPO Research Association Discussion Papers. 2014
  • Okada, A. Book Review: East Japan Earthquake and Tsunami: Evacuation, Communication, Education, Volunteerism. Journal of Comparative Policy Analysis: Research and Practice. 2012. 14. 4. 371-372
もっと見る
書籍 (5件):
  • Innovative Perspectives on Public Administration in the Digital Age
    IGI Global 2018
  • Ethics and Risk Management
    Information Age Publishing 2015
  • 世界の市民社会2014
    大阪大学大学院国際公共政策研究科NPO研究情報センター 2014
  • Disaster Resilience: Interdisciplinary Perspective
    Routledge 2013
  • Mega-Crisis: Understanding the Prospects, Nature, Characteristics, and the Effects of Cataclysmic Events
    Charles C Thomas 2012
講演・口頭発表等 (59件):
  • 支援を呼びかけるNPO~情報発信の手段に着目して(ワークショップ「災害と情報の関係を捉えなおす -市民によるアクションの視点から」)
    (2019年度社会情報学会(SSI)学会大会 2019)
  • 情報の「見せ方」を考える(セッション「日本の寄付を科学する 2019」)
    (FRJ2019 ファンドレイジング日本 2019)
  • Voluntary Actions in Times of Disaster: Role of Information in Matching Needs and Motivation
    (The 5th Interdisciplinary Conference on Risk, Disaster, and Crisis Management (Nanjing University Center for Risk, Disaster & Crisis Management) 2019)
  • Communicating to Bring Back the Donors: Case of a Nonprofit in Japan
    (Eleventh Asia Pacific Regional Conference of the International Society for Third Sector Research (ISTR) 2019)
  • 寄付者を呼び戻す情報発信 -ソーシャルメディアの可能性
    (日本NPO学会第21回年次大会 2019)
もっと見る
Works (2件):
  • Advocacy, Communication, and Social Mobilization (ACSM) and Stop TB Partnership Japan: Exploring its Significance
    2010 -
  • Advocacy, Communication, and Social Mobilization (ACSM) and Stop TB Partnership Japan: Exploring its Significance
    2010 -
学歴 (6件):
  • 2008 - 2013 University of Pittsburgh PhD (Public and International Affairs)
  • 2006 - 2008 University of Pittsburgh Master of International Development
  • 2005 - 2006 一橋大学 地球社会専攻 博士後期課程
  • 2003 - 2005 一橋大学 地球社会専攻 修士課程
  • 1999 - 2003 慶應義塾大学
全件表示
学位 (4件):
  • Doctor of Philosophy (PhD) (University of Pittsburgh)
  • 国際開発学修士 (University of Pittsburgh)
  • 社会学修士 (一橋大学)
  • 総合政策学士 (慶應義塾大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 東北大学 情報科学研究科 准教授
  • 2016/04 - 2019/03 金沢大学 国際基幹教育院 准教授
  • 2015/01 - 2016/04 京都アメリカ大学コンソーシアム(KCJS) 非常勤講師
  • 2016/03 - 2016/03 金沢大学 大学教育開発・支援センター 准教授(国際基幹教育院発足までの暫定措置)
  • 2013/04 - 2016/02 同志社大学 政策学部 助教(任期付き)
受賞 (8件):
  • 2018/11 - 吉田秀雄記念事業財団 第16回助成研究吉田秀雄賞(常勤研究者の部)
  • 2018/06 - 日本NPO学会 日本NPO学会第20回年次大会優秀発表賞
  • 2018/06 - 日本NPO学会 第16回日本NPO学会学会賞選考委員会特別賞
  • 2012 - University of Pittsburgh Japan Iron and Steel Federation/Mitsubishi Graduate Fellowship
  • 2011 - University of Pittsburgh Graduate School of Public and International Affairs Dean's High Merit Fellowship
全件表示
所属学会 (4件):
International Society for Third-Sector Research (ISTR) ,  日本NPO学会 ,  Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action (ARNOVA) ,  社会情報学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る